Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

人目を気にしない生き方・方法とは?3つのポイント!原因分析と対策

      2017/06/14

「人目が気になって自分らしく振るまうことができない」「好きなこと・やりたいことがあるのに、人目が気になって一歩踏み出すことを躊躇してしまう」「人目を気にしない生き方にあこがれる」という方はいませんか?
私も人目を気にする性質で、それなのになぜか周囲からはそのように見られていないというね・・・・・私、そんなに勝手気ままにふるまっているかしら、とまたまた悩んでしまいます。
ということで、今回は私も含めて人目を気にせずに自分らしく生きていきたいという方のために、ここでは人目を気にしない生き方・方法について調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.他人の目が気になる原因は?

他人の目、つまり人目ですね、人目が気になる原因はこちら。

・気にしているのは他人ではなく、実は自分自身
ニキビやほくろ、外見のコンプレックス、性格や能力上のコンプレックス・・・・・気にしたり馬鹿にしているのは他人ではなく、実は自分自身であることが多いです。
自分が気にしていることから、「他人にも笑われている、馬鹿にされている」と思ってしまうのですね。
これは私も心当たりがあります。

・自己評価・自尊心が低い
自己評価や自尊心が低いと、他人の評価が気になってしまいがち。
また、自己評価が低いと周囲の全ての人が自分よりもすばらしい人間に思えてなりません。
そのため、人目が気になってしまいます。

・「こうでなければいけない」という思い込み
人目を気にする人は、何もクラスや会社で一番になりたいわけではありません。
「普通」でありたいのです。
この「普通」が厄介者、「普通」のチェックリストは膨大で、それを一つずつチェックするうちに「こうしなければいけない」「こうでなければいけない」という思い込みが増えていきます。
そして、自分の「普通」から漏れたところ、「普通」とは異なるところ、実はそれは「個性」なのですが、そうとはなかなか捉えられません。
そのため、自分の「こうでなければいけない」から外れた部分を他人の目から隠そうとしてしまうのです。
隠そうとすればするほど、他人の目が怖くなるもの、人目が気になります。

・「全員に好かれたい」という気持ち
嫌われたくないから他人の評価が気になる、そのために人目が気になってしまいます。
誰しも、誰かに嫌われるよりは誰からも好かれたいと思うもの、それは自然な感情ですが、往々にして世間や社会では他人とぶつかります。
このとき、「他人に好かれたい」よりも「自分の気持ちに素直になりたい、自分らしく振るまいたい」という気持ちが勝る人がいる一方で、「自分の望みを押し通して他人に嫌われるのは嫌」という人もいます。
後者の人は、他人の評価を気にするあまり、人目を気にしたりお人よしになったりします。

人目を気にしない生き方1
 

2.人目を気にしない3つの方法

では、人目を気にしない方法をご紹介します。

①全員に好かれようとしない

全員に好かれたいという気持ちは捨ててください。
全員に好かれたいというのは現実では不可能です。
だって、あなただって嫌いな人がいるでしょう?
そしてあなたが嫌っているその人はあなたが嫌っていることで何か不利益を被っているでしょうか?
おそらく、相手はあなたが自分を嫌っていることすら知らず、今日も自分の好きなように生きています。
他人に嫌われるというのはあなたが思っているほど、重大なことではありません。

②自信を持つ

自尊心が低い方、自信を持ちましょう。
と、口で言うのは簡単、言うは易く行うは難しですよね(´・ω・`)私も「自尊心が低い」と言われて、悩んでいた時期があります。
そのとき、自尊心を高めることができた方法は、

・努力して目標を達成する
ダイエットや勉強、資格や免許の取得、仕事、貯金なんでもかまいません。
努力して目標を達成してください。
このとき、自分で設定した目標よりも外からもってきた目標の方が自信になります。
たとえば、「体重-○kg」よりは「美容体重」を目標にします。
美容体重であれば、誰から見ても「すごいね」となるからです。
体重-○kgは元の体重を知っているあなたしか努力の跡が分かりませんし、100kgの体重が95kgになったところで、誰も「すごいね」とは言ってくれませんから。

・外見を整える
人目を気にするのであれば、まずは人の目に触れる外見を整えましょう。
外見を整えるだけで、自信を持って街を歩くことができますよ。

③「人にどう思われるか」より「自分はどうしたいか」を優先する。

これもまた、言うは~、ですよね(´・ω・`)これができたら苦労しません。
まずは自分一人のときから始めてみましょう。
ここにはあなた一人、誰もあなたを見ていません。
人目を気にする人はこの状況でも、「人が見たらどう思うか」を考えてしまいますが、その考えを捨ててください。
だって、誰もあなたを見ていないですから、「人が見たら」を考えるのは無意味です。
今、したいことは何ですか?
したいことを躊躇せず思い切りやってみてください。

次は、一人で外に出ます。
あなたの周囲には他人がいますが、友達や知人はいません。
誰もあなたを気にしてはいません。
人目を気にする必要のない状況、ここであなたが気にするのは法律とモラルだけ!
この二つに触れなければ、何をするのも自由です。
思い切って自分の好きなことをやってみましょう。
奇抜なファッションをしてもよいですし、女性一人で牛丼屋男性一人でパフェを食べてもよいですよ。

最後は、友達や知人の前、学校や職場で人目を気にせず自分らしく振る舞います。
とても難しいですが、あなたはこれまでの練習で「人目を気にせず自由に振舞う快感」を知ってしまいました。
一度この快感を知ってしまった以上、これまで通り我慢はできないはずです。
大丈夫、友達や知人だってあなたが思っているほど、あなたのことを気にしていませんから。
あなたが友達や知人を気にしていないように、ね。

 
【他人の評価が気になってしまう(本当の原因と解決法)とは?】


 
人目を気にしない生き方2
 

まとめ

以上が、人目を気にしない生き方や方法についてでした。

人目を全く気にしないことは不可能ですし、それはそれでまた別の問題が出てきそうですが、だからといって人目を気にし過ぎるのは辛いですよね。

人目はほどほど意識しつつ、自分らしく振るまっていきたいものです。

人目と自分の気持ちと、加減が難しいですが、あなたが楽に生きていけるバランスを見つけてくださいね。

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学