Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

神奈川新聞花火大会2016穴場スポットは?日程/場所/有料観覧席

   

横浜みなとみらい21を会場に開催される神奈川新聞花火大会。
横浜みなとみらい21といえば、世界最大の時計のある大観覧車コスモクロックがあったり、横浜ランドマークタワーがあったり、あと、赤レンガ倉庫もここにあるということで、神奈川新聞花火大会は、まさに、「これぞ横浜」という雰囲気の中で楽しめる花火大会なんです。

スポンサードリンク

また、花火も見どころいっぱい!
この夏はぜひ、ここでしか見られない花火を見に横浜へ行きましょう。
ここでは、神奈川新聞花火大会の楽しみ方をご紹介します。

1.神奈川新聞花火大会の日程は?


神奈川新聞花火大会は毎年、8月の第一火曜日に開催されます。

平日固定って珍しいですよね。

まあ、土日に開催したら大変な人出になりそうですから、火曜日くらいでちょうどいいんでしょうね。

ということで、2016年の神奈川新聞花火大会の日程はこちらです。

・8月2日(火)19:00~20:00

荒天の場合は、翌日3日に順延されます。

順延については、2日正午までに発表される予定です。

花火3

2.神奈川新聞花火大会の見どころは?


神奈川新聞花火大会の花火は横浜みなとみらい21地区前面の海上から打ち上げられます。

横浜港の夜景と花火を楽しむことができ、とてもロマンチックな花火大会です。

また、神奈川新聞花火大会では約1時間の打ち上げ時間の間に15000発の花火が打ち上げられるのですが、その中でも目玉といえば直径480mの2尺玉!これは関東最大級の尺玉とのこと。

一見の価値ありですね。

神奈川新聞花火大会2013 市民の花火(尺玉連発・二尺玉付) kanagawashimbun fireworks 2013. 12inch shells/24inch shells.

そんな神奈川新聞花火大会の毎年の人出は約19万人です。

教祖祭1

3.神奈川新聞花火大会の有料観覧席は?


神奈川新聞花火大会には、2種類の有料観覧席があります。

【花火大会協賛席】
1席7200円、指定席です。
場所は、耐震バース会場と臨港パーク会場です。
残念ながら、2016年分の席はすでに売り切れになっています。

【芝生席】
芝生席の場所は、臨港パークとカップヌードルミュージアムパークです。
いずれの芝生席も料金は同じです。

・大人(高校生以上)2000円
・子供(小・中学生)500円
・小学生未満無料

芝生席は7月1日から販売されています。

芝生席のチケットはチケットぴあの窓口、サイトおよび電話、もしくはセブンイレブン、サークルKサンクスの店頭端末から購入することができます。

臨港パークとカップヌードルミュージアムパークはそれぞれ違うチケットでの入場となります。

購入する際は買い間違いのないように、気をつけてください。

芝生席には当日券もあります。

当日券は14:00から発売予定。

チケットの販売場所は、

・臨港パーク入口
・カップヌードルミュージアムパーク入口
・はまみらいウォーク

の3か所です。

ちなみに、芝生席は指定席ではありません。

よい場所で花火を見るためには場所取りが必要です。

芝生席は18:00頃から混み始めるので、場所取りをする方は、18:00より前に現地に行きましょう。

おたる花火2

4.神奈川新聞花火大会のおすすめ観覧場所・穴場スポット


まずは、打ち上げ場所である横浜みなとみらい21から。

横浜みなとみらい21内の無料一般観覧席は、

・4街区(赤レンガ側)
・20街区
・59街区
・62街区

混雑を避けて花火を楽しみたい方におすすめの観覧場所・穴場スポットはこちら。

・コットンハーバー
打ち上げ場所から近いので、花火はよく見えます。
ただ、花火大会当日は交通規制あり。
さらに、コットンハーバーに入場できるのは数百人のみです。
当日は、整理券が配布されるので、それをゲットしてください。

・高島中央公園
打ち上げ場所からそれほど離れておらず、さらに打ち上げ場所との間に高い建物がありません。
人も少ないので、穴場の観覧スポットです。

・ポートサイド公園
みなとみらい全域をほぼ一望できるので、花火もばっちり見ることができます。

・野毛山公園展望台
この場所も、みなとみらいを一望できます。

・大黒埠頭スカイウォーク臨時駐車場

花火1

5.神奈川新聞花火大会のアクセス


臨港パークとカップヌードルミュージアムパークへのアクセス方法をご紹介します。

【臨港パーク】
・みなとみらい線「みなとみらい駅」で下車、駅から会場までは徒歩で約5分です。
「新高島駅」で下車した場合には、駅から会場までは徒歩で約10分です。

・JR京浜東北・根岸線「桜木町駅」で下車、駅から会場までは徒歩で約15分です。

・JR線、京浜急行線、相模鉄道線、東急東横線、みなとみらい線、市営地下鉄線の各「横浜駅」で下車。横浜駅の東口から会場までは徒歩で約20分です。

【カップヌードルミュージアムパーク】
・みなとみらい線「みなとみらい駅」もしくは「馬車道駅」で下車、駅から会場までは徒歩で約8分です。


・JR線、市営地下鉄「桜木町駅」で下車、駅から会場までは徒歩で約12分です。

神奈川新聞花火大会には、駐車場はありません。

当日は交通規制もかかるので、車ではなく、公共交通機関を利用して行きましょう。

神奈川新聞花火大会1

まとめ


以上が、神奈川新聞花火大会の楽しみ方でした。

この夏はぜひ、神奈川新聞花火大会で、横浜の夜景と花火を満喫しましょう。

スポンサードリンク

 - 花火大会