Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

片貝まつり花火大会2017穴場スポット!日程/桟敷席/駐車場情報

      2017/07/04

1891年(明治24年)、初めての3尺玉が新潟県の片貝町で打ち上げられました。
「3尺玉発祥の地」片貝町で毎年開催されるのが、片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火!
この花火大会では、3尺玉はもちろん、世界最大の4尺玉も打ち上げられます。
4尺玉ってどれだけ大きいの( ゚Д゚)きっとすごい迫力ですよね。
ということで、今回は片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火の楽しみ方を調べてみました。

スポンサードリンク

 

1. 片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火の日程は?

片貝まつりの日程は日付固定、毎年9月9日、10日の2日間で開催されます。

2017年のカレンダーを見てみると・・・・・ちょうど週末ですね。

ということで2017年の片貝まつりの日程はこちら。

・9月9日(土)、10日(日)
19:30~22:20

雨天でも行われます。

前年の人出は20万人でした。

例年、18万人~20万人くらいとなっていますが、2017年は週末開催なので、昨年の人出よりは多くなるかもしれません。

場所取りや駐車場の確保は早めに行った方がいいかもしれませんね。

また、花火の打ち上げ時間は上記の通りですが、10日(日)は14:00に3尺玉(1発)の打ち上げがあります。

昼間の空と3尺玉なんて光景が見られるのはここだけ!

珍しい光景なので、こちらもぜひ見てみてください。

なには花火1
 

2. 片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火の見どころは?

前書きや前の項目ですでに色々書いてしまいましたが、片貝まつりの見どころといえば、なんといっても4尺玉と3尺玉!

4尺玉が開いたときの直径はなんと800m!

圧倒される大きさです。

 
【2014 9/10 片貝まつり 世界一四尺玉打ち揚げ】

4尺玉は両日とも打ち上げられます。

4尺玉の打ち上げは22:00頃です。

4尺玉も含めた片貝まつりの花火の打ち上げ数は15000発(合計)です。

また、片貝まつりは3尺玉発祥の地であり、さらに江戸時代から続く祭りということもあり、以下のような伝統行事も見ることができます。

・9日(土):3尺玉の木筒を引っ張る「伝統筒引き」
・10日(日):古式玉送り

興味のある方は、こちらもぜひ見に行ってみてください。

花火2
 

3. 片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火の有料観覧席は?

片貝まつりの有料席の料金および購入方法をご紹介します。

・桟敷席(8名):30000円

前売り券1枚で祭り2日間、桟敷席で観覧することができます。

販売期間は4月1日~7月31日、2017年分はすでに販売されているので、購入したい方はお早めに。

購入は電話・FAXで行います。

以下の電話番号に電話して購入してください。

FAXの方は、片貝まつりの公式ホームページから所定の用紙を印刷、必要事項を記入の上、下の番号に送りましょう。

【片貝町煙火協会】
TEL0258-84-3900(0258-84-7880)FAX0258-84-3902

【公式ホームページ】
http://katakaimachi-enkakyokai.info/etc_info.html#sajiki

桟敷席には当日券もあります。

価格は1人3000円。

当日券の販売は10:00~、浅原神社右手、桟敷中央入口で販売されます。

花火4
 

4. 片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火のおすすめ観覧スポットは?

片貝まつりの打ち上げ場所は、片貝町浅原神社裏手(新潟県小千谷市)です。

無料の観覧席は、
・片貝小学校グラウンド

・スポーツセンター北側、西側
・スポーツセンター南側

スポーツセンターには50台分の無料駐車場があるので、車の方におすすめです。

・浅原神社周辺

 
また、片貝まつりの花火の穴場スポットはこちらです。

・片貝バイパス
当日は交通規制のため、バイパスの片方が駐車スペースになります。
車から花火を見ることができます。

・越後製菓片貝工場
花火大会当日は、屋上が解放されます。
打ち上げ場所から離れているものの、片貝まつりの花火は大型花火ばかりなので、遠くからでもばっちり見ることができます。
ただ、駐車料金が2000円かかります。

・長岡南越路スマートIC付近の農道


 
あつぎ花火1




 

5. 片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火のアクセスは?駐車場は?

まずは公共交通機関のアクセスからご紹介します。

・JR小千谷駅から片貝経由長岡行バスに乗り二之町で下車(乗車時間約20分)。バス停から会場(浅原神社)までは徒歩で約10分。

・JR長岡駅から片貝経由小千谷行バスに乗り五ノ町で下車(乗車時間約30分)。バス停から会場までは徒歩で約10分。

車のアクセスは以下の通り。

・関越道小千谷ICで下車、会場までは車で約10分。

・関越道長岡ICで下車、会場までは車で約20分。

片貝まつりには無料・有料(2000円/1日)が3200台分用意されています。

主な駐車場はこちら。

・イオン小千谷店

・小千谷市総合体育館

・小千谷市白山球場

・西部工業団地 第一測範製作所(17:00以降)

小千谷ICで下りると、案内看板が出ているのでそれに従って駐車場に入ってください。

駐車場から会場までは有料シャトルバス(片道400円)で移動します。

駐車場の場所やシャトルバスについては、片貝まつりの公式ホームページで確認しておきましょう。

また、当日は13:00~23:00の時間帯で交通規制も敷かれます。

そちらも要確認!

交通規制図には、その他の駐車場情報も記載されています。

【片貝まつり交通情報】
http://katakaimachi-enkakyokai.info/etc_info.html#access_info

花火1
 

まとめ

以上が、片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火の楽しみ方についてでした。

4尺玉の迫力はここでしか見られません。

今年はぜひ、片貝まつり浅原神社秋季例大祭奉納大煙火へ!

車の方、無料駐車場を利用するときもシャトルバスのお金は必要なので、ご注意を。

車の乗車人数によっては、シャトルバスに乗る無料駐車場よりも会場に近い有料駐車場にとめた方がお得かもしれませんね。

各駐車場の場所はあらかじめ調べておいた方がよさそうです。

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 花火大会