Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

京都の漬物すぐき漬けの乳酸菌ラブレ菌が凄いぞ!効能を一挙大公開!

   

京都の漬け物「すぐき漬け」をご存じですか?
酸味のある特徴的な味、一口目は「うん?」って感じですが、食べているうちにやみつきになってしまいます。
すぐき漬けの唯一無二の味、あの味の秘密は実はすぐき漬けの製造過程にあります。
ここでは、すぐき漬けの秘密、特にすぐき漬けの持つ健康パワーについてご紹介します。

スポンサードリンク

1.すぐき漬けって何?他の漬物とどう違うの?

まずは、すぐき漬けの原材料は「酸茎菜」という蕪の一種です。

京都以外ではあまり見かけない野菜ではないでしょうか。

私はすぐき漬けになっていない「酸茎菜」を見たことがありません。

すぐき漬けはこの酸茎菜を「乳酸発酵」させた漬物です。

ここでまた聞きなれない言葉が出てきましたね。

日本の漬物の多くは「塩漬け」です。

すぐき漬けは塩漬け(製造過程で塩も用いますが)、乳酸発酵による保存食なのです。

乳酸発酵といえば、まず頭に浮かぶのがヨーグルトですよね。

すぐき漬けの乳酸発酵とはまさにヨーグルトと同じ、そのため、あの独特の酸味になるわけです。

乳酸発酵による漬物には、すぐき漬けの他に、長野県木曽地方の「すんき漬け」があります。

京都のすぐき漬けは「塩+乳酸菌」で漬物を作りますが、すんき漬けは乳酸発酵のみです。

なので、すぐき漬けよりも乳酸の酸味が強いです。

乳酸発酵に慣れていない方にはすんき漬けよりもすぐき漬けの方が食べやすいです。

81京都の漬物すぐき漬け1

2.すぐき漬けの乳酸菌がすごい!!

上記の通り、すぐき漬けは乳酸発酵させているので、すぐき漬けには乳酸菌が入っています。

乳酸菌といえば整腸作用や免疫力アップ、それ目当てにヨーグルトを召し上がっている方も多いのでは?

すぐき漬けにもヨーグルトと同じ整腸作用や免疫力アップの効果があります。

すぐき漬けの整腸作用や免疫力アップについては次の項目でご説明しますね。

ここでは、まずはすぐき漬けの乳酸菌の特徴についてお話します。

すぐき漬けには「ラブレ菌」という乳酸菌が入っています。

このラブレ菌には「糖から乳酸を生成して、悪玉菌の増殖を抑える働き」「酸やアルカリ性・塩分に強い→生きたまま腸に届く!!」という特徴があります。

「生きたまま腸に届く」というのがポイント、いくら乳酸菌がたくさん入っていても、腸にたどりつく前にいなくなってしまったのでは意味がありませんからね。

なんだかヨーグルトの宣伝のようですが、すぐき漬けの乳酸菌は生きたまま腸まで届きそこでしっかり悪玉菌と戦ってくれます。

体内の乳酸菌を増やすためにはすぐき漬けがおすすめです。

81京都の漬物すぐき漬け2

3.すぐき漬けの整腸作用は?免疫力アップ?すぐき漬けの効果一覧

では、すぐき漬けが持つ健康パワーをまとめてみます。

・整腸作用

腸内環境を整えます。
便秘解消にも効果的。
すぐき漬けのヨーグルトよりも優れているところは、乳酸菌以外に植物繊維も豊富に含まれているところ!
乳酸菌+食物繊維のダブル効果で頑固な便秘もたちどころに解消します。

・免疫力アップ

ラブレ菌にはインターフェロン増産作用があります。
インターフェロンとは私たちが持っている免疫機能の一つ、体内でウイルス感染やがん細胞の増殖を阻止します。
つまり、体内のインターフェロンが多くなると免疫力も高くなるということ。
ラブレ菌を含むすぐき漬けを食べることで体内のインターフェロンを増やすことができます。

81京都の漬物すぐき漬け3

まとめ

以上が、すぐき漬けの健康パワーについてでした。

京都の漬物・すぐき漬け、おいしいのはもちろんのこと、上記のように他の漬物にはない健康パワーも秘めています。

毎日の食卓にすぐき漬け!おすすめですよ。

特に、ヨーグルトなどの乳製品が苦手な方、すぐき漬けで乳酸菌を摂取してみてはいかがでしょうか。

ぜひ、試してみてください。

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - ヘルスケア