Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

シミ取りの救世主!ハンディ洗濯機COTONが凄い!しみ抜きはコレ

      2017/08/09

外出先でシャツについたシミ、早く落とさなきゃいけないのに外出先ではなかなか完璧な処置ができませんよね。
せいぜい、おしぼりでシミを叩くくらい。
家に帰る頃には、シミはしっかりシャツに定着しちゃっています。
または、シャツの襟や袖口の黄ばみ。
長年の蓄積は少々のことでは落ちません。
無理に落とそうとして、シミではなく生地の色や柄が色落ちしてしまった!シャツ一枚台無しにしてしまったなんて経験をお持ちの方も多いのでは?
ということで、今回はおすすめのシミ抜きグッズや今話題のハンディ洗濯機「COTON」についてご紹介します。

スポンサードリンク

 

1.おすすめのシミ抜きグッズ

おすすめのシミ抜きグッズからご紹介します。

まずは洗濯前の予洗いで使うグッズから。

・漂白剤
水で薄めた漂白剤に浸けておくことで、シミや黄ばみを落とすことができます。
漂白剤には、塩素系漂白剤と酸素系漂白剤の二つがあります。
シミ抜きの効果が高いのは塩素系漂白剤、ただ色落ちの危険も高いです。
白い生地で且つ無地の洋服にしか使用しないでください。
酸素系漂白剤は塩素系漂白剤に比べてシミ抜き効果は低いものの、生地への負担は小さいです。

・ウタマロ
水で濡らした生地にウタマロを軽くこすりつけるだけで洋服のシミを落とすことができます。
ウタマロは、皮脂汚れはもちろん、泥汚れやインク汚れ、化粧品汚れとあらゆる汚れに対応できます。

・洗濯ブラシ
シミの箇所をこするためのブラシです。
洗剤を入れられるようになっています。
100円ショップやホームセンターで購入することができます。

 
次に、外出先でできたシミに便利なグッズをご紹介します。

・しみとりくん
シートタイプのシミ抜きグッズです。
ちょうどメイク用のクレンジングシートのようなもの。
シートタイプなので、携帯しやすく、どこでもさっと使うことができます。
水性・油性どちらの汚れも落とすことができるので、鞄に一つ入れておくと便利ですよ。

・トップシミとりレスキュー
こすって落とすシミ抜きグッズです。
弱酸性なので、水洗いできないウールやシルクの生地にも使うことができます。
使った後の水洗いも不要です。
シミができる度にクリーニングに出していた方、これがあるといちいちクリーニングに持って行く必要がなくなりますよ。


 
121ハンディ洗濯機「COTON」の威力が凄いぞ1
 

2.今話題のハンディ洗濯機「COTON」とは?

シミ抜きグッズとして、今注目されているのがハンディ洗濯機「COTON」です。

洗濯機に入れる前の予洗いに使えるのはもちろん、ハンディサイズでしかも本体が200gという超軽量なので、外出先でも使うことができます。

水筒よりも軽い洗濯機なんてすごいですよね。

使い方もとっても簡単!!

まず本体にスプーン1杯分の水を入れます。

そして、シミのついた洋服を裏返し、シミのついた箇所にキッチンペーパーなどで当て布をします。

そして、COTONを裏側からシミの箇所に当てます。

COTONは少しずつ水を出しながら、1分間に700回!という高速でシミをたたきます。

すると、シミは裏に敷いたキッチンペーパーに移ります。

 
【世界初!手のひらサイズのハンディ洗濯機】


 
COTONの魅力はなんといっても、汚れの落ち方。

値段は8,000円代と高めではありますが、とにかくよく落ちます。

食べこぼしたとき、いつもはおしぼりでたたいてシミを落としますよね。

COTONはその動きを1分間に700回という高速で行います。

1分間に700回・・・・・これは、人間にはできない動きですね。

これからは、シミ抜きはCOTONに一任するのがよさそうです。

121ハンディ洗濯機「COTON」の威力が凄いぞ2
 

まとめ

以上が、おすすめのシミ抜きグッズや今話題のハンディ洗濯機「COTON」についてでした。

シミ抜きの基本は、シミがついたらすぐ落とすこと!

COTONをはじめとした携帯シミ抜きグッズで、大切な洋服をシミから守りましょう。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学