Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

ぬか喜びとは?意味や語源を辞書よりわかり易く解説!ぬかって何??

      2017/06/10

「ぬか喜び」という言葉がありますよね。
意味もなんとなくわかりますが、どうして「ぬか」なの?と不思議に思います。
こうじじゃだめなの?と。
はい、私はぬか漬けよりもこうじ漬けの方が好きです。
ということで、今回はぬか喜びとは?意味や語源などについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.ぬか喜びの意味は?

「ぬか喜び」を広辞苑で引いてみると、「ぬか喜び:あてがはずれてよろこびが無駄になること。また、そのようなつかの間の喜び」とのこと、「小糠祝い」ともいうそうです。

へえ、この小糠祝いという言葉は初めて知った( ..)φメモメモ

ぬか喜びには大きく分けて二つのシチュエーションがあります。

①全くの勘違いで喜んでしまったとき。最初から喜ぶ理由なんてないのに喜んでしまったとき。

例)大学の合格発表、自分の受験番号を勘違いしてぬか喜びしてしまった。

②当てが外れてしまい喜びが一瞬で消えてしまうとき。

例)台風で休校だと思ったのに、一晩で台風が過ぎてしまいぬか喜びだった。

どちらの場合でも、「一瞬の」「すぐに消えてしまう」「はかない」喜びであることがポイントです。

「あいつをだましてぬか喜びさせてやろうぜ」や「ぬか喜びにならぬよう、入学手続きは早めにしておこう」というような使い方をすることもあります。

 
【予行練習だ】FC町田ゼルビア 逆転優勝!を成し遂げたかと思った瞬間(2015.11.23AC長野パルセイロ戦)【ぬか喜びともいう】


 
ぬか喜びとは1
 

2.ぬか喜びの「ぬか」って何のこと?

ぬかは漢字で「糠」と書きます。

ぬかとは玄米を精米するときに生じる種皮や胚芽の粉末のこと、ぬか漬けやタケノコを茹でるときに使いますよね。

またお米を研ぐとき、「水が透明になるまで研ぐ」といいますが、このとき水を白濁させるのがぬかです。

とはいっても、最近の市販のお米を研いで出てくるのはぬかではなく、デンプンらしいですが。

精米技術が進歩したため、精米したお米にはぬかが残っていないのですね。

なので、市販のお米を研ぐときは昔のように何度も水をかえる必要はありません。

話が逸れました(;´・ω・)

玄米を精米したときに生じたぬかはその形状から、近世頃から「細かい」「ちっぽけな」という意味で用いられるようになり、さらに「ちっぽけな」から派生し「はかない」「頼りない」という意味も付け加えられ、ぬか喜び=はかない喜びとなりました。

また、ぬか喜びの語源は「ぬかに釘」からきているという説もあります。

ぬか喜びとは2
 

まとめ

以上が、ぬか喜びの意味や語源についてでした。

ぬか喜び・・・・・できればあまりしたくないですね。

一旦持ち上げられて一気に落とされるというのがね、落差が激しい分、ただ落ち込むだけよりもがっかりしてしまいます。

注意散漫な性格なので、ぬか喜びしてしまわないように、気を付けないと・・・・・宝くじ、受験番号の類は「万歳」と叫ぶ前に数字を3回は見直すことにします。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学