Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

イギリス料理がまずいと言われる理由とは?本当にそんなにひどいの?

      2016/09/26

「イギリスで食えるものは、イングリッシュブレックファーストくらい」が冗談なのか冗談ではないのか・・・・・イギリス料理といえば一般的に「まずい」というイメージがありますよね。
料理のうまい・まずいなんて主観だし、中にはイギリス料理をおいしいと思う人もいるはず・・・・・いやいや、少なくともイギリス人はおいしいと思って食べているはず・・・・・えっ、違うの?(´・ω・`)
ということで、今回は「イギリス料理がまずい」の真相やまずい理由について調べてみました。

スポンサードリンク


1.イギリス料理とは?どんな料理?


イギリス料理の定番といえば、「フィッシュ&チップス」、伝統料理といえば、「ローストビーフ」「ヨークシャープディング」、「ウナギのゼリー寄せ」もネット上では人気(?)ですね。

イギリス家庭料理


推理小説好きの私は「クリスマスプディングを一度食べてみたい」というのが長年の夢で・・・・・ということで、クリスマスプディングの作り方もさっそく検索。

イギリス料理:クリスマスプディング


うーん、おいしいかな(^^;)まあ、機会があれば食べてみたいです・・・・・機会があればね。

イギリス料理の特徴は、

・野菜が少ない
イギリス料理で使われる野菜の種類はとても少なく、グリンピースやキャベツ、タマネギ、ホウレンソウ、ネギ、レタス、アスパラガス、ジャガイモくらいです。
たしかに、イギリス料理といえば、皿の3分の1にグリンピースがどーん!、さらに3分の1がジャガイモ、3分の1がメインディッシュというイメージです。
でも、これはイギリスの気候がら仕方ないのかなと思います。
ちなみに、最近ではスペインやフランスから色々な種類の野菜が入ってくるようになったため、イギリス人の野菜摂取量は増えているそうです。

・味付けがない
これもよく言われますよね。
イギリスでは、食卓に出された料理に自分で味付けして食べるのが一般的だそうです。
そのため食卓には、塩コショウやオリーブオイル、ビネガー(酢)などの調味料が備えられています。
日本でいえば、七味やコショウをかける感覚でしょうか。
でも、味の肝である塩加減まで自分で調節しなきゃいけないなんて・・・・・本当に味付けされていないんですね(^^;)

・焼きすぎ、ゆですぎ
イギリス料理ではとにかく食材に火を通します。
野菜をゆでるときも、ゆで時間は30分~1時間!
こんなにゆでると、ビタミン全部、湯の中に流れ出ちゃっていますね。
味も食感もなくなっていそうです。
でも、イギリスなんて気候的にそんなに火を通さなくても腐ったりカビたりしなさそうなのに、不思議ですね。

イギリス料理がまずい1


2.イギリス料理は本当にまずい?まずいと言われる理由は?


料理のうまい・まずいは主観的な問題なので一概にはいえませんが、多くの日本人にとってはイギリス料理はまずいです。

それにしても、イギリスといえばかつては大英帝国、世界一のお金持ちの国だったのに、どうしてこれほどまでに料理文化が発達しなかったのでしょうか。

その理由はいくつかあるようです。

①ジェントルマンの質素志向
「清貧」という言葉がある通り、日本の武士もちょっと似たところがありますよね。

②フランス文化の排除
フランス革命以降、ナポレオン戦争などにより、イギリスにとってフランスは脅威となりました。
そのため、イギリス人はおいしいフランス料理の文化を排除し、自分たちはフランスとは全く反対の方向、つまり料理をまずくする方向に走っていったようです。

③プロテスタント
イギリス国教会はプロテスタント系です。
プロテスタントは、カトリックへの抗議から始まった宗派です。
贅沢なカトリックへの抗議から始まったのですから、プロテスタントの国では、料理は基本的に質素でまずいです。
ちなみに、ヨーロッパのプロテスタントとカトリックの国は以下の通り。

プロテスタント
イギリス、オランダ、ドイツ

カトリック
フランス、イタリア、スペイン

イギリスを筆頭にプロテスタント系の国は料理がおいしいというイメージのない国ばかりですね。
反対に、カトリック系は料理目当てで旅行をしたいくらいの美食の国ばかりです。

イギリス料理がまずい2


まとめ


以上が、イギリス料理はまずい!?の真相やまずい理由についてでした。

イギリス料理がまずいというのは、冗談やジョークではないようです。

そういえば、世界中の料理を食べることができる日本でも、イギリス料理ってあまりないような・・・・・パブみたいなお店はありますが。

これからイギリスに仕事や留学に行く方、心して行った方がよさそうですね。

スポンサードリンク


 - 暮らし・生活・雑学