Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

マウスピースを活用した矯正治療・歯科治療とは?マウスピースの凄さ

   

歯ぎしりから歯を守るのに有効なのがマウスピースです。
マウスピースは市販されている物や、歯科医でオーダーメイドする物もあり様々です。
このマウスピースなのですが、実は、歯ぎしりから歯を守るだけでなく、様々なことに活用されているそうなのです。
そこで今回は、そのマウスピースを使用した矯正治療や歯科治療など活用方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

1.スポーツにも使える!マウスピース!!

現在は、スポーツ用のマウスピースも随分流通しています。

ラグビーなどの体のぶつかるスボーツでは、歯の怪我が心配です。

歯が折れないように、ぴったり合うスポーツ用マウスピースが最適です。

スポーツ店で市販されているものもありますが、歯科医でオーダーメイドのピッタリ合うマウスピースがおすすめです。

また、噛み合わせも大切です。

プロスポーツ選手が、バランスの良い噛み合わせにすることで成績が良くなったという話を聞いたことがありませんか?

出来上がったマウスピースを専門家がチェックして、スポーツ選手が最大限力を発揮できるように調整を行います。

マウスピースは、怪我から歯を守るだけではく、例えば、野球やゴルフのように、しっかり噛みしめることで力を発揮するために使用することもあるのです。

マウスガードの効果

2.マウスピースを活用した歯科治療とは?

歯科医院でのマウスピースの治療は、比較的多く行われます。

顎関節症や歯ぎしりなどの治療でも、マウスピースを利用します。

自分で取り外しが出来ますので、誰でも使いやすいのが特徴。

また、マウスピースで矯正治療をすることもできます。

マウスピース矯正はマウスピースをつけ替えながら少しずつ歯を動かしていく矯正治療です。
(抜歯をしなくてはいけないような歯を動かす距離が大きい場合には向いていません。)

矯正治療と聞くと針金のようなブラケットと呼ばれる装置を思い出すと思いますが、透明の取り外し可能なマウスピースを使い矯正治療を行います。

目立たたないだけではなく、食事や歯磨きのときには取り外すことができ、違和感も少ないので今まで通りの生活を送ることができます。

毎日一定時間装着し、継続していくことで歯列の矯正を可能にしています。

特に子供の矯正治療ではマウスピースを使うことが多いです。

乳歯の矯正治療や反対咬合(受けロ)の子供にはマウスピース矯正は効果的です。

さらにマウスピースにバネを組み込んだりゴムを取り付けたりしながら歯の動きをコントロールすることもできますので、使い方はいろいろあります。

ただ全ての患者さんに適応できる訳では無いのでかかりつけの歯科医院で良くお話しを聞いてください。

インビザライン マウスピース矯正説明 東京/本郷さくら矯正歯科

他にも、マウスピースの中に薬剤を入れて歯科治療に応用することもできます。

一番有名なところでは、ホワイ卜ニングへの応用です。

ホワイトニング剤をマウスピースの中に入れて使用していただくことで、通常歯科医院で行うホワイトニングが自宅で可能になります。

あとは、フッ素や歯面修復材料をマウスピースと併用することで、虫歯になるリスクを下げたり、歯質強化を図ることもできるのです。

虫歯になりやすいお子さんにも有効だと思います。

同じように、歯周病の患者さんに対して、除菌成分の入った薬剤を使ったマウスピース治療もあります。

※マウスピースを使用した治療の一部は、保険外診療となります。詳しくは歯科医院にお問い合わせ下さい。

まとめ

以上が、スポーツでも利用される他、矯正治療や歯科治療に活用できるマウスピースについてでした。

一昔前であれば、マウスピースはボクサーの口内を守ったり、歯ぎしりから歯を守るためのものというイメージがありました。

しかし現在では、矯正治療も可能となった他、虫歯予防やホワイトニングにも活用されているというのは画期的です。

今後は、もっと普及し一般的なものになっていくかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - ヘルスケア