Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

結婚式のアイデア余興・出し物!おすすめの歌やダンス!定番も!

      2017/08/16

お友達の結婚式の披露宴や二次会、「余興をやってくれない?」と頼まれることがありますよね。
こんなときはお祝いしてあげたい気持ちの一方、「何をすればいいのかな」「スベらないようにしなければ」という悩みやプレッシャーも!
また、予算や準備時間の関係から、手の込んだ余興はできないということもありますよね。
ここでは、友人の結婚式で余興をする方必見!
結婚式の余興について、定番やアイディア余興をご紹介します。
 

スポンサードリンク

 

1.新婦向け定番余興はこれ!

新婦向けの定番余興はこちらです。

【歌、楽器演奏】

ウェディングソングを歌ったり、演奏するのはいかがでしょうか。

おすすめのウェディングソングは、

・Can You Celebrate 安室奈美恵
・愛をこめて花束を Superfly
・365日 Mr,children
・One Love 嵐
・家族になろうよ 福山雅治

こんな感じです。

歌を披露するときは出席者全員が分かる曲がおすすめ!

出席者に年配の方が多いときは、最新曲は避けた方がよいかもしれません。

学生時代、新婦さんとバンド仲間だった、同じ吹奏楽部に所属していたという方は、学生時代の思い出の曲を演奏するのがおすすめです。

サプライズで新婦さんの楽器も用意しておくと、盛り上がりますよ。

【ダンス】

AKB48などのダンスを披露するのも定番の余興ですよね。

ただ、衣装の準備や練習が大変です。

仲間と練習する時間がないときは無難に「歌」がよいかもしれません。

振りの揃っていないグダグダの余興を披露すると、会場全体に微妙な空気が流れるので注意してください。

105結婚式の余興1
 

2.新郎向けの定番余興はこれ!

新郎向けの定番余興も新婦向けとそう変わりません。

【ダンス】

新婦側がAKB48なら、新郎側はEXILEで!

EXILEのダンスが難しいときは、ゴールデンボンバーの「女々しくて」あたりがおすすめです。

また、出席者全員が知っているものを選びたいのなら、マイケルジャクソンの「スリラー」がおすすめです。

盛り上がります。

【新郎の思い出話を披露】

これは、お手軽で且つ場が盛り上がる定番余興です。

「学生時代はこんな馬鹿なことをしていた」というエピソードや友達、幼馴染ならではの秘話を披露しましょう。

このときの注意点はこちら。

・昔の彼女の話はしない
・新郎本人の隠したい過去には触れない

私が出席した披露宴では、新郎側のお友達が「○○君、今はこんなにスリムでかっこいいけれど昔は太っていた」という話を始めて、新郎さんが凍り付きました。

どうやら、彼女にはその過去を隠していたようです。

105結婚式の余興2
 

3.新婦向け新作・アイディア余興はこれ!

新婦向けのアイディア余興は「新婦さんの取扱説明書」です。

西野カナのヒット曲「トリセツ」のように、お友達から見た「新婦さんの取扱説明書」を披露しましょう。たとえば、

・不機嫌なときには、甘いものを与えましょう。
・朝は苦手です。
・寂しがり屋です。

新郎側の出席者に新婦さんの人柄を紹介することができるのでおすすめです。

105結婚式の余興3
 

4.新郎向け新作・アイディア余興はこれ!

新郎向けのアイディア余興は「スライド・ビデオレター」です。

新郎さんの昔の写真を集めて、スライドやビデオにしてもよし(新郎さんの元カノや黒歴史が写りこんでいないかはチェックしてください)、結婚式に出席できなかった友達のビデオレターを集めて披露するのもおすすめです。

最近ではスマホで簡単に動画の撮影や編集をすることができますよね。

遠方にいる、仕事などの理由で結婚式に出席することができなかった友達、仲間にビデオメッセージや動画の撮影を頼みましょう。

このとき、「結婚おめでとう」というようなメッセージでもよいですが、たとえば、AKB48などのダンスの振りを撮影したのを集めて一本のビデオにするのもおすすめです。

そのビデオを流しながら、披露宴で踊ると、会場がとても盛り上がります。

 
【結婚式余興 サプライズムービー 『ヘビーローテーション』】


 
105結婚式の余興4
 

まとめ

以上が、結婚式の定番余興やアイディア余興についてでした。

余興を頼まれたときの参考にしてください。

結婚式で余興をするときには「下ネタに走らない、新郎新婦にキスやハグを強要しない、内輪ネタで盛り上がらない」の点に注意しましょう。

特に、ダンスで「脱ぐ」のは×です。

さらに、披露宴や二次会の出席者や雰囲気については、新郎新婦に事前に確認しておいてください。

友人だけが出席する二次会であれば多少羽目を外す余興でもかまいませんが、新郎新婦の親戚や会社の上司が出席する披露宴での悪ノリ余興は会場を微妙な空気にするだけでなく、新郎新婦にも迷惑をかけてしまいます。

気を付けてくださいね。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 結婚式