Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

葬儀時の女性の服装・喪服の基本は?葬式で子供(女の子)の場合は?

   

お通夜や葬式、法事など弔事にはいろいろとマナーがあり大変ですよね。
悲しい場面でのマナー違反は、できることなら避けたいものです。
特に、マナー違反はご遺族の方々に対して失礼になってしまいます。

スポンサードリンク

ここでは、女性の服装や小物に関する注意事項をまとめてみました。
子供(女の子)の服装と、合わせて参考にしていただければと思います。

1.女性の服装の基本は?

最近は参列者も通夜から喪服を着る人が増えていますが、通夜はじみな平服でもかまいません。

葬儀では、遺族よりおおげさにならないじみな装いをするのが本来のマナーです。

十分に吟味しましょう。

アクセサリーは、里か白のパール、オニキスの一連ネックレス、もしくはシンプルな一粒ネックレスにし、指輪は結婚指輪のみにとどめましょう。

香水やマニュキアは避け、ハンカチや腕時計などの小物は色柄のないものを。

葬式の菊

2.弔事別の服装の基本

【和装】通夜

黒喪服の着物かじみな色無地の一つ紋、三つ紋付きか、じみな小紋に黒の一つ紋付き羽織。
黒喪帯に黒の小物。

【和装】葬儀・告別式

黒喪服の着物かじみな色無地の一つ紋、三つ紋付きか、じみな小紋に黒喪帯。
小物は黒か、じみな色。

【和装】法要

四十九日は色無地の一つ紋、三つ紋付き。
一周忌は黒裏服または色無地の一つ紋、三つ紋付き。
黒喪帯に黒の小物。

【洋装】共通

黒無地のスーツやワンピース、アンサンブル、または、じみな色の礼装。

和装
喪服女性和服
黒喪服の着物かじみな色無地で、一つ紋か三つ紋付き。
半袖、長襦袢、足袋以外の小物は黒を。

洋装
女性喪服洋装
一般参列者ならパンツタイプの喪服でかまいません。
レ一スや透ける素材は、派手になるので避けましょう。

葬儀や四十九日法要の服装

3.アクセサリーなどの注意点

2連以上のアクセサリーは、2重3重と不幸が重なるという意味につながるため、避けてください。

ネックレスは1連のものを選びましょう。

また、イヤリングはつけてもかまいませんが、つける場合はネックレスにそろえましょう。

それから、動物皮のハンドバッグは控えるのが基本です。

4.女の子の装い

ワンピースや、シャツとスカートの組み合わせ。

黒やグレー、紺などでまとめ、靴下も白か黒にします。

子供は成長期ですので身体がどんどん大きくなります。

ですから、弔事用にあえて服を新調する必要はありません。

現在あるもので、地味なデザインの服であれば、問題はありません。

女の子喪服
写真協力:WEAR http://wear.jp/monoir_is/3086188/

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ポイントとしては、遺族より大げさにならないよう、じみな服装を心がけることです。

また、洋装なら黒無地のスーツやワンピース、和装なら黒喪服やじみな色無地にしましょう。

へアはすっきりまとめ、メークは控えめにする。

あと、アクセサリーには上記のとおり意味があります。気を付けて選択しましょう。

ご参考にしてください。

スポンサードリンク

 - 葬式