Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

亀の寿命はなぜ長い?亀は何年生きるの?ギネスの長寿記録は何歳?

      2016/09/24

「鶴は千年、亀は万年」と長寿のシンボルの一つになっている亀ですが、実際の寿命はどのくらいなのでしょうか。
気になりますよね。
我が家では鯉を飼っているのですが、これが意外と長生きで、アラサーの私が物心ついた頃にはすでに大きいのが池で泳いでいました。
あれから20数年・・・・・未だに弱る気配がありません。

スポンサードリンク


寿命をとやかく言われることのない鯉ですらこれだけ生きるのですから、亀はきっともっと生きるはず!!
ということで、今回は亀の寿命について調べてみました。
ちなみに、千年生きると言われる鶴ですが、実際の寿命は30~40年程度だそうです。
鶴で30年ということは・・・・・その10倍生きるといわれる亀ですから、これは期待できそうですね(´艸`*)

1.亀のおおよその寿命は?


亀は身体が大きいほど寿命が長く、ペットとして飼育されるような小型の亀は大型の亀に比べると寿命は短いです。

とはいえ、寿命が短いといっても平均寿命は以下の通り。

・クサガメ、ミドリガメ、ミシシッピアカミミガメなどの小型の亀
20~30年

・ウミガメ、リクガメ
30~50年

大きな亀で50年、短くても20年ですよ!!大変な長生きです。

ということで、亀を飼いたい方はお早めに!自分の余生がまだ十分残っているうちに飼い始めないと、「お前が先か、俺が先か・・・・・どちらが先にくたばるか」の寿命レースになってしまいます。

亀の寿命1


2.なぜ亀は長生きなの?


亀の寿命が長い理由は、徹底した省エネ体質にあるそうです。

・冬眠、夏眠をする。
冬眠ならヘビもしますが、夏眠をする爬虫類がいたとは・・・・・夏って爬虫類が一番生き生きする季節だと思っていたのですが、亀に関しては例外もいるみたいですね。

・代謝がおだやかでエネルギー消費量が少ない。
気温が下がると代謝を下げる(冬眠)だけでなく、水の中では長時間潜水のために呼吸や心拍数を減らし省エネモードになることができます。
一般的に、心拍数が早い動物(小動物)ほど寿命が短いと言いますよね。
亀はその反対!
呼吸や心拍数を極力少なくし省エネで生きる能力を身に付けているため、長生きすることができるのです。

そういえば、人間もせっかちさんよりものんびりしている方の方が長生きするような・・・・・私の周りだけですかね(^^;)

亀の寿命2


3.長寿記録は何歳?ギネス記録は?


上記の通り、長生きのウミガメの平均寿命は50年ですが、世界には50年をはるかに超えて生きた亀がいます。

2016年現在、生存している亀の中でも一番の長生きは、イギリス領セントヘレナ島にいるセーシェルセマルゾウガメのジョナサン。

推定年齢は183歳だそうです。

183歳って・・・・・単純計算で1833年頃から生きているということ!?

1833年って江戸時代じゃん( ゚Д゚)驚きの長寿です。

ちなみに、このセーシャルセマルゾウガメは亀の中でも特に長生きの種類で、平均で150年ほど生きるそうです。

【驚愕】日本の江戸時代から生きている183歳のカメ


また、ジョナサンよりもさらに長生きした亀が、ギネス記録にも登録されているホウシャガメのトゥイ・マリラさん。

1965年に逝去していますが、トゥイ・マリラさんが逝去した時点で188年以上生きたことは記録などから確かだということ。
(トゥイ・マリラさんは探検家ジェームズクックによって、トンガ王室に献上された亀のため、記録が残っているそうです)

私、書きながら気づかないうちに、亀をさん付けにしていますね(^^;)亀をさん付けで呼んだのは今回が初めてです。

やっぱり、ご老人は敬わなければね。

亀の寿命3


まとめ


以上が、亀の寿命と長寿の秘訣についてでした。

さすがに1万年は生きないようですが、それでも「亀は万年」に恥じない寿命でしたね。

脱帽です。

今回は亀の寿命に驚いただけでなく、亀の長寿の秘訣も勉強になりました。

やっぱり生き物、長生きのためには無理をしてはいけません。

駆けって、心拍数を上げるなんてもってのほかです。

私も亀にならって、マイペースにのんびり生きていこうと思いました。

目指せ、最後の昭和生まれ( `―´)ノ


スポンサードリンク


 - ペット