Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

免疫力低下の原因が口呼吸?あいうべ体操と免疫力を高める食材で長寿

      2017/07/08

ウィルスなどの外敵や、体内で発生するがん細胞から、私たちの身体を守っているのが、免疫力。
この免疫力を整えることが、病気やがんを予防し健康に過ごす秘訣であるとして、近年、注目をあびています。
内科医の今井一彰先生は、患者自身の持つ免疫力を高める方法で、様々な病気を治療、また免疫力などに関する数多くの本を執筆し、ベストセラーを多く出している人。
今回は、今井一彰先生の話をもとに、免疫力を向上させる方法についてまとめてみました。

スポンサードリンク

 

1.朝起きた時に、のどがカラカラにかわいている人は、長生きできない?

なぜ、長生きができないのか?

というのは、朝起きた時に喉がかわいているということは、寝ている間、口で息をしているという証拠です。

人間は本来、鼻で呼吸するのが正しいのであって、それを口呼吸してしまうのは間違い

その間違った呼吸をずっと続けてしまうと免疫力が落ちてしまって、結果して長生きにつながらないのだというのです。

ではなぜ、口呼吸が免疫力を下げてしまうのか?

元々、鼻は呼吸をする器官なので、外の空気に含まれるゴミやばい菌などを、鼻毛や繊毛でこしとり、きれいな空気を体内に送る役割を果たしています。

しかし、口呼吸してしまうと、そういったゴミやばい菌などがそのまま体内に入ってしまうのです。

要するに、口や喉がかわくということは、口呼吸していることであり、免疫力を下げる原因になっているのです。

普通は寝ていて喉はかわきません。

例えば、枕元に水を用意していることはある意味異常なこと。

寝ているときに、鼻呼吸をして口を閉じていると、かわくことはないのです。

ある大学病院で、65歳以上の人に普段寝ているときに口がかわくかアンケートをとったところ、7割近くがかわくと回答したのです。

同じく、寝ているときに口がかわくか、今度は80歳以上の方にアンケートをとったところ、かわくと回答したのが3割でした。

要するに、65歳以上の口がかわく人は、80歳になるまでの間に免疫力の低下からすでに命をなくしてしまっているということ・・・。

長生きするためには口で呼吸することを心がけることが大切。

快眠2
 

2.眠っている間の口呼吸を改善させる方法は?

しかし、眠っている間は意識がありません。

一生懸命口を閉じることを意識したところで、睡眠に落ちてしまえば意識はありません。

そこで使うのが、ドラッグストアで売っているサージカルテープ

包帯とかを止めるテープです。

使い方は簡単。

唇に縦に貼るだけ。

上唇と下唇をテープで止めるイメージです。

意外に、苦しいのではと思う方がいると思いますが、テープで止めるのは口の中心部の一点だけ。

全てふさいでしまえば、それは苦しいです。っていうか危険ですね。

一点だけ抑えることが大切。

口の両脇から空気が漏れる程度でちょうどいいのです。

 
【口呼吸に困ったら、これ!睡眠時の悩みもこれで解決『スージーテープ』】


 
 

3.自分が普段口呼吸しているかどうかチェック方法は?

寝ているときもそうなのですが、普段、起きている間も知らず知らずのうちに、口呼吸になっている時があるのです。

普段、口呼吸をしてしまうタイプのチェック方法はこちら。

普段の舌の位置がどこにあるのかチェックします。

舌の先端が、下の前歯の裏側に当たっている人は口呼吸しやすい人なのです。

舌の、本来の位置は上あごにピッタリくっついている状態が正しいのです。

ちょうど、舌の先端が上の前歯の裏側に当たっていればOK。

上あごに舌がついていることで、口が開けにくくなります。

したがって、口呼吸ができないということ。
 
 

4.根本的に口呼吸を改善する方法は?

では、口呼吸を改善する方法はあるのか?

口呼吸の人は、実は口を閉じるための筋肉が弱り衰えてしまっているのです。

その筋肉を鍛えれば、改善されるのです。

その方法は「あいうべ体操」

この体操を行っている福岡市の小学校では、冬に流行するインフルエンザが9割近く減少したというのです。

これは簡単。

単純に口を大きく開き「あ」「い」「う」「べ」というだけ。

「あ」は、大きく開き、
「い」は、口角を真横にひきます。首に筋ができるように。
「う」は唇を前に突き出す。
「べ」は舌を思いっきり出して、あごの先端をなめるイメージ。

声を出す必要はありません。

これを1日30回1か月継続することで、口呼吸が改善されます。

 
【口呼吸を改善する「あいうべ体操」口腔ケアチャンネル】


 
 

5.免疫力をアップさせる食べ物は?

免疫力をアップさせるためには、ビタミンB、ビタミンE群を多く含んだアーモンドがおすすめ。

ただし、塩分を取りすぎないよう、注意が必要。

減塩タイプがよいです。

チョコレートのアーモンドでも大丈夫ですが、糖分の取りすぎには注意が必要です。

アーモンド1
 

まとめ

以上が、今井一彰先生の話をもとにした、免疫力を向上させる方法についてでした。

鼻呼吸になると、免疫力がアップするほか、小顔になったり、ほうれい線が薄くなったり、肩こりが改善したりとよいことがたくさんあります。

「あいうべ体操」是非チェレンジしてみてください。

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - ヘルスケア