Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

弔辞を頼まれたら。弔辞作成の基本マナーと読み方。弔辞の文例も。

   

弔辞をお願いされたらどうしますか?
弔辞は、葬式の参列者全員の前でおこなう大事な儀式です。
使ってはいけないことばや、気を付けなくてはいけない様々なマナーがあります。
ここでは、弔辞を頼まれてから、弔辞を作成し読み終わるまでのやり方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

1.弔辞を頼まれたら

弔辞を頼まれたら快く引き受けるのが大事なところです。

弔辞は、故人を弔い、しのんでささげるものです。

遺族から依頼されたら、よほどのことがない限り引き受けるのが礼儀です。

頼まれたときは快く引き受けましょう。

また、頼まれたのではなく、弔辞をぜひささげたいという時には、葬儀の前日までに遺族や世話役に申し出します。

弔辞を頼まれたときは、ほかに弔辞を読む人がいるかを確認します。

複数いる場合は、その人の故人との関係を遺族や世話人に聞いておき、内容が重ならないように注意して作成します。

弔辞は巻紙か奉書紙に薄墨を使って楷書で書き、奉書紙に包んで「弔辞」と表書きするのが正式ですが、無地の便せんに万年筆で書いて白封筒に入れるか、市販の弔辞用紙を用いてもかまいません。

遺族が長く保存しますので、丁寧に書くようにしましょう。

葬式風景

2.3分程度の内容で下書きを書く

弔辞は、自分ことばで故人に語りかけるような文面にします。

故人を追悼し、遺族をなぐさめる内容で、長さは400字詰め原稿用紙2~3枚で、3分程度にまとめるのが一般的です。

事前に弔辞に予定されている時間を確認しておくとよいでしょう。

弔辞では逝去や苦を連想させるような忌みことばを使わないように気を付けましょう。

【忌みことば】
[逝去、苦しみを連想させることば〕
(例)「四」「九」「し」など。
[重ねことば]
(例)「重ね重ね」「たびたび」「またまた」「つくづく」などの重ねことばや、「重ねる」「繰り返す」「再び」など。
[不吉なことを連想させることば]
(例)「とんだこと」「とんでもない」や、「不幸」「迷う」など直接的に不幸を感じさせることば。

数珠

3.弔辞の文例とポイント

そして、弔辞の作成です。

忌みことばに気を付けながら、以下の文例と、ポイントを確認しながら作成してみてください。

【文例】

○○さん、○○さん・・・・・、何度呼びかけても、あなたはもうこたえてくれないのですね。
あなたの輝くような笑顔も、もう目にすることはできないのですね。


あの日、あなたが逝去されたと聞いた時、これは何かの間違いだと思いました。
あなたとのお別れの日がこんなにも早く来るなんて、信じられません。


あなたと出会ったのは、大学生の時でした。
二人とも映画が好きということもあって気が合い、映画の事、恋愛や将来の夢の事、たくさんの話をしましたね。
お互い結婚してからも家族ぐるみで付き合い、夏休みにみんなで旅行に行ったこともありました。


あなたのことを思い出すと、笑顔ばかり浮かんできます。
ほがらかで、笑顔を絶やさない、ひまわりのような人でした。
悩んだり落ち込んだりした時も、あなたと話すと気持ちが明るくなりました。
本当に、私はどれだけあなたの存在に救われたことでしょう。
そんなあなたが突然この世を去ってしまいました。
運命のいたずらに腹立たしい思いでいっぱいです。
一番悔しいのは、あなた自身であるに違いありません。
深い愛情で結ばれたご主人の△△さん、お子様の□□さんと◇◇さんを残して先立ち、どんなにかご無念であったことでしょう。


○○さん。
私たちの心の中に、あなたはいつまでも生き続けるでしょう。
あなたとの思い出を胸に、私たちはあなたの分まで精いっぱい生きていきます。


ご遺族の方々の悲しみを思うと、どうお慰めしてよいかことばもありません。
微力ながら、できる限りお力になりたいと思っております。
ご遺族の皆さまを、そして私たちを、どうか見守ってください。
○○さん。
心残りではありますが最後のお別れを告げます。
どうぞ安らかにお眠りください。さようなら。

【ポイント解説】
①故人への呼びかけ
「○○さん」「○○先生」などと語りかけます。
社葬や団体葬では肩書きを入れ、フルネームで呼びかけます。

②故人の逝去ヘの驚きと哀悼の意を表す
訃報を聞いたときの驚きや悲しみなどを述べ、故人への哀悼の意を表します。
悲しみの表現は抑えぎみにします。

③故人との関係
故人と自分との関係が、弔辞を聞いている遺族や参列者にわかるようにします。

④故人の人柄や業績たたえる
具体的なエピソードを盛り込みます。
故人の業績をまちがえることは禁物です。
故人の経歴や業績に誤りがないよう、事前に遺族に確認しましょう。
固有名詞や漢字にもまちがいがないように注意します。

⑤残された者の決意
悲しみを乗り越えて生きていく決意、故人の遺志を引き継ぐ決意などを述べます。

⑥遺族ヘの心配りとお別れのことば
遣族に対して慰めのことばを述ベ、最後に別れのことばを述ベて結びます。

【事故により逝去、子どもの逝去の場合】
事故などの不慮の逝去や子どもの逝去の場合、特に遺族の心惰を配慮した表現にします。
交通事故などで逝去した場合、事故の話を具体的にすると遺族の悲しみをあおるので、簡潔かつ控えめにしましょう。
子どもの逝去も両親には悲しみが深いので、おおげさな表現は避けます。

【弔辞で使える表現例】
出だしのことば
・〇〇さんのご霊前に謹んで哀悼の意をささげます。
・○○(会社、団体名)を代表し、弔辞を述べさせていただきます。
哀悼のことば
・○○さんの突然のご他界を私はまだ信じることができません。
・こんなにも早くお別れの日が来ようとは夢にも思いませんでした。
・志半ばで急逝され、さぞご無念であったことと存じます。
・かけがえのない存在であった〇〇さんを失った悲しみは筆舌に尽くしがたいものです。
結びのことば
・どうぞ安らかにお眠りください。
・心からご冥福をお祈り申し上げます(浄土真宗を除く仏式の場合)。
・これからも私たちを見守ってください。
・ご遺志を成し遂げることを誓います。

葬式の菊

4.弔辞の読み方

弔辞を読むときは、進行役に促されてから祭壇に進み、僧侶などの宗教者や遣族に一礼をしてから、祭壇に向かい、遺影に一礼して、読み始めます。

読むときは、ことばを区切りながら、ゆっくりと故人に語りかけるように読みます。

早口や小声にならないように注意しながら、心を込めて読みましょう。

弔辞は形式的には書いたものを読むように見えますが、特に故人と親しかった人が、ほかの参列者に故人の人柄を伝えるという大切な役割があります。

自分の心を素直に表現して、参列者に、故人の逝去を惜しみ、哀悼する気持ちを伝えましょう。

【具体的には】
①祭壇の前に進み、宗教者、遺族、遺影に一礼します。

②上包みを開き卓上に置くか、適当な場所がないときはポケットや左手にもったままにします。

③上包みを手でもつ揚合は、弔辞の下に重ねて、肩の高さにもって朗読します。

④読み終えたら、包み直して表書きを祭壇に向けて供え、再び遺影、宗教者、遺族に一礼します。

【弔辞の扱いかた(補足)】
上包みはつねに左手に持ち、右手で弔文を扱うのがしきたりです。
まず、祭壇の前に立ったら、右手で上包みを開いて弔文を取り出します。
そして、右手で巻紙を開きながら読んでいき、読み終えたら、そのまま元のように弔文を巻き直します。
右手で弔文を上包みに包んだら、最後は両手で祭壇に供えましょう。

お葬儀の流れ10 葬儀・告別式 受付 帳場 弔辞 代表挨拶 茨城県 水戸市 ひたちなか市 日立市

合掌

まとめ

以上が、弔辞を頼まれてから、弔辞を作成し読み終わるまでのやり方についてでした。

弔辞を頼まれたら快く引き受けて、忌みことばがないか確認し、ふさわしいお悔やみの表現にしましょう。

また、一番悲しみが深い、遺族に対して慰めのことばを忘れずにおり込みましょう。

一度、親しい方に対し、読み聞かせを行い、練習するのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

 - 葬式