Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

正しい体の洗い方とは?洗いすぎは悪臭体臭のもと?スキンケアとは?

   

お風呂に入ったとき、ナイロンタオルで力を込めて体中をゴシゴシ、こんな洗い方をしていませんか。
実は、体を擦って洗うことは、何となくスッキリきれいになったような気分になれますが、肌にとってはあまりよくないのです。
皮膚というのは人体で最も大きな臓器であるとともに、自らその状態を見ることができ、ケアも可能という特徴を兼ね備えています。
ということで、今回はスキンケア・正しい体の洗い方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

1.体はとにかくしっかり洗った方がいいの?

ゴシゴシ擦って洗うのは、気持ちよくきれいになった気分になれます。

しかしお肌にとっては、実は老化を促進しているのです。

お肌の老化を促進する大きな原因の 1つは日光です。

紫外線により、肌の老化を進めてしまいますので、日焼け止めを活用し肌を良い状態を保つことが大切です。

もう1つは、摩擦です。

お肌は摩擦により様々な障害がうまれるのです。

いつも、下着のゴムが当たるところなど擦れている身体の部分が変色していたりしませんか?

身体をゴシゴシ擦ることも同様に肌の老化をとても促進させてしまいます。

老化を防ぐためには、できるだけやさしく洗ってあげることが大切です。

また、ゴシゴシこすると肌の表皮に存在する、外界からの刺激物や病原菌が体に入らないように守ってくれる角質層バリアが傷つけられてしまいます。

角質層バリアに傷が付くと、かさつきやかゆみ、湿疹など肌トラブルの原因にあってしまいます。

銭湯

2.正しい体の洗い方とは?

では、どのように洗えばいいのでしょうか?

それは、ただ単純に何も道具を使用せず「手で」洗うことです。

ただそれだけ。

石けんを使って手で洗うだけで十分に汚れは落ちます。

あかすりなどを使ってゴシゴシ洗うことは、汚れが落ちますが、大事な皮脂も一緒に落ちてしまうのです。

背中など手の届かない場所を洗うときは、洗わないくらいのつもりの方がお肌をよい状態に保つことができます。

なんとなく、気分的には嫌な感じを受けるかもしれませんが、ゴシゴシ洗うよりは、その方が肌にとってはよいのです。

ただどうしても気が済まない方、どうしても洗いたい方は、手では届きにくい背中だけは、ナイロンは避け、綿でできたタオルを使い、たっぷり泡立ててから、優しく洗うようにしてください。

背中は少しだけ皮膚が厚く、皮脂量も多いということもあり、タオルを使っても構いません。

ただし、ゴシゴシ洗うのは避けましょう。

石鹸

3.お風呂上りに保湿剤は必須?

お肌の状態を見て判断することが大切です。

入浴後に突っ張りを感じなければ、保湿は特に必要ありません。

全身の乾燥を感じるのであれば、保湿剤を塗ることも重要ですが、逆に洗い過ぎていないかのチェックも必要です。

バスローブ

4.汗を多くかく季節、シャワーを何度も浴びる場合は?

一日に何度も洗顔や入浴したり、シャワーを浴びたりする人がいますが、肌に必要な皮脂を過度に落としている可能性があります。

夏場や運動で汗をかくいて1日に何度もシャワーを浴びる方は、その度に石鹸を付けたのでは洗い過ぎです。

日中は軽く汗を流す程度に、シャワーを浴びて、夜に石鹸で洗いましよう。

特に乾燥肌の人では、一度体を洗うと元の潤いのある状態にまで回復するのに長い時間を要するので、気を付けなくてはいけません。

体のかゆみ・乾燥・ニキビ【お風呂編】by テルメ・フェリーチェ代官山・BioTimeチャンネル

5.洗いすぎは悪臭のもとって本当?

人間の肌に住んでいて、いい匂いを出す細菌は、「表皮ブドウ球菌」というもの。

「表皮ブドウ球菌」は、皮脂や汗をエサとし食べて、弱酸性の脂肪酸を産生し、皮脂から排出される脂肪酸とともに、皮膚面を酸性に保ちながら、よい香りを作る脂肪酸を産生しています。

逆に、同じく肌に住んでいる「黄色ブドウ球菌」「真菌」などは、悪臭の脂肪酸や、アンモニア等の悪臭をつくりだしています。

「表皮ブドウ球菌」の勢力が強いと、「黄色ブドウ球菌」や「真菌」などは勢力を弱めます。

ですから、「表皮ブドウ球菌」を元気にしてあげることが重要です。

要するに、洗いすぎないことが大切なのです。

シャワー

まとめ

以上が、肌を健康に保つ体の洗い方とスキンケアについてでした。

体を洗うことは、気分的にスッキリして一見よいことだと思いがちです。

しかし、ゴシゴシ洗いすぎることは、肌にダメージを与えるだけでなく、悪臭のもとになってしまうのですね。

悪臭を出してしまっては、せっかく体をきれいに洗い流したとしても逆効果です。

肌にやさしいスキンケアを心がけましょう。

スポンサードリンク

 - ヘルスケア