Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

岩盤浴ダイエットの成功のカギ!方法と効果が出ない3つのポイント!

      2016/11/01

岩盤浴ダイエットをご存じでしょうか。
私も時々岩盤浴をしますが、ダイエットを意識したことがありませんでした。
岩盤浴ダイエットでは、入り方や入浴時間によってダイエット効果に差が出るとのこと。
岩盤浴に行くときのために勉強しておいた方がよさそうですね。
ということで、今回は岩盤浴ダイエットや効果が出ないときにチェックしたいポイントについて調べてみました。

スポンサードリンク


1.岩盤浴ダイエットとは?


岩盤浴ダイエットとは、岩盤浴を利用したダイエットのこと。

岩盤浴では天然鉱物の床の上に横になります。

「浴」とはついていますが、湯船につかるわけではないので、どちらかというとサウナに近いですね。

岩盤浴では温度や湿度に加えて天然鉱物から出る遠赤外線やマイナスイオンによって大量の汗をかくことができます。

むくみ解消やデトックス効果、さらに冷え性も解消できます。

体内の不要な水分や老廃物を排出することができるのでダイエット効果抜群です。

また、大量の発汗によって体温上昇、代謝もアップします。

痩せやすい体質になることができますよ。

ちなみに、岩盤浴の温度は約40度、湿度は60~80%程度です。

これは蒸し暑い!

湯船につかる温泉よりも汗をかきそうですね。

岩盤浴ダイエット1


2.岩盤浴ダイエットのやり方は?ダイエット効果は?


岩盤浴ダイエットでは、入浴方法や入浴時間が成功の鍵です。

岩盤浴ダイエットのやり方はこちら。

①岩盤浴に入ったら、まずは仰向けで10分間。
②10分経ったら、次はうつ伏せで10分間。
③外に出て、5分休憩。水分補給。


①~③の25分をワンセットとして、体調に気を付けながら繰り返してください。

岩盤浴では大量の汗をかくので、入浴前と入浴後、さらに休憩時間にはしっかり水分補給をすること!

汗と一緒にミネラル分も排出されてしまうので、スポーツドリンクがおすすめです。

のぼせそうになったら、すぐに岩盤浴を中止してください。

岩盤浴の頻度は週に2~3回が目安、岩盤浴による発汗作用や代謝アップは一時的な効果なので、岩盤浴の頻度が少ないと期待したようなダイエット効果を得ることができません。

なるべくこまめに岩盤浴に通うようにしてください。

岩盤浴ダイエット2
岩盤浴ダイエットのダイエット効果は口コミによると「3ヶ月で-6kg」や「1.5kg痩せた」という感じ、どんどん体重が落ちていくという感じではありませんが、運動や食事制限なしでこれだけのダイエット効果があるのならうれしいですよね。

ただ、岩盤浴ダイエットはお金がかかるのが難点、続けるうちに、いちいち通うのも面倒くさくなりそうです。

自宅近くや会社の近くなど通いやすい岩盤浴があると、長続きしそうですね。



【岩盤浴】ダイエット生活1日目




3.岩盤浴ダイエット効果が出ない3つのポイント


岩盤浴ダイエットで効果が出ないときには以下の点をチェックしてみてください。

①食べすぎ


岩盤浴ダイエットでは代謝アップの効果もありますが、代謝が上がった分よりも食事の量が増えればやせることはできません。
岩盤浴ダイエットをしているのに体重が落ちないというときは、食事内容を見直してみてください。
特に岩盤浴の後のビール!おいしいですよね。
おいしいのはよく分かりますが、それこそが太る元!なるべく控えてくださいね。

②岩盤浴の頻度が少ない


岩盤浴による発汗や代謝アップは一時的なものです。
なので、岩盤浴の頻度が少ないとやせることはできません。

③体が温まる前に出てしまう


岩盤浴ダイエットでは、体を芯から温めることが大切です。
入浴時間が短すぎると発汗作用や代謝アップ効果を得ることができません。
入浴時間を見直してみてください。



また、岩盤浴ダイエットをするときは以下の点に注意しましょう。

・脱水症状になりやすい!
水分補給はこまめにすること

・心臓病や高血圧などの疾患がある方は岩盤浴ダイエットは×

・のぼせる前に外に出ること

・岩盤浴に入る前や出た後のアルコールの摂取は×!
ビールを飲みたい方は、岩盤浴から出た後(入る前は絶対にだめですよ)、スポーツドリンクなどで水分補給をしたうえでビールを飲んでください。


岩盤浴ダイエット3


まとめ


以上が、岩盤浴ダイエットや効果が出ない3つのポイントについてでした。

岩盤浴ダイエットを試したいときの参考にしてください。

岩盤浴ダイエットでは、水分補給が何よりも大切です。

水でもよいですがミネラルや塩分の入ったスポーツドリンクがおすすめです。

汗をかいた分、しっかり水分をとって、脱水症状やのぼせるのを防ぎましょう。

スポンサードリンク


 - ダイエット