Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

うつ病を徹底的に予防する!うつ病を防ぐ考え方・生活習慣・食べ物等

   

「いつ誰がなってもおかしくない」うつ病、しかし、できることならわが身には降りかからないでほしいものですよね。
うつ病は発症すると、回復までにそれ相応の時間がかかります。
風邪のようない薬を飲んで寝たら翌朝には元気に回復!というわけにはいかない病気です。

スポンサードリンク

うつ病になったがために、これまでのライフスタイルや思い描いていた人生設計の大幅な変更を余儀なくされたという方も少なくありません。
ここでは、うつ病の予防法をご紹介します。
「苦労は買ってでも」とは言いますが、避けられる苦労なら避けた方が賢明です。
ぜひ、参考にしてください。

1.うつ病の予防法【性格・考え方】

まずは、「性格・考え方」を変えることによるうつ病の予防法をご紹介します。

うつ病になりやすい性格はこちら。

・責任感が強い
・完璧主義、妥協できない
・人あたりがよい
・自尊心が低い

うつ病を予防するためには、「うつ病になりやすい性格・考え方」→「うつ病にならない性格・考え方」に変える必要があります。

責任感が強い

責任感が強い方、いわゆる優等生・生真面目な方ですね。
「無責任」を目指しましょう。
仕事は周囲に押し付けます。
責任もついでになすり付けてしまいましょう。
最初は周囲に対して「申し訳ない」という気持ちになりますが、その罪悪感を乗り越えた先にはバラ色の未来が待っていますよ。

完璧主義、妥協できない

完璧主義の方、「中途半端」を目指しましょう。
0か1か(全か無か)の考え方は×です。
最初は意識して、中途半端を実行してください。
仕事はその日のうちに全てをやり切らない、仕事をするときは時間を決めてその時間内に達成できるクオリティで満足する、続けるうちに、完璧主義から脱却することができます。

人あたりがよい

人あたりがよい方、いいように使われているだけですよ。
自分本位になりましょう。

自尊心が低い

自尊心が低い方、自分をほめることから始めましょう。
自己肯定感が高まります。

思考パターンによるうつ病予防

94うつ病にならないために予防法1

2.うつ病の予防法【生活習慣】

不規則な生活習慣はうつ病のリスクを高めます。

・規則正しい生活をする
夜更かし、朝寝坊、暴飲暴食は×です。

・1日3食、栄養バランスのよい食事をとる
糖質・タンパク質・脂質・野菜をバランスよく食べましょう。
アルコールは控えめにしましょう。
そのうえで、うつ病を予防するためには、トリプトファンという必須アミノ酸を多く摂取することが大切です。
トリプトファンを多く含む食べ物は肉類・乳製品(牛乳・チーズなど)・納豆・たらこです。

・十分な睡眠をとる
睡眠中、体内ではホルモンバランスの調整が行われます。
睡眠時間が短いと、ホルモンバランスが崩れ、うつ病のリスクが高くなります。
自律神経の働きも悪くなります。
1日6時間以上の睡眠を心がけてください。

・適度な運動をする
できれば屋外で運動してください。
日光に当たることはうつ病予防ではとても大切です。

このような、生活習慣を身に付けてください。

94うつ病にならないために予防法2

3.うつ病の予防法【ストレス解消】

うつ病の発症には、遺伝的要因やその人の性格・考え方、生活習慣が大きく関わっていますが、これだけでは発症しません。

最後、背中を押すのが「ストレス」です。

新しい、あるいは過度なストレスがうつ病の引き金となるのです。

うつ病にならないためには、ストレスをためこまないことが大切です。

自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

おすすめのストレス解消法をご紹介します。

・おいしいものを食べる、飲む
甘いものがおすすめです。

・会話、愚痴
体の中にたまった毒を吐き出してしまいましょう。

・運動、ダンス、ウォーキングやジョギングなど

・映画や本
泣いたり笑ったりできる作品がおすすめです。
涙を流して泣くことはストレス解消になりますよ。

・旅行、遠出
知らない街に行ってみましょう。
現世の柵を忘れることができます。

上記はあくまで一例です。

ご自分に合ったストレス解消法を見つけてくださいね。

運動嫌いなのに、無理に運動をすることはありません。

94うつ病にならないために予防法3

まとめ

以上が、うつ病の予防法でした。

うつ病を予防するための参考にしてください。

うつ病は誰しも発症のリスクがありますが、特に新しい環境に入ったときになりやすいです。

進学や就職、転勤、引っ越しなど、これまでとは違う環境で日々奮闘している方、うつ病にならないよう注意してください。

「最近、疲れ気味だな」「朝起きた瞬間から、体がだるい」「最近、笑うことが少なくなった」というような心身の変化に気づいたら、心身を休め、ストレス解消をしましょう。

スポンサードリンク

 - うつ病