Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

レガシーとは何?意味は?何語?車の名前でレガシーがあるけど同じ?

      2017/06/10

東京オリンピックの影響なのかな、「レガシー」という言葉を最近よく耳にします。
レガシーといえば、スバルの車にもこの名前がついていますよね。
よく耳にするものの、これまでレガシーの意味を調べたことはありませんでした。
レガシーって何・・・・・ということで、今回はレガシーの意味や車名由来などについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.レガシーの意味は?

「レガシー」は英語です。

スペルは「legacy」、意味は「遺産・財産・遺物」だそうです。

へえ、そうだったんだ( ..)φメモメモ

レガシーには、ものとしての遺産だけでなく、業績や仕組みも含まれるそうです。

たとえば、レガシーシステムといえば「先人が作り上げたシステム」という意味の他に「古いシステム」という意味もあり、この場合は「今となればレガシーシステム」というような使われ方で「時代おくれのもの」という意味になります。

なるほど、「+」の遺産だけでなく「-」の遺産も含まれるわけですね。

ちなみに、「レガシーコスト」はそのまんま、「負の遺産」という意味です。

最近、テレビや新聞のニュースでよく目にする「東京オリンピックレガシー」とは「東京オリンピックで未来への遺産を残そう」という意味のようです。

万博の太陽の塔や前回の東京オリンピックの国立競技場みたいなものを今度の東京オリンピックでも作りたいということなのかな、それともオリンピック精神のような目に見えない遺産の話?

よく分かりませんが、何ができるのか楽しみですね。

レガシーとは何1
 

2.スバルのレガシー、車名の由来は?

レガシーといえば、真っ先にスバルの車「LEGACY」を思い浮かべる方もいるのでは?

LEGACYの車名には、「遺産(財産)となる車になるように」という願いが込められているそうです。

LEGACY、高そうですものね。

また、初代LEGACYは1989年、スバルのレオーネの上級車種として発売されました。

そのため、初代LEGACYにはスバルのお家芸ともいえる水平対向エンジンや乗用4WDシステムが搭載されており、「これまで培ってきた技術を受け継ぐ」という意味でも「LEGACY」という車名に決まったようです。

 
【初代レガシィ 紹介動画】


 
レガシーとは何2
 

まとめ

以上が、レガシーの意味や車名由来などについてでした。

東京オリンピックレガシー、何ができるのか楽しみですね。

国立競技場は行ったことがなかったので、今度の東京オリンピックに「これぞレガシー!!」なんてものができたら、行ってみたいなと思いました。

スバルのLEGACY、へんてこな名前の多い日本の車の中では、比較的まともというか、「ああ、なるほどね」と納得できる名前ですね。

これなら、アメリカ人にも笑われない!

いや、やっぱりおかしいのかな?

日本で「ISAN」なんて車が発売されるようなものか・・・・・うーん、どうなんでしょう。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学