Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

ブロッコリースプラウトの効能が凄い!育毛!花粉症!抗がん作用も!

   

ブロッコリーのスプラウトをご存じですか?
最近ではスーパーで見かけることも増えましたよね。
ちなみに、スプラウトとは「新芽・かいわれ」のことだそうです。
ブロッコリーのスプラウトとは、かいわれ大根のブロッコリー版ということですね。

スポンサードリンク

私はまだ食べたことがないのですが、調べてみると、このブロッコリーのスプラウト、驚きの効能満載の野菜でした。
ということで、ここではブロッコリーのスプラウトの効能についてまとめてみます。

1.あれにもこれにも効く!スルフォラファン

102ブロッコリースプラウト効能1

ブロッコリーにはビタミンCやビタミンA、カルシウム、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれていますが、その中でも特筆すべきなのが「スルフォラファン」という成分です。

このスルフォラファン、あれにもこれにも効く、凄い奴なんです。

・育毛効果

・免疫力アップ

・活性酸素抑制効果
体の酸化(老化)を防いでくれます。
なので、アンチエイジング、生活習慣病予防、ガン予防に効果的。

・除菌効果
胃のピロリ菌を除去してくれるので胃がんを予防できます。

・肝機能向上効果
肝臓の解毒作用を助けます。
アルコールを早く分解できるようになるので、二日酔い予防にも効果的。

・花粉症抑制
花粉症による炎症を抑制してくれます。

ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは、ブロッコリーの子供であるブロッコリースプラウトにも含まれています。

しかも、ブロッコリースプラウトのスルフォラファン含有量はブロッコリーの約7倍!

つまり、スルフォラファンを摂取するためには、ブロッコリーよりもブロッコリースプラウトを食べた方がよいということです。

2.ガンに効果的!メチルメタンチオスルホネート

ブロッコリースプラウトには、スルフォラファン以外にも凄い成分が含まれています。

それは、「メチルメタンチオスルホネート」

メチルメタンチオスルホネートには、変異し始めた細胞を修復する働きがあります。

これはつまり、「ガンになりかけた細胞を元に戻してくれる」ということ。

これはすごい!

抗ガン作用のある成分はありますが、メチルメタンチオスルホネートはそれよりも一歩進んだ「できかけたガンをなかったことにしてくれる」成分なのです。

メチルメタンチオスルホネートはブロッコリーにも含まれていますが、メチルメタンチオスルホネートは熱にとても弱い成分です。

残念なことに、ブロッコリーは生のまま食べることはできません。

メチルメタンチオスルホネートの効果を得るためには、生で食べることができるブロッコリースプラウトで摂取するのがおすすめです。

サラダにするのが一般的ですが、スムージーにして飲んでもおいしいみたいですよ。

ブロッコリースプラウトのフレッシュスムージー

102ブロッコリースプラウト効能2

3.抗ガン作用!アルキルシスティンスルホシド

ブロッコリースプラウトには抗がん作用のある成分「アルキルシスティンスルホシド」も含まれています。

アルキルシスティンスルホシドは、ブロッコリーやブロッコリースプラウト以外の野菜にも含まれる、代表的な抗ガン作用成分です。

102ブロッコリースプラウト効能3

まとめ

以上が、ブロッコリースプラウトの効能についてでした。

野菜といえば、ビタミン類や食物繊維を摂取できるというイメージがありますが、ブロッコリースプラウトには、ビタミンと食物繊維に加えて、スルフォラファン・メチルメタンチオスルホネート・アルキルシスティンスルホシドという3つの凄い成分が含まれています。

老化防止や内臓の機能アップなどの効果がありますが、特にうれしいのが抗ガン作用・ガン予防の効果ですよね。

さらに、ブロッコリースプラウトは生で食べることができるので、これらの成分を余すことなく摂取することができます。

ブロッコリーだと生ではちょっとね・・・・・顎が丈夫な方ならいけるかもしれませんが。

ということで、今度ブロッコリースプラウトをスーパーで見かけたら、買ってみたいと思います。

ブロッコリースプラウトの効果的な食べ方や栽培方法に関する記事はこちらです。
ブロッコリースプラウトの栄養を活かす効果的な食べ方!栽培方法も!

スポンサードリンク

 - ヘルスケア