Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

初日の出を楽しむ裏技!隠れスポット!元旦の特別営業展望台は最高!

   

新しい一年に初日の出と一緒に迎えるのはいかがでしょうか。
初日の出を見ると、「今年はがんばるぞ!」とやる気が出るし、なんだか良い一年になりそうな気がしますよね。
今日は、初日の出を楽しむ裏技!展望台から初日の出を楽しむ方法をご紹介します。

スポンサードリンク

1.元旦は展望台で初日の出!

山や海辺、初詣をする神社など、初日の出の人気スポットは全国に数あれど、展望台からの初日の出は格別です。

「でも、元旦の、それも初日の出の時間には展望台は営業していないんじゃないの?」という方、実は、展望台では初日の出のための特別営業を行っています。

新年の初日の出はぜひ展望台から初日の出を!

これまで見たことのない日の出の光景を見ることができますよ。

初日の出1

2.展望台から初日の出を見るためには?

では、人気の展望台の元旦特別営業についてご紹介します。

【関東】

・東京スカイツリー
1月1日(元旦)には「初日の出営業」を実施しています。
営業時間は5:00~8:00、天望デッキと天望回廊から初日の出を見ることができます。
ただ、事前の予約が必要。
東京スカイツリーで初日の出を見たい方、インターネット抽選販売に申し込んでください。
2016年の販売スケジュールについてはまだ発表されていませんが、2015年(2016年の初日の出分)は、申込期間11月25日~12月8日、抽選発表は12月10日でした。
料金は1人6500円です。

東京スカイツリー1月1日 初日の出特別営業のインターネット抽選販売について
http://ticket.tokyo-skytree.jp/info/info-160101.jsp

・東京タワー
元旦には、6:00に特別展望台と大展望台の営業が始まります。
高校生以上の料金は500円(特別展望台+700円)です。
事前の予約は必要ありませんが、特別展望台への入場は先着80名、入場整理券は4:00から配布されます。
事前予約がない分、元旦早朝はとても混雑します。

東京タワーで初日の出【2013年元旦】混雑状況がよく分かります!

・サンシャイン60
毎年「元旦初日の出営業」として、5:30から営業しています。
高校生以上の料金は620円です。
事前の予約は不要です。

【東海】

・ミッドランドスクエア
元旦には「ミッドランドスクエアから初日の出を見よう!」ということで、営業時間が6:00~8:30になります。
オフィス棟44F~46Fのスカイプロムナードから日の出を見ることができます。
大人の料金は750円です。
事前の予約は不要です。

【関西】

・あべのハルカス
元旦は、6:00~7:30の元旦早朝特別営業を行います。
展望台や屋上ヘリポートから初日の出を見ることができます。
元旦にあべのハルカスから日の出を見るためには、事前に入場券を購入する必要があります。
①レギュラーコース(58F~60F展望台フロア)料金3000円、190枚限定
②プレイ三アムコース(屋上ヘリポート)料金4000円、30枚限定
入場券は、インターネット・コンビニ・近畿日本ツーリストの営業所・ハルカスチケットセンターで購入することができます。
2015年(2016年の初日の出分)の発売開始日は10月31日でした。
こちらの入場券は、先着順です。

・梅田スカイビル
梅田スカイビル展望台(地上173m)から初日の出を見ることができます。
元旦の営業は5:00から。大人の料金は800円です。
入場券は当日販売のみ、事前予約や入場券の事前販売はありません。

初日の出2

まとめ

以上が、初日の出を楽しむ裏技!展望台から初日の出を楽しむ方法でした。

事前の入場券購入や予約が必要な特別展望台なら、人混みの心配がないのでゆっくり初日の出を待つことができますね。

人の頭で初日の出が見えないということもありません。

除夜の鐘をついた足で神社に初詣に行く、その道すがら、特別展望台で初日の出を楽しんではいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - 観光地・世界遺産