Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

鴻巣花火大会2016厳選穴場スポット!日程/チケット/駐車場は?

   

花火大会といえば夏のイメージが強いですが、秋の花火大会もまたいいものですよね。
関東圏で今、最も人気のある秋の花火大会といえばこれ!埼玉県鴻巣市で開催されるこうのす花火大会です。
なんとこの花火大会、地元の商工会青年部が主催しているんですよ。

スポンサードリンク

人気の理由は東京からのアクセスのよさもありますが、それ以上に、花火大会の内容の濃さ!3尺玉、4尺玉、300連発の尺玉といった大型花火がドカドカと打ち上げられます。
豪華にして、大迫力!これはぜひとも生で見なければ!!ということで、今回は2016年で第15回を迎えるこうのす花火大会の楽しみ方をご紹介します。

1.こうのす花火大会の日程は?


今年で第15回を迎えるこうのす花火大会、2016年の日程はこちらです。

第15回こうのす花火大会
2016年10月8日(土)
花火大会の開会式は18:00~、花火の打ち上げは18:30~20:30の予定です。

小雨の場合は決行されますが、雨天の場合は翌日へ延期となる場合があるようです。

あつぎ花火1

2.こうのす花火大会の見どころは?


前書きにも書きましたが、こうのす花火大会の見どころは、世界一の4尺玉に3尺玉、そして300連発の尺玉を含むラストのスターマイン!

その名も「鳳凰乱舞」です。

すごい名前ですね。名前を見ただけでゴージャス感満載です。

【4K】2015 World Aerial Fireworks Shell こうのす花火大会 世界一 魂のラストスターマイン「鳳凰乱舞」 ギネス四尺玉、三尺玉、尺玉300連発

ちなみに、4尺玉の花火の半径は400m!

4尺玉を打ち上げることができるのは、日本一川幅が広い荒川河川敷を打ち上げ場所にしているからだそうですよ。

4尺玉はカメラを向けてもなかなか全貌をカメラにおさめることはできません。

カメラ撮影を予定している方、花火が見切れないように気を付けてくださいね。

こうのす花火大会の打ち上げ数は15000発です。

花火1

3.こうのす花火大会の有料観覧席は?


こうのす花火大会には、60万人の人が訪れます。

夏の花火大会シーズンでもなかなかこれだけのお客さんを集めることはできませんよね。

この人出を見ただけでも、このうす花火大会の人気の高さが分かります。

これだけ人気のある花火大会ですから、ゆっくり花火を見たい方は有料観覧席を用意しておくのがおすすめ!

混雑知らずで花火を楽しむことができますよ。

【こうのす花火大会の有料観覧席(前売り)】
・有料観覧席(4名):1万4040円(ブルーシート、椅子持込可)
・ペアシート席:7560円
・有料撮影席(1名):5400円
・有料自由席(1名):3780円

各有料席の場所はこうのす花火大会のホームページでご確認ください。

こうのす花火大会有料観覧席
http://kounosuhanabi.com/

前売り券の2016年の販売期間は6月2日(木)~10月7日(金)23:59までです。

すでに前売り券の販売は始まっているので、購入したい方はお早めに!

こうのす花火大会の有料観覧席の前売り券は、チケットぴあ(サイト、店舗、電話)、およびセブンイレブン・サークルKサンクスの店頭端末で購入することができます。

チケットぴあ
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1624710&rlsCd=001

また、こうのす花火大会には当日券も用意されています。

当日券は、

・有料観覧席(4名):1万5120円
・ペアシート席:8640円
・有料撮影席:5400円
・有料自由席:3780円

席によっては前売り券よりも高くなっていますね。

前売り券狙いの方がお得です。

花火2

4.こうのす花火大会の観覧スポットは?穴場は?


こうのす花火大会の打ち上げ場所は、埼玉県鴻巣市糠田1073-1糠田運動場および荒川河川敷です。

無料の観覧スポットは、

・荒川御成橋付近の荒川河川敷
(鴻巣駅西口から徒歩で約20分)

・吉見総合運動公園
(大会オフィシャル駐車場もあります)

車の方は、吉見総合運動公園がおすすめ!

ただし、とても混雑するので早めに現地入りしましょう。

15:00には駐車場を確保しておくのがおすすめです。

こうのす花火大会
http://kounosuhanabi.com/

混雑を避けて花火を楽しみたい方におすすめの穴場はこちら。

・田間宮小学校付近

・鴻巣西中学校付近

・道の駅いちごの里よしみ

多摩川花火1



5.こうのす花火大会のアクセスは?


こうのす花火大会のアクセスをご紹介します。

【電車】
・JR鴻巣駅で下車、西口から市内循環バスに乗り6分。田間宮小学校入口で下車後徒、歩で約5分。

鴻巣駅西口からでは、徒歩で約35分です。

【車】
・関越道東松山ICで下車、会場までは車で約40分。

・首都高与野ICで下車、会場までは車で約55分。

・東北道加須ICで下車、会場までは約40分。

・東北道羽生ICで下車、会場までは車で約40分。

こうのす花火大会には2000台分の駐車場(吉見総合運動公園)が用意されています。

場所は以下のとおりです。
http://kounosuhanabi.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/b9dcf34e2f820c0759f6904dc003af252016.png

駐車料金は2000円/1日です。

2000台分とはいえ、すぐに満車になってしまうので、車の方は早めに駐車場を確保してください。

吉見総合運動公園には9:30~駐車することができます。

大会当日、会場周辺では交通規制が敷かれるので、車の方は注意してください。

交通規制は16:30~の予定です。

交通規制図は以下のとおりです。
http://kounosuhanabi.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/259bcd2df18b69ec29282b2b10cc5d3b20161.png

釧路花火1

まとめ


以上が、こうのす花火大会の楽しみ方でした。

花火大会は数あれど、4尺玉を見られる花火大会はとても珍しいので、今年はぜひこうのす花火大会へ!

世界一の花火を見に行きましょう。

スポンサードリンク

 - 花火大会