Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

「しんどい」の語源や由来は?方言?標準語?どの程度の疲れ?調査!

      2017/06/09

「しんどい、あーしんどい」、気づくと「しんどい」を一日に何度も口にしています。
あとは「たいぎい」、「めんどい」「だるい」・・・・・極めつけが「あとでやる」です。
だめだ、こりゃ(^^;)
この「しんどい」ですが、最近ではテレビでも耳にすることが多くなりましたが、元々は方言です。私は昔から使っているけどなあ、どこらへんの方言なんだろう。
ということで今回は「しんどい」の語源や「しんどい」を使う地域などについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.「しんどい」の語源は?

「しんどい」は「骨が折れる・つらい・くたびれる・大儀だ・難儀だ」という意味で、標準語でいう「疲れた」が「しんどい」です。

肉体的疲労だけでなく、精神的疲労にも使います。

例)
「最近、色々としんどくて」
「彼と付き合うのがもうしんどい、別れたい」

さらに、「しんどい」は「しんどい仕事」「しんどい状況」というように、主語(人)の気持ちを表すだけでなく物事の性質や状態を説明する使い方も!

この場合は「厳しい」「きつい」という意味になりますね。

「しんどい」は「心労・辛労(しんろう)」が語源といわれています。

「心労(しんろう)」に「い」をつけて形容詞化、「しんろうい・しんろい」では発音しにくいので「しんどい」というようになったのでしょう。

名詞に「い」をつけて形容詞にするのは、「大儀+い→たいいぎい」や「面倒+い→めんどい」と同じです。

いや、めんどいはもしかしたら「面倒臭い」を短くした言い方?

調べるのが面倒なので(こら!)

この話はまた今度(;´・ω・)

しんどい1
 

2.「しんどい」はどの土地で使われる言葉?標準語なの?

「しんどい」は元々、京阪神地方の方言ですが、最近ではテレビでもよく聞きますよね。

「しんどい」は全国的に使われるようになりました。

「しんどい」と「疲れた」ではまた少し、疲労のニュアンスが違う気もします。

疲れた際に使う方言には、「しんどい」の他に「だるい」「えらい」「きつい」「こわい」などがありますが、Jタウンネットの調査によると、疲れた際に言う言葉について、アンケート回答者のうち、

・「えらい」を使う人が37.8%
・しんどい25.7%
・だるい11.9%

さらに、地域別では、

・だるい:群馬県
・しんどい:京阪神、四国
・えらい:中国、四国(香川)
・きつい:九州
・こわい:北海道、南東北、栃木、茨城

「しんどい」「だるい」の方がよく使われる気がしますが、「えらい」勢が多いんですね。

ちょっと意外。

たしかに「えらい」も使うけど、どちらかというと、「えらい」という言葉は「あそこの嫁さんはえらい」「あんた、えらいなあ」という皮肉・嫌味で使うことの方が多いかな(^^;)

しんどい2
 

3.「しんどい」ってどの程度の疲れ?

「しんどい」のしんどさ(疲労度)は幅広い、「久しぶりに階段のぼったら、しんどいわあ」というような軽い・一時的な肉体の疲労に使うこともありますし、「もうむり、もうしんどい、会社やめたい」というけっこう深刻な状況で使用することもあります。

また「だるい」は疲れややる気がないために体に力が入らない・指一本動かしたくないというときに使いますが、「しんどい」は息が切れている感じ、疲れやストレスによる「無気力」をあらわす言葉ではない気がします。

違うかな?

しんどい3
 

まとめ

以上が、「しんどい」の語源や「しんどい」を使う地域などについてでした。

「しんどい」が口癖になっていますが、これではだめですね。

「しんどい」を口にするたびに、運気が逃げていっている気がします。

もっと前向きな言葉を口癖にしなきゃ!

前向きな・・・・・前向きな言葉の方言ってなかなか思いつきませんね(^^;)

「がんばろう」とか「張り切って」とかではしっくりこないし・・・・・あれ、いつも何て言っているっけ?

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学