Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

二枚目や三枚目って何?二枚目俳優とか意味は?歴史を紐解き解説!

   

「二枚目」と聞いて、「イケメン」とイメージできる人はかなりの年配者ではないでしょうか?
現代の若い人たちの大半は、「何?」となるでしょうね。
言葉というものは、時代時代で変化していくのが当たり前。
中には、なかなか受け入れることを嫌がる方もいらっしゃると思いますが・・・。
でも、平安時代の言葉や、江戸時代の言葉を現代も使っているかといえば、やはりそういうわけにはいきません。
そこで、今回は江戸時代から割と最近まで使用されていた「二枚目」や「三枚目」といった言葉の意味や由来についてまとめてみました。

スポンサードリンク

1.二枚目とは?その意味や由来は?俳優が関係あるの?


「イケメン」とはルックスのいい男子のことをいいます。

つい最近の言葉と思いきや、1999年に当時のギャル系雑誌で「イケてるメンズ」という言葉が載ったのが最初だというのです。

「イケメン」ですら15年以上も前からの言葉となると、同義語のハンサムや美男子などは、すでに消滅してしまったかもしれないですね。

江戸時代から使われてきた「二枚目」「二枚目俳優」という言葉を聞いてピンとくる人は少ないわけです。

日本では、古くから色男のことを「二枚目」と呼んでしました。

では、なぜ二枚目と呼ぶのでしょうか。

枚数で数えるのはどうしてなのでしょうか。

理由は歌舞伎役者の看板の並びに順に由来しているのです。

当時、芝居が始まると劇場の入口に、出演する役者の看板が並べられました。

この並び順がポイントなのです。

人気はあるが主役とは限らない役者、芝居の中で、色恋をうまく演じる色男役者の看板が2番目に並べられたのです。

ですから、その2番目の彼らを「二枚目」と呼んだのが始まりなのです。

二枚目三枚目

2.二枚目があるなら一枚目や三枚目もあるの?


ちなみに、3番目に並ぶのが、物語を賑やかに盛り上げる道化役です。

芝居は、当然ですが、かっこいい役者だけではなりたちません。

ストーリーに緩急をつけるためにも、笑いも必要なのは当然のことです。

芝居の上では道化役も極めて重要な役回りですね。

ですから、順番の若い「三枚目」に道化役が並んだのです。

それでは、色男や道化役よりも、先に並べられる「一枚目」は、誰なのでしょうか。

当然、物語を作る上でもっとも重要な主役が最初に来るわけです。

ちなみに看板は8枚並べられ、最後の8番目には、一座の座長が並べられました。

1枚目=主役…主役。「一枚看板」という用法もあります。
2枚目=色男…優男・色事担当。
3枚目=道化…お笑い担当。
4枚目=中軸…中堅役者・まとめ役。
5枚目=敵役…一般的な敵役。
6枚目=実敵…憎めない善要素のある敵役。
7枚目=実悪…巨悪・ラスボス・全ての悪事の黒幕。
8枚目=座長…元締め。

歌舞伎 【長唄・着到】 儀礼囃子

まとめ


以上が二枚目の意味や由来についてでした。

江戸時代は、当然ですがテレビやインターネットもない時代です。

劇場前に並べられる看板は、極めて重要な宣伝材料だったのですね。

演目と看板の並び順で、どの役を誰が演じるのかが観客にはある程度想像がつき、その演目を観るかどうかを判断していたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 暮らし・生活・雑学