Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

ハウステンボスを徹底攻略!ホテルやチケット・アクセスも!情報満載

      2017/08/22

17世紀のオランダをモデルにしたハウステンボスは子どもから大人まで一日中楽しむことができる、いや、広大な敷地は一日では回りきることはできません。
ハウステンボスを100%楽しむためには、事前の計画が大切!!
ということで、ここではハウステンボス徹底攻略法をご紹介します。

スポンサードリンク

 

1.ハウステンボス、ベストな時期は?

まずは、ハウステンボスの混雑予想カレンダーを見てください。

【ハウステンボス混雑予想カレンダー】
https://www.docojapan.com/htb/calendar/

ハウステンボスではアトラクションやイルミネーションも人気ですが、それらに合わせて、季節の花々も見どころの一つです。

たとえば春は、チューリップや芝桜が見頃を迎えます。

チューリップや芝桜を見るために、大勢の観光客が訪れます。

とはいえ、USJやTDRのように、「一つのアトラクションで半日待ち」「入場制限がかかる」というような混雑はありません。

むしろ、何もない日よりも、花の見頃や10月から始まるイルミネーションイベント期間中で客もいっぱいという日の方が、園内が華やいでお祭り気分を味わうことができますよ。

ただ、お子様連れの方、アトラクションの待ち時間は退屈ですよね。

混雑予想カレンダーを参考に、空いている日を狙って行ってください。

74ハウステンボス1
 

2.ハウステンボスへのアクセスは?

ハウステンボスの交通アクセス、駐車場は公式ホームページでご確認ください。

【ハウステンボスのアクセス】
http://www.huistenbosch.co.jp/guide/map/

【ハウステンボスの駐車場】
http://www.huistenbosch.co.jp/guide/map/parking.html

ハウステンボスは長崎県佐世保市にあります。

飛行機の方、お住いの地域の空港から長崎空港へ飛ぶ便がないときには、福岡空港へ行ってください。

福岡空港にはLCCの便も多いので、交通費の節約のために福岡空港を利用するのもありですよ。

福岡空港からハウステンボスまでの行き方はこちら。

福岡空港→博多駅(地下鉄で5分)

博多駅→ハウステンボス(特急ハウステンボス号で1時間45分)

また、ハウステンボスは、住所は長崎県ですが場所としては佐賀県寄りです。

佐賀空港経由でハウステンボスに行ってもよいですよ。

佐賀空港からハウステンボスへは、レンタカーがおすすめです。

電車を利用する場合は、佐賀駅からハウステンボス号に乗ってください。

ハウステンボスまでは約1時間です(ただし、佐賀空港から佐賀駅までがバスで30分ほどかかります)。

74ハウステンボス2
 

3.ハウステンボスのチケットの種類・購入方法

まずは、ハウステンボスのチケットの種類・購入方法を公式ホームページでご覧ください。

【ハウステンボスのチケット】
http://www.huistenbosch.co.jp/guide/ticket/

ハウステンボスのチケットはUSJやTDRのようなややこしさはありません。

また、ハウステンボスには無料ゾーンもあります。

無料ゾーンで楽しむ分には、入場チケットは不要です。

「アトラクションは乗らないわ」という方は、無料ゾーンで楽しむのもおすすめです。

74ハウステンボス3
 

4.ハウステンボスのホテル

ハウステンボスのホテルはこちらでご確認ください。

【ハウステンボスのオフィシャルホテル】
http://www.huistenbosch.co.jp/hotels/

ハウステンボスのオフィシャルホテルに宿泊すると、2DAYパスポートが割引されます。

大人で2100円引き、子どもは300円引きです。
 
 

5.ハウステンボスのアトラクション

ハウステンボスでは、アトラクションも人気です。

花より団子ならぬ、花よりアトラクションの方でも十分楽しむことができますよ。

ハウステンボスのアトラクションは以下のホームページでご確認ください。

【ハウステンボスのアトラクション】
http://www.huistenbosch.co.jp/enjoy/

ハウステンボスでは、USJやTDRのように恐ろしいほどの待ち時間はありません。

小さなお子様連れの方では、USJなどよりもむしろ楽しみやすいのではないでしょうか。

ただし、ハウステンボスではUSJやTDRのようなファストパスはありません。

また、園内は広大のため、小さなお子様では歩き疲れてしまうかもしれません。

アトラクションの回り方(近い方から順番に回る、開園時間直後の待ち時間が短いうちに人気のアトラクションに行く)というような工夫をするとよいですよ。

ハウステンボスのレストランはこちらでご確認ください。

【ハウステンボスのレストラン】
http://www.huistenbosch.co.jp/gourmet/



74ハウステンボス4
 

6.ハウステンボスの季節イベント

【ハウステンボスの年間イベント】
http://www.huistenbosch.co.jp/calendar_year/

年間イベントのうち、10月から年を跨いで翌年の4月まで開催される「光の王国」は最も人気のイベントです。

 
【ハウステンボスに行ってきました。】

クリスマスもこのイベント期間中にあります。

クリスマスの盛り上がりを楽しみたい方は、クリスマスの前後に、ゆっくりイルミネーションを楽しみたい方は、イベントが始まって少し日数が経った11月に行くのがおすすめです。

74ハウステンボス5
 

まとめ

以上が、ハウステンボス徹底攻略でした。

ハウステンボスはいつ行っても、USJやTDRのような大混雑ということはありません。

なので、イベントや花の見頃を見て、自分が行きたい日程で行くのがおすすめです。

ハウステンボスでの心配事は、混雑や待ち時間よりも、園内を歩き回る体力!

日頃運動不足の方、ハウステンボスに行く前は、散歩をしたりして、歩き回れる体力をつけておいてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - テーマパーク