Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

虫刺されでかゆい!でも痒み止めの薬がない!そんな時の裏技大公開!

   

蚊に刺されて痒いよ~(>_<)そうだ、こんなときにはムヒを塗ろう!・・・・・そういえば、ムヒ、切らしていたじゃん( ;∀;)ということ、ありますよね。 夏の初めや夏の終わり、ムヒをまだ買っていない、あるいは、「もう、秋だから」といってケチってムヒを買わなくなったときに限って、蚊の襲撃に遭います。 こんなとき、患部をかきむしりながら痒みがひくのを待つしかないのでしょうか。 調べてみると、意外なあいつが虫刺されに効くという情報が!! ということで、今回は虫に刺されたけど痒み止め剤がない!というときの裏技をご紹介します。

スポンサードリンク

1.虫刺されに歯磨き粉!?


虫刺されに効く意外なあいつとはなんと歯磨き粉!

歯磨き粉が痒み止め剤の代わりになるそうです。

痒み止め剤と歯磨き粉、あまり共通点のなさそうな二つですが、本当に歯磨き粉で痒みがおさまるのでしょうか。

秘密は、歯磨き粉に含まれる成分です。

歯磨き粉のスースーとした清涼感を作り出すメントールには冷却効果あり!

虫刺されの痒みや炎症をおさえてくれます。

さらに、歯茎を引き締める収れん効果は、虫刺されでは腫れを鎮める効果に!!

メントールが入ったミント系の歯磨き粉を使えば、冷却効果と収れん効果で痒みや腫れをおさえてくれるのですね。

痒み止め剤の代わりに歯磨き粉を使用するときは、虫刺されの箇所に歯磨きを塗布、そのままかわくまで放置してください。

かわいたら、こすり落とします。

必ず家にあり、旅先のホテルや旅館にもある歯磨き粉が痒み止め剤の代わりに使えるのはとても助かりますね。

虫刺されで薬が無い1

2.虫刺されに石鹸!?


虫刺されの痒みには石鹸も効果があります。

というのも、蚊に刺されたときの痒みは蚊の唾液という異物が体内に入ることで起こるアレルギー反応によるもので、痒みの原因となる蚊の唾液は酸性です。

蚊の唾液をアルカリ性の石鹸で中和することで痒みをおさえることができるのです。

また、石鹸で患部を清潔にすることで治りも早くなります。

上記のような仕組み(?)なので、アルカリ性の石鹸でなくては痒み止めの効果はありません。

肌にやさしいと人気の弱酸性の石鹸やボディソープ(ボディソープには弱酸性が多いので要注意)では痒み止めの効果がないので、昔ながらの固形石鹸を使ってください。

石鹸で虫刺されの痒みをおさせるやり方は3通り、お好きなやり方をどうぞ。

・濡らしていない石鹸を患部にこすりつける。痒みがなくなったら、石鹸を洗い流す。

・石鹸の泡を患部にのせ、しばらく放置。痒みがひいたら、洗い流す。

・石鹸液(石鹸を水で濡らし溶かしたもの)を患部に塗り、しばらく放置。痒みがひいたら、洗い流す。

虫刺されで薬が無い2

歯磨き粉や石鹸を使う以外で、痒み止め剤がないときに役立つ裏技はこちらです。

簡単に蚊の虫刺されのかゆみを消す!すごい方法

まとめ


以上が、虫に刺されたけど痒み止め剤がない!というときの裏技についてでした。

虫に刺されたとき、手元にムヒやウナがない場合は歯磨き粉の出番!ぜひお試しあれ。

私は歯磨き粉の匂いはちょっと苦手だから、石鹸の方がいいかな。

そうそう、歯磨き粉が服につくと服が白くなってしまうので、服につかないように気を付けてくださいね。

スポンサードリンク

 - 暮らし・生活・雑学