Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

羽毛布団の選び方!偽物の見分け方は?ダウンパワーとは?充填量は?

   

最近は洗濯できたり、一年中使い回せたり、と手軽で安い布団が人気ですが、やはり布団の王様といえば「羽毛布団」ですよね。
冬の寒い夜、ふわふわの羽毛布団に体を滑り込ませるときの幸福感といったら・・・・・人生の嫌なことの大半を忘れることができます。
まあ、翌朝は布団から出るのに、一苦労しなければいけませんが。

スポンサードリンク

ということで、今回は羽毛布団を購入するときに知っておきたい羽毛布団の知識や注意点をご紹介します。
羽毛布団は高い買い物ですので、羽毛布団を買う前はしっかりお勉強しておきましょう。

1.ダウンとフェザー

羽毛布団の中身は水鳥の羽毛です。

羽毛には、「ダウン」と「フェザー」の二種類があります。

ダウンとは羽毛のこと、羽毛はふわふわです。

フェザーとは羽根のこと、募金をすると緑や赤の羽根をもらうことがありますよね。

フェザーはあれをイメージするとよいです。

羽毛布団ではダウン率が高いほど保温性に優れ高品質です。

羽毛布団を購入するときは、ダウン率93%がおすすめ、品質表示票の表記は「ダウン:フェザー/93:7」です。

羽毛布団1

2.グースとダック。マザーグースとは?

次は鳥の種類のお話。

羽毛布団の材料となる羽毛は、「ダック(あひる)」や「グース(がちょう)」から調達します。

一般的には、品質はダック<グースです。

グースの羽毛はダックに比べ、保温性が高く、ダウンは丈夫で割れにくい、スモールフェザー部分も細く柔らかいです。

また、マザーグースとは、グースの親鳥の羽毛のこと。

上質羽毛の代名詞です。

なので、品質としては、ダック<グース<マザーグースです。

どの羽毛を選ぶかは・・・・・お財布と相談してください。

羽毛布団2

3.ダウンパワーとは?

ダウンパワーとは、羽毛の品質を評価する基準のことで、この値が高い羽毛ほど弾力性・保温性に優れています。

ダウンパワーは1g当たりの羽毛の体積ではかります。

羽毛布団を購入するときは、品質表示の一つ「ゴールドラベル」に注目してください。

ゴールドラベルでは、ダウンパワーによって羽毛を4つのランクに分けています。

つまり羽毛布団のゴールドラベルを確認することで、その布団に使われている羽毛のダウンパワーが分かるのです。

羽毛布団3

4.充填量は?

充填量とは、羽毛布団に使われた羽毛の重量のことです。

最近は「羽毛○%アップ」がセールスポイントの羽毛布団もありますが、実は、充填量は多ければ多いほどよいというわけではありません。

布団のサイズごとに適正重量があるので、適正重量に近い羽毛布団を選びましょう。

【冬用羽毛布団の羽毛の適正重量】
・シングル:1.1~1.3kg
・セミダブル:1.4~1.5kg
・ダブル:1.6~1.7kg
・クイーン:1.9~2.1kg

ちなみに、羽毛布団の充填はこうやってするそうです。

羽毛ふとんの充填加工風景1

羽毛布団4

5.羽毛の産地は重要?

はい、重要です。

極寒の産地からとれた羽毛の方が保温力に優れています。

なので、北極地方、ポーランド、ハンガリー、ドイツ、チェコ、シベリア、カナダ産の羽毛は保温性が高く、高品質です。

日本で流通している羽毛布団の80%はアジア産です。

羽毛布団5

6.偽物の羽毛布団を買わないために

羽毛布団は、羽毛の品質や産地、あるいは羽毛の充填量など、品質表示票の内容と実際の商品の品質が異なる偽装事件が多く起こっています。

偽物の羽毛布団を買わないためのポイントをご紹介します。

・信頼できるメーカー、お店で購入する

・結局は値段!品質に対して価格が安すぎる羽毛布団は買わない

・GFマークのある羽毛布団を購入する
GFマークは全日本寝具寝装品協会が定める基準を満たした羽毛布団のみについています。

・ゴールドラベルのある羽毛布団を購入する

また、羽毛布団を購入するときは、実際に布団を手にとって触り心地や匂いを確かめてください。

触り心地が悪い(ガサガサする)、獣の生臭い匂いやカビ臭い匂いのする羽毛布団は避けましょう。

羽毛布団6

まとめ

以上が、羽毛布団を購入するときに知っておきたい羽毛布団の知識や注意点についてでした。

一番のポイントは「信頼できるお店で購入すること」です。

羽毛布団は、人によっては一生もの!

アフターケアやメンテナンスまできちんとしてくれるお店やメーカーの羽毛布団なら、品質の点でも心配がありません。

羽毛布団は値段が高ければ高いほどよいですが、上を見ればきりがありません。

予算と相談しながら、自分に合った羽毛布団を選んでくださいね。

スポンサードリンク

 - 暮らし・生活・雑学