Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

新入社員必見!仕事の基本ビジネスマナーとは?8つのポイント大公開

      2017/08/10

新入社員のみなさん、新しい会社の方はどうでしょうか?
入社して間もないみなさんは、研修やら勉強やら、しかも人を覚えるやらで、忙しい日々をすごしているのではないでしょうか?
しかも、緊張感がはりつめて、精神的な疲労も大変なことになっているのでは?
社会人になったら、仕事をする上で、大切な心構えがあります。
そこで、今回は仕事を行うための、知っておかなくてはならない、ビジネスマナーについてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

1.仕事とはチームワークの結晶、一人ではできない!

仕事とは何か?その問いの答えは千差万別です。

報酬を得ること、自分を成長させること、社会に貢献すること、・・・・・どれも正しい答えです。

ただ、これだけは理解してください。

会社は、社員全員が協力して利益を生み出す組織です。

自営業もクライアントなしでは失業します。

つまり、仕事は「自分ひとりで成立するものではない」ということです。

そして、その仕事を続けていくためには、仕事にかかわるすべての人が、気持ちよくスムーズに作業できなくてはいけません。

そのために存在するのが、ビジネスマナーです。

東京駅の夜景
 

2.職場にはなぜルールがある?

複数の人が集まる場所では必然的に礼儀作法やルールが生まれます。

もし、自分勝手な人や無礼な人がいると、不快でモチベーションが下がるだけでなく、業務が滞ったり混乱したりすることになりかねません。

職場のルールはそうしたことをできるだけ防ぎ、全員が気持ちよく働くため、スムーズに業務を進めるためにあるのです。

ビジネスマナーは、国内企業ならほとんど共通です。

それは、多業界が関連し合い、成り立っているのが社会だからです。

しかし、たとえば服装に関することや経費・書類に関することなど、ルールが異なっている領域もあります。

こうした領域は、その会社がよりよくなるよう試行錯誤の末に定まったもの。

こうしたいくつものルールを守ることが、仕事をこなすうえでのベースとなります。

ネクタイを締める新入社員
 

3.仕事の基本!8つのポイント!

仕事の基本は、欠の8項目です。

入社後、すんなり職場になじめるか、成長していけるか、成功できるかは、すべてこれらが基盤となります。

簡単なものばかりですが、そのぶんおろそかにしやすいので、ときどき思い出して気を引き締めましょう。

①好感を与えるふるまいを
不快感を表に出すことは、周囲の人にストレスを与えているということ。
それでは仕事の効率が悪くなるばかりか、誰も協力してくれなくなります。
ふだんのあいさつや態度、返事にも相手を思いやるようふるまってください。

張り切る女子社員
 
②環境が成果を左右する
机の上がグチャグチャで、「あの資料、どこにやったかな・・・・・・」などと捜し回るようでは時間のロス。
デスクの周囲やパソコンの中、カバンの中など、周囲の環境をきちんと整えておくことが効率の向上、成果アップにつながります。

③時間や納期は厳守
約束した期限を守れないのは、スケジュール管理や業務処理能力が不足しているから。
日々スケジュールを見直し、問題は早急に解決。
変更点は関係者に告知することが重要です。
時間や期限は必ず守り、やむなく遅れる場合は連絡を。

④軽い仕事と侮らない
どんなに簡単そうな仕事でも、仕事は仕事。
ミスは許されません。
「これなら片手間にできる」などと侮って気を抜いていると、記入ミスや納品間違いといったケアレスミスが頻発します。
一業務入魂の気持ちで臨むべし!

⑤仕事はチームワーク
契約をとった人だけが英雄ではありません。
それをサポートする一般職やアドバイスをくれた先輩、自分を信じて任せてくれた上司がいてこそ成しえたもの。
うまくいったのは自分の力と過信せず、周囲への感謝を忘れないでください。

⑥自分ひとりでは背負わない
ときには同僚を信じて任せるべき。
それが任された人のやりがい、成長へとつながります。
もしひとりで抱え込んでキャパシティオーバーになったら、会社も取引先も大損害。
それを避けるためにもホウレンソウ(報告・連絡・相談)を忘れずに。

⑦神様でも小間使いでもない
「お客さまは神様」だからといって、何でも条件をのむわけにはいきません。
逆に、相手が下請けや孫請けだからといってふだんから見下していれば、自分が困ったときに助けてもらえなくなります。
ビジネスは、対等の商取引なのです。

⑧こだわりと妥協の繰り返し
新人のころは、より完璧な仕事をしようと気負いがち。
しかし、あまりこだわっていても、作業が停滞するだけで一向に進みません。
「今回はここまでが限界」と、その場の妥協点を見極められるようになったら、成長した証です。

 
【新入社員のための「社会人のルール」】


 
男女2人パソコン作業②
 

まとめ

以上が、仕事の基本、8つのポイントでした。

いかがでしたでしょうか。

職場や仕事に慣れてくると、入社当時の緊張感が徐々に薄れるものです。

そういった時ほど、基本に立ち返り、この8つのポイントについて思い出していただきたいと思います。

参考にしていただければ幸いです。
 

スポンサードリンク

 

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 新入社員・新生活・ビジネスマナー