Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

水中のドローン「サブマリナーカメラ」とは?小型潜水艦の性能は?

   

先日、テレビで紹介されていました、水中のドローンといわれる小型潜水艦「サブマリナーカメラ」。
リモコンで操作し、水中を自由に移動させることができるカメラです。
いったい、その小型潜水艦「サブマリナーカメラ」の機能とは?
また、価格はどのくらいなのだろう?
ということで、今回はこの水中のドローン「サブマリナーカメラ」についてまとめてみました。

スポンサードリンク

1.水中のドローン「サブマリナーカメラ」の製造元は?

まず、この小型潜水艦「サブマリナーカメラ」を製造したメーカーはシー・シー・ピーという会社です。

2013年に、当時世界最小となるラジコンヘリ「ナノファルコン」を発売した玩具メーカーです。

翌2014年にさらに小型の「ピコファルコン」を商品化し、昨年は小型ながらも空撮機能を搭載した「ナノファルコンデジカム」を世に送り出しました。

そういった、「リモートコントロール」と「撮影」を合わせた商品を世に出している企業が、今年は、活躍の場を空から水中に移したのです。

2. 小型潜水艦「サブマリナーカメラ」の性能とは?

4月末に発売された「サブマリナーカメラ」は、ラジコンの小型潜水艦です。

幅78mm、奥行き112mm、重さが90gと手のひらに載る小ささでありながら、カメラを搭載し、水中撮影が可能なのが最大の特徴なのです。

価格は、ネットで調べると7,000円代~9,000円代くらい

深さ50cmまでの潜水が可能で、最大40分間使用できます。

また、操作が可能な距離は最大2mで電源は単三電池2本。

2灯のヘッドライトも搭載されているので暗い場所でも安心ですね。

撮影できるのは、静止画と動画

本体に256MBのメモリーが内蔵されており、120万画素の写真なら約800枚、30万画素の動画なら約5分間の撮影が可能です。

データは、水中から引き上げた後、本体を付属のUSBケーブルでパソコンに接続して再生する仕組み。

水中で撮影する被写体として、まず思い浮かぶのは魚などの生き物ですね。

そこで役に立つのが、付属の「エサ入れアーム」

ここに魚の餌を入れてカメラの先に取り付けておくと、魚が寄ってくるという仕掛け。

カメラに迫ってくる魚を間近に撮影できるというのが最大の売りとなっています。

残念なのは、撮影している映像をリアルタイムで確認できない点です。

実勢で1万円を切る価格のため、Wi-Fiなどの搭載は難しかったとのこと。

映像を見ながら操作できればさらに便利で面白いと思いますが、1万円を切る価格の維持が優先されたようです。

今後は、次世代機として、Wi-Fi搭載型の機種の発売に期待したいところですね。

サブマリナーカメラ #2 日淡水槽 タナゴプラ池 編

まとめ

以上が、水中のドローンと言われる、小型潜水艦「サブマリナーカメラ」についてでした。

通常の魚の撮影は、水槽の外から行っていたものを、水中でしかも超至近距離での動画撮影は面白い映像が作成できそうですね。

今後は、そういった動画がYou Tubeにたくさんアップされるかもしれません。

次回は、実際に海で使えるような、次世代機に期待いたします。

スポンサードリンク

 - 新製品