Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

野生のカブトムシ捕獲採集体験ができる!安比高原の違った楽しみ方!

      2017/07/01

八幡平のすそ野に広がる大自然。
ウィンタースポーツで冬場も多くの観光客でにぎわう安比高原。
岩手県八幡平市のほぼ中央にある、安比高原は夏の魅力もいっぱいです。
家族みんなで楽しめるアトラクション。
そして地元の食材にこだわった全品グルメ。
今回は、冬のスキー・スノーボード以外に、家族旅行におすすめの情報をたっぷりお伝えします。
安比高原は国内有数のオールシーズンリゾートです。
冬は大勢のスキーヤーやスノーボーダーが訪れますが、雪のない季節にも14のレジャー施設を楽しむことができます。

スポンサードリンク

 

1.焼きたてのピザはチーズが最高

最初は安比高原牧場。

この牧場の1番の売り物は、焼き立てのピザ。

美味しさの秘密はしぼりたてのミルクで作ったチーズです。

とても濃厚なので、子供たちにも人気のメニューです。
【自家製チーズの牧場ピザ950円】

また、この牧場ではしぼりたてのミルクを使って、バターづくりが体験できるのです。

作り方は簡単。

牛乳を瓶に入れて10分間振り続けます。
【600円】

 
【安比高原 夏2015テレビCM / ジョセイジン / ♪ひまわり片想い】


 
 

2.手作りバームクーヘンが楽しめる!

また、牛乳を使ったお菓子バームクーヘン作りを体験できます。

お菓子の作り方はとっても豪快。

牛乳に小麦粉を混ぜた生地を竹の棒につけて広げていきます。

のばした生地を炭火で回しながらこんがり焼きあげるのです。

この作業を何度も繰り返して生地を重ねていきます。

手作りバームクーヘンが味わえ、最後は美味しくいただけます。
【1本2,500円】

 
詳しくは公式サイトをどうぞ。
http://www.appi.co.jp/
 
 

3.野生のカブトムシが捕獲できるぞ!

凄いのは、野生のカブトムシ採集を楽しめる体験もできます。
【1家族5,000円】

カブトムシの採集は、地元の自然学校の先生が丁寧に指導してくれます。

カブトムシトラップは2種類。

1つは、日本酒にバナナ。

もう1つは日本酒に洋ナシ。

カブトムシは夜行性の昆虫なので、夕方16時ころにトラップを仕掛けて、カブトムシをおびき寄せます。

夜にカブトムシを捕まえに行きます。

カブトムシの捕獲体験は、ホテルに宿泊する人が対象となります。

期間は、カブトムシが捕れる2016年は8月14日までです。

お早めに!

カブト1
 
【安比高原 夏2016TVCM/ジョセイジン / ♪サマーライダー】


 
 

4.夕食は準備不要なバーベキューを!

夕食でおすすめなのがバーベキューセット。

事前に予約をすれば、準備は不要です。
【料金は宿泊プランに含まれます。】

ごはん、味噌汁、野菜がおかわり自由です。

追加のメニューも充実しています。

例えば、安比高原のブランド豚、匠のプライムポーク。
【1本864円】

新感覚スイーツの焼きマシュマロもおすすめ。
【1本270円】

ソースはチョコレート味と、ベリー味があります。

バーベキュー1
 

5.組長のブナの森林浴は最高!

早朝のブナの森林浴も気持ちのよいもの。

期間は、2016年は8月21日までの期間限定。
【朝6:30~8:00で1,600円】

ブナの新芽は特に必見です。

今年はブナの実が豊作なのです。

ブナの新芽がたくさん現れるのは5年に1度。

とても珍しいとのことです。

そして、樹幹流という現象も見逃せません。

ブナには、葉に集められた雨水を根元に送り流す機能が備わっていて、まるで川のように雨水が木の幹を流れ落ちます。

樹幹流は、雨に日しか見ることはできません。

ブナ1




 

6.スカッシュができる!

また安比高原は雨に日でも本格的に楽しめる屋内レジャーも充実。

特に人気なのが、壁に小さなボールを打ち込むスカッシュ。

インストラクターがルールを丁寧に指導してくれるので、初心者でも楽しめます。
【30分利用:日帰りのお客様2,500円・ホテル宿泊者2,000円】


 

 

7.屋外レジャーはまだまだ充実!

一方、屋外レジャーでおすすめなのが、木のゆうえんち。

その名の通り木材を使って作られたアトラクションです。

トロッココースターや脱出ゲーム、ジップスライダーを楽しめるアトラクションがあります。

詳しくは公式サイトをどうぞ。
http://www.appi.co.jp/
 
 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冬場以外の安比高原の楽しみ方でした。

冬場のスキーやスノーボードも楽しめますが、夏場も存分に楽しめますね。

特に、野生のカブトムシを採集できるなんて、なかなか現代では難しいこと。

もしかしたら、クワガタムシも一緒に捕らえることができるかも!

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 観光地・世界遺産