Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

仮面うつ病とは?うつ病との違いは?仮面うつ病を症状からチェック!

      2017/08/18

「仮面うつ病」という病気を耳にしたことはありますか?
仮面うつ病はうつ病の一つなのですが、「仮面」という響きのせいか、「うつ病でないのにうつ病のふりをしている」というような誤った情報が一部では信じられています。
「仮面夫婦」なんて言葉もありますものね。
しかし、仮面うつ病は詐病ではありません。
ここでは、仮面うつ病についてご紹介します。

スポンサードリンク

 

1.仮面うつ病とは?

仮面うつ病とは、「他の症状という仮面によって、うつ病本来の症状が見えにくくなっているうつ病」です。

つまり、うつ病らしくない症状によって、うつ病の典型的な症状(気分の落ち込み、抑うつ、希し念慮【自ら自分の命を断ちたくなる願望】)が目立たないうつ病です。

ここでいう、うつ病らしくない症状には、たとえば、

・腹痛
・頭痛
・下痢
・腰痛
・歯痛

などがあります。

ちょっと想像してみてください。

何日も腹痛が続くなというとき、あなたはまず何科を受診しますか?

内科ですよね。

腰痛なら整形外科、歯痛なら歯科というように、上記のような症状が出た時に「うつ病かも」という考えはなかなか浮かびません。

腹痛で内科にいけば、お医者さんは当然「内科の病気が隠れていないか」という観点から診療します。

しかし、実際はうつ病なのですから、いくら聴診器をあててもレントゲンをとっても、病気は見つかりません。

その結果、せっかくうつ病の体にむちうって病院に行ったというのに「異状は見つかりませんでした。」と言われておしまいというわけです。

このように、仮面うつ病の患者さんはなかなかうつ病の診断にたどりつけません。

仮面うつ病では正しくない診察を繰り返すうちに、症状が進み、うつ病だとわかったときには重症になっているというケースが多いです。

93仮面うつ病とは1
 

2.仮面うつ病とうつ病の違いは?

うつ病は原因・症状ともに、非常に個人差の大きい病気です。

なので、一概にはいえませんが、仮面うつ病以外のうつ病でも、発症後はまず精神的症状ではなく身体的症状の方が先にあらわれます。

つまり、「最近すぐにお腹が痛くなる」という身体的症状が続くうちに、「気分が晴れない、落ち込みやすい」といったうつ病の典型的な症状が出始めるのです。

なので、仮面うつ病の腹痛や頭痛の症状が、うつ病にとってことさら珍しいというわけではありません。

ただ、仮面うつ病の場合は身体的症状が「重い」ために、典型的なうつ病の症状に本人含めて周りも気づかないということが、普通のうつ病と違いです。

たとえば、「お腹が痛い」だから「気分が落ち込む」、これは人の感情の動きとしてごく自然のことですよね。

「腹痛が治れば気分の落ち込みもなくなる」と考えるのもごく自然のこと、まさか気分の落ち込みこそが病気の本質で、気分の落ち込みでお腹も痛くなっているとは思わないでしょう。

仮面うつ病では、腹痛や頭痛など本質以外の部分がとかく目立ってしまうのですが、うつ病との間に明確な違いがあるわけではありません。

93仮面うつ病とは2
 

3.仮面うつ病、発見のポイントは?

仮面うつ病の患者さんが「うつ病」という診断を得るに至るまでは、いくつもの病院を転々とした後、運よく発見してくれる医師に当たってやっと、というケースが多いようです。

もし、あなたが原因不明の腹痛や頭痛に悩んでいる、病院に行っても「異常なし」と言われるというときには以下のポイントを自分に当てはめて考えてみてください。

当てはまる項目が多いときには、心療内科や精神科を受診しましょう。

・気分の落ち込み、倦怠感、希し念慮などがある

・内科や外科の治療を受けても、症状が改善しない

・病名が分からず、病院を転々としている

・病名が分からず、色々な科を受診している

・一日のうち、腹痛などの症状に波がある
(仮面うつ病では午前中は症状が重く、午後は軽くなるケースが多い。)
 
 
仮面うつ病では通常のうつ病と同じように、抗うつ薬やカウンセリングなどの治療が主に行われます。

腹痛や頭痛などの身体的症状が重いときには、抗うつ薬に加えて、身体的症状に合わせて薬(鎮静剤など)が処方されます。

93仮面うつ病とは3
 

まとめ

以上が、仮面うつ病についてでした。

上記の通り、「仮面うつ病」という名前はついていますが、うつ病と何ら変わりません。

しかし仮面うつ病では「仮面」の部分が目立ちすぎてしまうために、うつ病の診断が遅れたり、正しい治療を受けられないことが多いです。

上記を読んで「自分のことかも」と心当たりがあった方、早めに心療内科や精神科を受診してみてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - うつ病