Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

ふるさと納税はこんなにお得!その仕組みと人気の特産品をご紹介!

   

「ふるさと納税でブランド牛をもらえた」なんて話を聞きます。
新聞でもテレビでも、最近はふるさと納税の話題で持ち切りです。
自治体によっては、寄付した額以上の贈りものを贈ってくれるとか。
その場合、寄付した額は贈りもので相さいされるため、実質の負担金は2,000円になるという話だそうですが・・・・・本当?

スポンサードリンク

こんなにうまい話があるのかと、疑り深い性格の私は信じられません。
ということで、今回はふるさと納税について調べてみました。

1.ふるさと納税って何?

まずはふるさと納税の概要から。

ふるさと納税とは、全国の地方自治体の中から応援したい自治体を選んで寄附金を送るという制度です。

一定額以上の寄付を行えば、住民税と所得税からの控除を受けられます。

「ふるさと納税」という名前にはなっていますが、形式上は「寄附金」なのですね。

ただ、寄付した金額分は、自己負担金を除いて住民税と所得税の控除を受けられるため、実質的には「税金」ということです。

ふるさと納税とは

108ふるさと納税でラッキー1

2.ふるさと納税は誰でも払えるの?納税先は出身地でなくてもいいの?

「ふるさと納税」なので、ふるさと納税は所得税・住民税を払っている人が利用できます。

元々、所得税や住民税を払っていない人は利用することはできません。

また、ふるさと納税で寄附できる金額は所得や扶養家族によって異なります。

計算方法は複雑なので、こちらのシミュレーションを利用してください。

ふるさと納税応援サイト税金控除額シミュレーター
http://www.furusato-nouzei.jp/guide/simulator.html

ふるさと納税では、「ふるさと」という名前がついてはいますが、出身地以外の自治体にも寄附することができます。

縁もゆかりもない自治体に寄附してもよいです。

108ふるさと納税でラッキー2

3.ふるさと納税はどうやって払う?

ふるさと納税の利用方法はざっとこんな感じです。

①自治体を選択する
寄附金をおくる自治体を選ぶ。
ポータルサイトを利用するのがおすすめです。

②申し込みを行う
自治体のホームページや窓口で申込み手続きを行います。

③受け取る
寄附金の受領証明書と贈り物を受け取る。
受領証明書は確定申告の際、必要なのでなくさないように。

④寄附した翌年の3月、確定申告を行う
ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用する場合は、確定申告は不要です。

ふるさと納税をするにあたって、おすすめのポータルサイトはこちらです。

・ふるさとチョイス
http://www.furusato-tax.jp/

・さとふる
http://www.satofull.jp/

108ふるさと納税でラッキー3

4.こんないいものがもらえる!ふるさと納税でもらえる特産品ランキング

ふるさと納税では寄附のお返しにその自治体の特産品をもらえます。

自治体のブランド牛やブランド米、海産物、野菜や果物の特産品のほか、家具や雑貨などの工芸品、自治体内で利用できる金券、宿泊券などもあります。

宿泊券はうれしいですよね。

自分が寄付した自治体に行き、どんな町なのか、自分の目で見ることができます。

また、ふるさと納税でもなければ一生行くことがなかっただろうなという自治体に行くこともできます。

まさに、ふるさと納税が結ぶ縁ですね。

このように、素敵な贈り物をもらえるふるさと納税ですが、なかでも人気の特産品がこちらです。

人気お礼品ランキング
http://www.satofull.jp/static/ranking.php

やっぱりお肉が一番人気!

続いてお米や果物、海産物がランクインしていますね。

やっぱりその自治体のよさを一番堪能できるのは食べ物!ということなのでしょう。

1位は10,000円寄付するともらえる佐賀牛1kgです。

寄付金額は10,000円ですが、このうち8,000円は控除されるので、実質は2,000円で1kgの佐賀牛がもらえるということになります(所得などによって、控除額、負担金額は異なります)。

2,000円でおいしいお肉を食べられるのですから、やっぱりふるさと納税はお得ですね。

108ふるさと納税でラッキー4

まとめ

以上が、ふるさと納税についてでした。

まずは、シミュレーターで自分がふるさと納税できる金額を計算してみてください。

金額がわかったら、その金額でもらえる特産品の中からほしいものを選び、その自治体に寄附しましょう。

人気の特産品はすぐに売り切れ・・・・・ではありませんね、なんといえばよいのでしょう・・・・・締め切られてしまうので、申込はお早めに。

また、ふるさと納税の全てで特産品をもらえるわけではないので注意してください。

あくまでも特産品は自治体からのお礼・お返しです。

最近では、特産品目当てではなくその自治体のために寄附する方も多いようです。

たとえば、今回の熊本地震で被災した自治体には多くのふるさと納税が集まったようですよ。

これはこれで素敵な話ですね。

スポンサードリンク

 - 暮らし・生活・雑学