Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

映画を紹介!私の好きな名作を紹介!ターミネーター!

      2017/09/11

自分は、結構映画が大好きで、様々な映画を鑑賞しています。
その中でも、名作映画をご紹介させていただきたいと思います。
まず、今回は「ターミネーター」です。
 

スポンサードリンク

 

1.もしこの役に出会わなかったら

もしアーノルド・シュワルツェネッガーがターミネーター役に出会わなかったら、彼の人生はどう変わっていたのでしょうか。

この映画を見直すたび、私はそんなことを考えます。

「ターミネーター」に主演する前の彼は「鋼鉄の男」や「コナン・ザ・グレート」で異様な筋肉を虚しく誇示する「キワモノ的な存在」にすぎませんでした。

そんな彼の「存在」を、怪人や野獣の方角に向かわせず、むしろ「物体」に近づけてしまいました。

この着想は、監督ジェームズ・キャメロノの勝利というべきでしょう。
 
 

2.ストーリー

ターミネーターは「未来から来た人を抹消するサイボーグ」です。

くわしくいうと、彼は2029年から1984年へとタイムスリップしてきたのです。

その間には1997年の核の戦争があります。

地球は消滅しかけ、機械が天下をとりました。

しかし人間の反乱もしぶといく食い下がります。

機械は焦りました。

反乱軍の指導者を生ませるな!そのためには、未来の母サラ・コナーを消すしかない。

というわけで、ターミネーターはロサンゼルスへやってきました。

一方、反乱軍の指導者も、母を守るべくひとりの戦士を送り込みます。

その戦士が指導者の父親になるのだから話はややこしいのですが、この辺の逆説は流してもよいではないですか。

ここはやはり、刷り込まれたコード(指令)に従って無表情に人の抹消を繰り返すサイボーグの悪夢に身を浸そうではないですか。


 
 

最後に

激しいオーストリア訛とひどい髪型がこんなに恐ろしく感じられる悪役は、まずほかにいないでしょう。

とにかく、それほどのスターではなかった、アーノルド・シュワルツェネッガーを大スターにのし上がるきっかけとなった作品です。

冷酷な人類抹消機械を演じる、アーノルド・シュワルツェネッガーの演技はなかなかのものだったと思います。

1984年のアメリカとイギリスとの合作の映画です。

脚本と監督をお馴染みのジェームズ・キャメロンがこなしています。

もともと、素晴らしい映画製作で知られるジェームズ・キャメロンの作品の中でも代表作ではないでしょうかね。

ぜひ、DVDかブルーレイを購入して楽しんでみてください。
 

スポンサードリンク

 

Pocket
LINEで送る

 - 映画