Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

ライトゲームアジングに挑戦!ポイント探しとカウントダウン戦略とは

   

シーバスや回遊魚などの大物ではなく、カサゴ、メバル、アジ、ムラソイなど、比較的小さな魚を手軽なタックルで狙うこと総称して「ライトゲーム」といいます。
その中でも、今回はその中でも日本全国どこにでもいるアジをテーマにしてみました。
アジはどこでも釣れますし、食べてもとてもおいしい魚です。
このアジをルアーで狙う「アジング」についてまとめてみましたので参考にしてください。

スポンサードリンク

1.まずはポイントさがし

アジをルアーで釣るのが「アジング」という釣り方です。

アジングの魅力は回遊魚である為、小さい割にかなりいい引きをすること。

そして何よりも大事なのは、釣りをはじめる前です。

そのポイントにアジが好むベイト(エサ)がいるかどうか、つまりアジがいそうな条件のポイントや地形を探すことです。

甘藻などの海藻類、ブレイク(カケアガリ)、潮通しなどを考えながら、アジが回遊して来そうな場所を探します。

このポイントのリサーチがアジングに限らず、釣りの醍醐味の一つといえます。

アジングのポイント選定については、以下の動画を参考にしてください。

家邊克己メガアジ最強攻略~アジングのポイント選定

2.アジングのカウントダウン戦略とは?

アジングは何も難しいことはなく、基本的にただ巻で十分釣れる、誰でも簡単にできる釣りです。

但し、リールを巻くスピードを一定に保つことが重要。

そして、アジがいそうなレンジを探しながらリールを操作することで釣果が伸びるので、ぜひ実践していただきたいです。

まず、あたりが無いようならカウントダウンと呼ばれる戦略で、徐々に針の位置を深くしていきましょう。

【カウントダウン戦略第1段階】
表層でアタリが出ないときは5秒沈めてからリールを巻き始める。

【カウントダウン戦略第2段階】
それでもアタリが無いなら10秒沈めるという具合に底まで通すコースを変えていくこと。

この作業で、アジがいるレンジを探ります。

アジが食いつくレンジは決まっているので、アタリのある場所を見つけたらその場所を集中的に攻めましょう。

アタリがあっても乗らない時は、まずジグヘッドのグラム数を変更して動くスピードを変えてみてください。

基本は1グラムを使い、アジの活性が高ければ早く攻めることができるので1.3グラムを使い、1グラムでは食いが渋いようなら0.8グラムでよりゆっくりと引く。

このようにアジのいそうなレンジを探ることと、アジの活性に合わせてルアーの動くスピードを変化させることで、釣果が変わってきます!

以下の動画も参考にしてください。

【5月中旬・夕マズメのアジング】表層~中層で高活性のアジが釣りやすい!一般的なアジング用ワームよりも大きめの「アジングビーム3.5インチ」が大当たりで連続ヒット!

まとめ

以上が、アジをルアーで狙う「アジング」についてでした。

アジは釣り人にとってはなかなか買っては食べない魚ではありますが、ご存じの通り食べて凄く美味しい魚です!

今回紹介させていただきました、カウントダウン戦略により、どこでも釣れるし美味しい、二拍子揃ったアジングにトライしてみてはいかがでしょうか!

南蛮漬けにタタキ、ナメロウなど、晩酌の楽しみも満載ですので是非チャレンジフィッシング!

スポンサードリンク

 - スポーツ・レジャー