Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

横浜スパークリングトワイライト2017花火の穴場!混雑攻略!日程

      2017/06/03

横浜の新しい夏の風物詩といえば・・・・・そう!「横浜スパークリングトワイライト」です。
今年(2017年)の横浜スパークリングトワイライトは6回目となりました。
花火やパレードなどで毎年多いに盛り上がるイベントです。
ということで、今回は横浜スパークリングトワイライトについて、特に目玉イベント「スパークリング花火」の日程や見どころなどをご紹介します。

スポンサードリンク

 

1.横浜スパークリングトワイライト、2017年の日程は?

横浜スパークリングトワイライトは、港町横浜が会場のイベントです。

「海」に縁の深いイベントということで、毎年、海の日がある7月に開催されています。

2017年も例年通り、7月の開催が決定しました。

2017年の横浜スパークリングトワイライトの日程及び、スパークリング花火の時間はこちら。

・横浜スパークリングトワイライトの日程
2017年7月15日(土)~16日(日)の2日間、
パレードなどのイベントは11:30~20:30に行われます。

・スパークリング花火
イベント2日間両日、19:30~20:00。

【横浜スパークリングトワイライト(公式)】
http://www.y-artist.co.jp/sparkling/

花火1
 

2.トワイライト花火の見どころは?

横浜スパークリングトワイライトはイベント2日間で40万人以上が訪れる一大イベントですが、観光客の一番のお目当ては横浜港を舞台に打ち上げられる「トワイライト花火」です。

30分の打ち上げ時間で3000発、2日間で合計6000発の花火が海上に打ち上げられます。

さらに、トワイライト花火の前後(18:50~19:30、20:00~20:15)には、イルミネーションをまとった船によるジュエリーポートが開催されます。

こちらも必見!いかにも「港町・横浜」って感じです。
 
【横浜スパークリングトワイライト2015のスパークリング花火 ・ジュエリーポート】


 
花火2
 

3.トワイライト花火の有料観覧席は?

トワイライト花火には主催者による有料観覧席はありません。

有料観覧席からゆっくり花火を見たい方は、こちらをご利用ください。

【「7/15・16開催 横浜花火」約3,000発の花火が音楽と共に夜空を彩る!横浜スパークリングトワイライト2017花火観覧クルーズ】
http://www.poke.co.jp/book/calendar.php?eventid=P010162

貸し切りクルーズから花火を観覧することができます。

料金は一人12800円。

お弁当がつきます。

予約は開催日の3日前までに上記のサイトから行ってください。

予約はお早めに!

横浜1
 

4.トワイライト花火の穴場スポット

「30分の花火のために12800円は無理!」という方のために、トワイライト花火の穴場スポットをご紹介します。

トワイライト花火の打ち上げ場所は横浜みなと、山下公園の公園前海上です。

この花火を見るための穴場スポットはこちら。

・赤レンガの倉庫街
穴場というよりも定番スポットなので、混雑は避けられませんが、花火はばっちり見ることができます。
赤レンガ倉庫街へはJR/市営地下鉄の桜木町駅から徒歩で約15分、もしくは桜木町駅より市営バスに乗ってください。
みなとみらい線の方は、馬車道駅/日本大通り駅で下車、徒歩で約5分です。


 
・港の見える丘公園
横浜港を見下ろす丘にある公園です。
花火をばっちり見ることができるほか、横浜ベイブリッジも見ることができます。
デートに最適!
それほど混雑もしていません。


 
・大さん橋
山下公園の北側にある国際客船ターミナルのことです。
ここから打ち上げ場所までの間には海しかない!
視界を遮るものがないので、花火を観覧するにはもってこいの場所です。
花火の向こうにベイブリッジも見ることができます。


 
横浜2
 

5.横浜スパークリングトワイライトへのアクセス、駐車場はあるの?

横浜スパークリングトワイライトの会場には駐車場はありません。

なので、公共交通機関を利用してください。

当日は交通規制も敷かれるので、車は控えてくださいね。

横浜スパークリングトワイライトの会場へのアクセス方法はこちらです。

・みなとみらい線元町・中華街駅で下車、出口4から会場まで徒歩で3分です。

・JR根岸線関内駅で下車、南口から会場まで徒歩で20分です。

・JR根岸線石川町駅で下りたときには、中華街口から外に出てください。駅から会場までは徒歩で約15分です。

花火3
 

まとめ

以上が、横浜スパークリングトワイライトの日程やアクセスなどについてでした。

まだ始まって日の浅い横浜スパークリングトワイライト、その分、年々イベントの進化を見ることができますよね。

今年は去年よりもさらにパワーアップした花火やパレードを楽しむことができます。

まだ横浜スパークリングトワイライトに行ったことのない方はもちろん、「行ったことがあるよ」という方も、この夏はぜひ横浜スパークリングトワイライトへ!

横浜港の花火で、夏休み最初の思い出を作りましょう♪

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

 - 花火大会