Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

生姜ダイエットの方法と注意点!効果が出ない2つのポイント!公開!

      2017/06/11

生姜ダイエットをご存じですか?
生姜といえば、冷え性を改善したり風邪や喉が痛いときに生姜湯を飲んで喉を治すというイメージが強かったのですが、ダイエット効果もあるんですね。
生姜ダイエットでは、生姜の食べ方がダイエット成功の分かれ道!
生姜ダイエットはきちんと予習してから始めた方がよいですね。
ということで、今回は生姜ダイエットのやり方や効果が出ないポイントについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.生姜ダイエットとは?

生姜ダイエットは生姜を使ったダイエットです。

生姜に含まれるショウガオールという成分がポイント!

ショウガオールには血液サラサラ、血行促進、体温を上げる効果があります。

体温が上がれば、新陳代謝や基礎代謝もUP!痩せやすい体になります。

また、生姜には体内の余分な水分や老廃物を排出するデトックス効果もあります。

むくみや便秘の解消に効果あり!ダイエットがはかどります。

生姜ダイエット1
 

2.生姜ダイエットのやり方は?ダイエット効果は?

生姜ダイエットでは生姜の食べ方がポイントです。

生姜ダイエットのやり方はこちら。

・1日10g(生)の生姜を摂取すること
10gの生姜は何回かに分けて摂取してください。
10gの目安はすりおろし生姜で小さじ1~2、生姜スライスで6枚、チューブでは6cm程度です。

・必ず加熱すること
生姜には体を温める効果があると書きましたが、これは加熱した生姜の話。
生の生姜では逆に体を冷やしてしまいます。
冷ややっこにおろし生姜をのせる、そうめんなどの薬味にしょうがを使うといった食べ方は生姜ダイエットでは×!必ず加熱してください。

ちなみに、生の生姜を食べて手足が熱くなるのは、体が温まっているからではなく、体が体温を逃がそうと末端の血管を拡張するためです。
手足は熱くなっても体の深部は冷えているということ!
冷えがとれたわけではありませんので、要注意です。

・乾燥生姜でさらにダイエット効果UP
加熱した生姜よりも乾燥生姜の方がダイエット効果は高くなります。
乾燥生姜の作り方はこちら、簡単なのでぜひ作りおきして毎日の料理やドリンクに加えてみてください。
①生の生姜を皮ごと1~2mmの薄さにスライス
②蒸し器やせいろで30分蒸す(省略可)
③1~2日天日干し

パウダーにしたいときには乾燥させた生姜をミキサーにかけてください。

 
【夏に作ろう!乾燥ショウガ。体も心もポッカポカ】

乾燥生姜なら加熱しなくてもダイエット効果を得ることができます。
加熱しなくてよいのでドリンクに入れたり、薬味やふりかけ代わりに使うことができますね。

・生姜は3時間おきにとる
生姜の体をあたためる効果は3時間持続します。
なので、3時間おきに生姜を摂取してください。

 
生姜ダイエットは、君島十和子さんや佐伯チズさんが実践しているとのこと!

美容の専門家のお二人が実践しているのですから、生姜ダイエットの効果に間違いはなさそうですね。

また、口コミでは「10日で2kg減」という方もいれば「2ヶ月でやっと3kg減」といいう方も。

生姜ダイエットはダイエット効果が出るまでにかかる期間に個人差があるみたいです。

多くの方は2週間~1ヶ月程度でやっとダイエット効果を実感できたようです。

うーん、忍耐強い方向けのダイエットなのかな。

一方で、冷え性解消など体質改善と合わせてダイエットできるというのにメリットを感じている方も多いみたいです。

生姜ダイエット2
 

3.生姜ダイエットの効果が出ない2つのポイント

生姜ダイエットの効果が出ないときは以下のポイントを確認してみてください。

・生姜でかえって食欲増進

生姜は薬味の一つというだけあって、食べ方次第では食欲が高まってしまいます。
たとえば揚げ物や油っこいおかずに生姜を添えると、さっぱりとした口当たりになって、いつもよりも多く食べれてしまいますよね。
おいしく食べることはよいことですが、これではダイエットにはなりません。
生姜ダイエットをするとき、ダイエット前よりも食べる量が減っているかどうかを確認してください。
生姜はあくまでダイエットのサポート役!食べる量が減らなければ痩せることはできません。

・生姜で体が冷えている

上記の通り、生の生姜ではダイエット効果は低いです。
生姜はよく加熱して摂取しましょう。
ホットドリンクやスープにおろし生姜を加えるという方、その食べ方では生姜は十分に加熱されていないかもしれません。
カップやお椀に生姜を加えるのではなく、お鍋に生姜を加えるか、カップやお椀に注ぐお湯の量を増やして生姜に十分に熱が加わるようにしましょう。
あらかじめ電子レンジなどで生姜を温めておくのもおすすめです。

 
また、生姜ダイエットに挑戦するときには以下の点に注意してください。

・生姜のとりすぎは腹痛や下痢を引き起こすことがあります。
1日10gの摂取量を守ってください。
また、胃腸の弱い方は自身の体調と相談しながら生姜を摂取してください。

・乾燥生姜ではカラカラになるまで十分に乾燥させてください。
水分が残った状態だと、腐ったりカビることがあります。

生姜ダイエット3
 

まとめ

以上が、生姜ダイエットのやり方や効果が出ない2つのポイントでした。

上記の通り、生姜ダイエットは基本的に生姜を食べるだけ!

なので、高いダイエット効果は期待できません。

生姜はダイエットのサポート役、もしくは青汁やスムージーのように毎日の健康習慣の一つ程度の感覚で実践するのがよさそうです。

運動や食事制限など他のダイエットと組み合わせるとダイエット効果を早く実感できそうですね。

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - ダイエット