Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

みなとこうべ海上花火大会2017穴場スポット!日程時間チケットは

      2017/07/02

神戸港を会場に開催されるみなとこうべ海上花火大会では、花火と100万ドルの夜景を一度に楽しむことができます。
夜の水面に映る花火もまたロマンチックですよね。
ここでは、みなとこうべ海上花火大会の楽しみ方をご紹介します。

スポンサードリンク

 

1.みなとこうべ海上花火大会の日程は?

2017年で第47回目となるみなとこうべ海上花火大会は、毎年8月の第1、第2土曜日のどちらかで開催されます。

今年は、第1土曜日の開催が決定しました。

ということで、2017年のみなとこうべ海上花火大会の日程は、

・第47回みなとこうべ海上花火大会
8月5日(土)19:30~20:30

雨天決行ですが、荒天のときは中止になります。

花火2
 

2.みなとこうべ海上花火大会の見どころは?

みなとこうべ海上花火大会では、1時間の打ち上げ時間で毎年約1万発の花火なのですが、今年は1万5000発と拡大し打ち上げられます。

その中には、尺玉やスターマインなどの大型花火がもりだくさん!

とても豪華な花火大会です。

また、神戸の夜景は、「100万ドルの夜景」と言われています。

100万ドルの夜景を背景に眺める花火、神戸ならではの光景です。

【第45回みなとこうべ海上花火大会(2015年8月9日)】

そんなみなとこうべ海上花火大会には、毎年25万人以上の観光客が訪れます。

おたる花火4
 

3.みなとこうべ海上花火の有料観覧席は?

みなとこうべ海上花火大会には有料観覧席があります。

有料観覧席の場所は第二突堤と第四突堤、料金や購入方法は以下の通りです。

・イス自由席:3100円

【購入方法、購入窓口】
・チケットぴあ(サイト、窓口)
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1723314&rlsCd=001&lotRlsCd=

http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1723315&rlsCd=001&lotRlsCd=

・セブンイレブン(マルチコピー機)
・ファミリーマート(Famiポート)
・ローソン(Loppi)
・神戸ポートタワー(窓口)
・神戸海洋博物館(窓口)

2017年の有料観覧席の前売り券は6月26日から販売されています。

まだ購入していない方はお早めに!

ちなみに、第二突堤の有料席から見た花火はこんな感じです。

【第44回みなとこうべ海上花火大会(20140802 )】

みなとこうべ海上花火大会には当日券もあります。

当日券の観覧場所は第二突堤と第四突堤、料金は3600円です。

前売り券よりも500円高いですね。

ただ、こちらも売り切れ必至!

購入予定の方、当日正午までには購入しておきましょう。

【第二突堤】

【第四突堤】


 
花火1
 

4.みなとこうべ海上花火大会のおすすめの観覧場所は?

みなとこうべ海上花火大会の打ち上げ場所は、神戸港(新港突堤=メリケンパーク沖合海上)です。

メリケンパーク、ハーバーランドポート、ポートアイランドの沖合です。

というわけでは、みなとこうべ海上花火大会の定番観覧場所はこちらです。

・ハーバーランド
16:45から入場規制、シートでの場所取り禁止。

・メリケンパーク
18:00から入場規制。

・新港第1突堤
第1突堤は企業協賛席(有料)なのですが、企業協賛席の入り口付近(東側)に無料エリアがあります。
19:00から入場規制。

 
上記の通り、定番の観覧場所は花火はよく見える分、人も多い!

各場所、毎年入場規制がかかります。

入場規制の時刻は目安で、この時刻よりも早くに入場規制が始まることもあります。

定番の観覧場所で花火を見たい方は、花火大会当日の午後早い時間に現地に行きましょう。

ハーバーランドで場所取りをするときは、必ず誰か一人、その場所にいること!

せっかく場所取りをしても、無人になった途端、シートは撤去されてしまいます。

場所取りや人混みが苦手な方は穴場スポットへ!

・六甲展望台
神戸港からは離れていますが、視界を遮るものがないので花火はよく見えます。
100万ドルの神戸の夜景と花火を一緒に楽しむことができます。

・ポーアイしおさい公園
ポートアイランドの西側にある公園です。
こちらが混雑しているときにはお隣、ポートアイランド北公園に行ってみてください。
ちなみに、しおさい公園から見た花火はこんな感じ。
 
 
【みなとこうべ海上花火大会 穴場スポット しおさい公園から 神戸・三ノ宮 Kobe Firework 2013年】


穴場スポットですが、十分よく見えますね。


 

・兵庫ふ頭
神戸港の南西部にあるふ頭です。
普段は貨物の積み下ろしをする場所なので、足元に注意!
汚れていたり、釘やガラスの破片などが落ちています。
地面に直接座ることはできないので、シートか折りたたみイスを持参しましょう。


 
みなとこうべ1
 

5.みなとこうべ海上花火大会へのアクセス

みなと神戸海上花火大会のメイン会場は神戸港です。

電車の方は、JR三ノ宮駅、または阪神電鉄・阪急電鉄の神戸三宮駅で下車してください。

各駅から会場(第二突堤)までは徒歩で約20分です。

みなと神戸海上花火大会には駐車場はありません。

また、花火大会当日には大規模な交通規制が敷かれます。

車は控え、公共交通機関を利用しましょう。

例年の交通規制は以下の通りです。

・ハーバーランド周辺:17:00~21:30

・兵庫埠頭:14:30~21:30

・阪神高速3号神戸線京橋IC入口閉鎖:20:00~22:00

・再度山ドライブウェイ北行:17:30~21:30

みなとこうべ2
 

まとめ

以上が、みなとこうべ会場花火大会の楽しみ方でした。

みなとこうべ会場花火大会に行くときの参考にしてください。

上記の通り、交通規制は会場周辺だけでなく、広範囲に敷かれます。

「会場からちょっと離れたコインパーキングに駐車しよう」という方、その場所も交通規制の区域内かもしれません。

交通規制の区域をしっかり確認しておいてくださいね。

スポンサードリンク

 

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 花火大会