Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

東京のちょっとかわった贅沢極上ビアガーデンを紹介!おすすめは?

      2017/07/30

暑い季節が来ると、ビールが美味しくなりますね。
特に、仕事終わりの渇いた喉を潤すビールは何とも言えないくらいの美味しさを感じます。
しかも、夏は屋外で楽しむビアガーデンの季節です。
ビアガーデンは、期間限定ですので暑い季節しか楽しむことができません。
しかもです、最近のビアガーデンは単なる「屋上にビーチバラソル」だけではありません。
今や、贅沢な極上の空間になっているのです。
ということで、今回は東京の極上ビアガーデンについてご紹介します。

スポンサードリンク

 

1.緑の植物に囲まれた異空間「ヤドヴィガ」

恵比寿駅に直結しているアトレ恵比寿西館。

その屋上部分に今年できたばかりの癒しのビアガーデンがあります。

その名は「ヤドヴィガ」

まず、中に入ると緑の植物がたくさん広がっています。

その植物は、よく見るとそれぞれ大きさや種類が違っているのです。

この植物、実は世界中から集められた貴重な植物たちなのです。

その植物とは逆方向にあるのが、お酒や料理があるビュッフェスペース。

飲み物はワインやカクテルなど40種類が揃っていて飲み放題になっています。

メインディッシュは肉をじっくりローストした串焼き。

その他にも料理が4品ついて2時間飲み放題。お値段は5,800円です。

緑の空間がビアガーデンで楽しめるある意味不思議な場所。

そういった場所でのビールもまたいいかもしれませんね。

詳しくは、お店のホームページをご覧ください。

【ヤドヴィガ】
http://www.bistro-shiro.com/yadwigha/

ビール1
 

2.ソファーのゆったり空間「ルガル・ア・アモール」

東京町田駅の目の前、町田モディの屋上にあるビアガーデン。

その名は「ルガル・ア・アモール」。愛が溢れる場所という意味です。

ここのビアガーデンが面白いのは、屋外型のビアガーデンには珍しいソファー席があること。

料金は普通席が4,500円でソファー席が5,000円とちょっと高め。

ソファー席は、大人数で座れるところや、カップルで楽しめる2人用のソファー席も完備。

また、最大で5人が座れるベッドソファー席もあるのです。

自分たちでお酒が造れるバーカウンターがあるのも嬉しいサービス。

そしてです、ここのビアガーデンが何よりも凄いのが、夜になり日が暮れてからなのです。

なんと、隣のビルの白い壁面に映像を映し出す、巨大映像ショーが始まるのです。

さらには、その壁面にお客様の要望でメッセージを映し出すことできるのです。

プロポーズや誕生日などのサプライズ演出にはピッタリですね。

予約時にその「メッセージ」を伝えれば誰でも利用することができます。

1日の7人までメッセージを受け付けてくれますが、8人目以降は映像ではなく、メッセージカードとなってしまいます。早めのご予約を。

詳しくは、お店のホームページをご覧ください。

【ルガル・ア・アモール】
http://www.lugar-ha-amor.com/

ビール2
 

3.最高の夜景を最高のロケーションで楽しめる「ルークウィズスカイラウンジ」

レストラン「ルークウィズスカイラウンジ」は東京築地にある聖路加タワーの47階にあります。

東京タワー側のテラスにするか、東京スカイツリー側のテラスにするか選択できます。

なんと、地上221mからの東京都内の絶景が楽しめるのです。しかも180度遮るものが何もない景色なのです。

当然ですが、ライトアップされた東京タワーも、東京スカイツリーも楽しむことができます。

宝石箱のような夜景に大満足間違いなしですね。

料理はステーキなど全7品、ビールとの相性抜群のシャルキュトリーやシーフード、お肉料理とビールのコラボレーションを、目の前に広がる夜景とともに楽しむことができます。

詳しくは、お店のホームページをご覧ください。

【ルークウィズスカイラウンジ】
http://www.restaurant-luke.com/restaurant/plan/special/beer-terrace6500.html

夜景1

【築地聖路加国際病院47階レストラン、ルーク、よりの素晴らしい眺望】


 
ビール3
 

まとめ

以上が、今年のおすすめ東京の極上ビアガーデンについてでした。

暑い季節のビールは、やっぱり外で飲むのが最高!

しかも、紹介したとおり、今までにないちょっと変わったシチュエーションで楽しめるのは嬉しいサービスですよね。

異空間での生ビール。

さっそくいかがででしょうか?
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学