Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

うつ病を予防・改善する食べ物は?うつ病を悪化させる食べ物は?

   

うつ病は脳内のセロトニンやノルアドレナリンの分泌量が少なくなってしまうことにより、発病・悪化します。
つまり、うつ病を予防・改善するためには、セロトニンやノルアドレナリンの量を一定以上にキープしなきゃいけないということ!
生活改善やストレス解消など、セロトニンやノルアドレナリンの分泌を促す方法はいくつかありますが、その中でも、「食事の改善」はとても重要です。
ここでは、うつ病を予防・改善する食べ物や、うつ病にならない・悪化させないために避けた方がよい食べ物についてご紹介します。

スポンサードリンク

1.1日3食バランスの良い食事が何よりも大切!

うつ病を予防・改善するために何よりも大切なのが規則正しい食生活です。

1日3食、バランスの良い食事を心がけましょう。

栄養価の低い食事(外食、糖質制限、お菓子ばかり食べるなど)や欠食が続くと、うつ病になりやすくなります。

特に、炭水化物の摂取は大切です。

脳のエネルギーになるのはブドウ糖だけ!

ブドウ糖が不足すると、脳は飢餓状態に陥ります。

脳のパフォーマンスが著しく低下し、イライラしたり、わけもなく不安になったり、注意力や集中力が欠けるなどの症状があらわれます。

この結果、仕事や勉強に集中できない・不眠・思いがけない失敗を繰り返し叱責されるなどが続きます。

明るい気分になることができず、抑うつ状態に!

この結果、うつ病になります。

脳のエネルギー不足を防ぐためには、1日3食、炭水化物を摂取しましょう。

炭水化物とは、米やパン、麺類などです。

うつ病に効果的な食事とは?
https://youtu.be/PjmohtD57YA

うつ病の食事についてはこちらの動画も参考にしてください。

91産後の抜け毛はどうする3

2.セロトニンの材料を食べてうつ病の予防・改善

脳内のセロトニンの量を増やすことがうつ病の予防・改善に効果的だということはすでに述べました。

「では、セロトニンを含む食べ物を食べたら、脳のセロトニンを増やすことができる!」・・・・・残念ながら、セロトニンを含んだ食材はありません。

要するに、セロトニンを直接補給することはできないのです。

食事では、セロトニンの材料を摂取しましょう。

セロトニンの材料トリプトファン(アミノ酸)です。

そして、セロトニンの合成を促進するのが、ビタミンB群です。

この2つを意識して摂取します。

トリプトファンはアミノ酸なので、タンパク質の豊富な食べ物に含まれています。

植物性タンパク質よりも動物性タンパク質の方が、トリプトファンを効率的に摂取することができます。

肉や魚、卵、乳製品(ヨーグルト、チーズ、牛乳など)を意識して摂取してください。

ビタミンB群も肉や魚に多く含まれています。

さらに、豆類もビタミンB群の豊富な食べ物です。

うつ病の予防・改善のために、毎日の食事に取り入れましょう。

85若い人の薄毛・抜け毛の予防方法と対策2

3.避けた方がよい食べ物

うつ病にならないために、できるだけ避けた方がよい食べ物はアルコールです。

アルコールを飲みすぎると、抑うつ状態になりやすくなります。

お酒は飲んでも飲まれるな!

あなた自身の適量を守ってくださいね。

翌朝まで酔いが残るような飲み方は、明らかに飲みすぎですよ。

うつ病を悪化させないために、できるだけ避けた方がよい食べ物は、甘いものです。

砂糖をたっぷり含んだ甘いものを食べると、脳内のセロトニンが一時的に増えます。

そのため、うつ病の人はうつ病でない人よりも、甘いものを食べたときの幸福感・満足感が大きくなります。

ただ、砂糖の効果は「一時的」なもの、すぐに脳内のセロトニンは減り、うつ状態が戻ってきます。

脳は甘いものを食べたときの幸福感をしっかり覚えています。

そのためまた、甘いものに手が伸びます。

こうなると、もう止まりません。

これを「糖中毒」といいます。

うつ病が治ったわけでないのに、脳内のセロトニンが増えたり減ったりすることは、うつ病の改善を妨げるだけでなく、セロトニンの量が増えたり減ったりしながらうつ病自体は徐々に悪い方向に進んでいきます。

うつ病の方、甘いものはできるだけ避けましょう。

おやつは、一日の量を決め、それ以上は食べないようにしてください。

96うつ病になりにくくなる食べ物はあるの?3

まとめ

以上が、うつ病を予防・改善する食べ物や、うつ病にならない・悪化させないために避けた方がよい食べ物についてでした。

まずは、規則正しくバランスの良い食生活を身に付けてください。

ダイエットや必要のない(医師に指導されたなどの事情がない)糖質制限、タンパク質制限などはやめましょう。

セロトニンを増やすためにはトリプトファンを意識して摂取すること!とは書きましたが、トリプトファンは肉や魚を毎日食べていれば、まず不足することはありません。

つまり、バランスの良い食生活を実践していれば、自然とトリプトファンも足りてしまうということです。

糖中毒については、かかりつけ医の指導に従ってください。

スポンサードリンク

 - うつ病