Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

もんじゃ焼きの発祥地は?由来や語源も歴史とあわせて解説します!!

      2017/06/09

東京にはおいしいものが色々ありますが、東京の下町といえばこれ!「もんじゃ焼き」ですよね。
このもんじゃ焼き、お好み焼きの一種のような、違うような、なんとも不思議な食べ物です。
このもんじゃ焼き、一体どのようにして生まれたの!?
ということで、今回はもんじゃ焼きの発祥地や由来、「もんじゃ」の語源などについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.もんじゃ焼きは東京下町生まれ!

もんじゃ焼きの発祥地は東京の下町「月島」と言われています。

江戸時代末期から明治のころ、下町の子供たちが出汁でといた生地で熱した鉄板に文字を書いて遊びながら食べていたのがもんじゃ焼きの始まり、もんじゃ焼きの「もんじゃ」は「文字」からきているそうです(文字焼き→もんじゃ焼き)

また、もっと遡れば、約450年前の安土桃山時代、千利休が作った「麩の焼き」がお好み焼きやもんじゃ焼きの始まりといわれています。

その後、明治になると月島の駄菓子屋さんが店の奥に鉄板を置き、小麦粉と出汁で作った生地を薄く焼きしょうゆや蜜を塗ったものを売り始めます。

これは、もんじゃ焼きというよりもお好み焼きに近いですね。

明治から大正にかけての洋食ブームでは、しょうゆの代わりにウスターソースを塗るようになりました。

いわゆる一銭洋食です。

昭和、戦後となるにつれて、一銭洋食も次第に豪華になっていきます。

キャベツやあげ玉、海鮮、明太、チーズなどの具材が入るようになり、現在のもんじゃ焼きが完成しました。

もんじゃ焼き発祥地1
 

2.味や作り方は昔と現在は違うの?

戦前のもんじゃ焼きは現在のようなもんじゃ焼きではなく、一銭洋食です。

薄くクレープ状に焼いた生地にねぎやソース、しょうゆを塗り、半分に折って子供たちに食べさせていました。

現在でもお祭りの屋台で見かけることがありますよね。

キャベツや揚げ玉が入るようになったのは昭和30年頃から、さらに豚肉やイカなどの海鮮を具材に使うようになったのは昭和40年頃からです。

この頃になると、もんじゃ焼きは駄菓子屋さんで買って食べるものではなく、もんじゃ焼き屋さんやお好み焼き屋さんで食べるもの、子供のおやつではなく食事に変化していきます(現在でも昔ながらのもんじゃ焼きを提供している駄菓子屋さんが東京の下町には残っているそうです)。

また、もんじゃ焼き屋さんでは客が自ら焼いて食べるというスタイルが始まりました。

 
【もんじゃ焼き作り方三軒茶屋むてっぽう】

【一銭焼き】

もんじゃ焼き発祥地2
 

まとめ

以上が、もんじゃ焼きの発祥地や由来などについてでした。

もんじゃ焼きは歴史の中でどんどん変化して今の形になったのですね。

この、時代に合わせるという高い順応性は庶民の味だからこそ!なのかなと思いました。

そして、もんじゃ焼きのへら、あれ火傷しません?

私の食べ方が下手だから?

上手な食べ方があったら、教えてください( ;∀;)

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学