Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

水素水の効果・効能とは?水素水の作り方は?容器を比較、何を選ぶ?

      2017/08/02

今、何かと話題の「水素水」。
効果があるとか、ないとか、ネット上では熱い議論が交わされているようですが、文系脳の私にはさっぱり・・・・・話についていけません。
化学式が出てきたとたん、眠気に襲われてしまいます。
とはいえ、ブームに乗り遅れるのも癪ですから、ここら辺でちょっと本気になって調べてみましょう。
ということで、今回は水素水の効果や自作方法についてまとめてみます。

スポンサードリンク

 

1.水素水って何?効果は?アルカリイオン水との違いは?

水素水とは「水素を水に溶かしたもの」です。

要は二酸化炭素が溶けた炭酸水と同じ、炭酸水はH₂Oの中にCO₂が溶けていますよね。

水素水ではH₂Oの中にH₂(水素)が溶けているので、水素水を飲むと水と一緒に水素も摂取することができます。

では、水素水の何が体によいのかというと、水素は体内の「活性酸素と結合、活性酸素を中和」します。

活性酸素は体の酸化(老化)を引き起こします。

鉄が錆びるのは鉄が酸化するから、あれと同じことが私たちの体内でも起こっているのです。

水素水が活性酸素を除去することで、

・健康維持、病気の予防(癌など)
・肌のアンチエイジング(くすみ、シワ、しみなどを予防)
・内臓のアンチエイジング

など、体の老化にまつわる病気や不具合を予防することができるのです。

ちなみに、水素水とよく似たものに「アルカリイオン水」がありますよね。

実は、アルカリイオン水も水素水の一種、つまり、水素水です。

水素水には、大きく分けて3つの作り方があるのですが、そのうちのある方法で作られた水素水を「アルカリイオン水」と呼んでいます。

【水素水の製造の違い】

・電気分解を利用して作る
これが「アルカリイオン水」です。

・化学反応を利用して作る
Mg(マグネシウム)、Ca(カルシウム)がH₂O(水)と反応すると水素が発生します。

・水に水素ガスを溶かして作る
炭酸水の作り方と同じです。
水素を水に攪拌して溶かしこみます。

水素水
 

2.水素水は容器が大切?ペットボトルだと水素が抜ける!?

H₂(水素)はとても小さな分子です。

そのため、容器によってはせっかくの水素が水素水から抜け出してしまいます。

水素水の市販品でまず多いのが、ペットボトルですよね。

しかしペットボトルには目に見えない穴がいっぱい開いています。

工場でペットボトルに水素水を詰めた瞬間から、水素はペトボトルの穴から外に抜けていっています。

私たちの手元に届く頃には、水素水というラベルは貼ってあるものの中身はただの水。

水素水の効果を得ることはできません。

ペットボトルよりもマシなのがアルミ缶やアルミパック。

しかし、これも完璧とはいえません。

水素水の容器として最もよいのが「アルミチアパック」です。

水素が抜けにくく、製造出荷から時間が経っても、中身はしっかり水素水のままです。

まとめると、水素水の容器として性能が高いのは「アルミチアパック>アルミパック>アルミ缶>ペットボトル」の順です。

水素水を購入するときは、アルミチアパック入りのものを選びましょう。

ちなみに、「手元に届くときにはただの水になっているなんて野師じゃん」という気もしますが、製造時(ペットボトルに詰めるとき)にちゃんと水素を含んだ水素水であれば、その後で水素が抜けてただの水になったとしても、「水素水」と表記することは違法ではないそうです。

違法でないのなら仕方ありませんが、なんだか騙された気分ですよね。

水素水
 

3.水素水は自作できる!?

上記の通り、水素水では水素を水の中にとどめておくのが難しい・・・・・だったら、できたての水素水を飲めばいいじゃん♪

ということで、水素水の作り方を調べてみました。

自宅でできる水素水の作り方は二つ。

・専用サーバーで作る
水素水を作るための専用サーバーを購入、レンタルすることで、自宅で簡単に水素水を作ることができます。
購入する場合、携帯型の簡易タイプであれば1万7千円~、本格的なサーバーでは20万円程度で購入することができます。
サーバーといえば高価なイメージですが、手頃な価格のものもあるんですね。
ただ、専用サーバーではカートリッジを交換しなければいけません。
ランニングコストがかかるので、そこは要注意!
もちろん、電気代もかかります。
ちなみに、サーバーは電気分解によって水素水を作ります。

・マグネシウムで作る
もっと手軽に水素水を作りたい方におすすめなのが、「マグネシウムスティック」です。
上記の通り、水にマグネシウムを入れると化学反応が起き、水素ができます。
化学式は、Mg+2H₂O→Mg(OH)₂+H₂です。
作り方はとっても簡単、ペットボトルなどの容器に水とマグネシウムスティックを入れるだけ。
あとは、何もしなくても勝手に水素が発生してきます。
注意点は、「容器の上部に隙間を作らないこと」
水素は空気に溶けやすいので、容器に空気があると、水から水素が抜けてしまいます。
容器から水素水を取り出したら、その都度、水を足してください。
マグネシウムスティックは専用のものが売られているので、それを利用してください。
大体900円~5千円程度です。
マグネシウムスティックは半年を目安に取り替えます。

 
【手軽に水素水!?マグスティック365mini】


 
水素水3
 

まとめ

以上が、水素水の効果や自作方法などについてでした。

水素水に興味のある方、私と同じように文系脳でいまいち水素水の効果を理解できていなかった方、ぜひ参考にしてください。

ちなみに、マグネシウムで作った水素水を飲むと、水と一緒にマグネシウムも摂取することになります。

マグネシウムを摂りすぎると、吐き気や下痢などの症状が出ることがあります。

現在、マグネシウムのサプリメントを摂取している方は、サプリメントをやめるか量を減らしてから、水素水を飲んでください。
 

スポンサードリンク

 

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学