Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

犬がしっぽを振るのに吠えるのはなぜ?犬の尻尾振りや吠える感情は?

      2017/06/06

「しっぽを見れば犬の気持ちが分かる」そうですが、私にはさっぱり(;´・ω・)
犬がしっぽを振っているのを見て、「喜んでいる!」と思って近づくと、ものすごい険相で吠えられるなんてことも(´・ω・`)
もしかして、犬がしっぽを振る=喜んでいる、テンションが上がっているは間違い?
ということで、今回は、犬がしっぽを振る理由や吠える理由、さらに、無駄吠えのしつけ方法などについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.犬がしっぽを振るサインは?感情や意味は?

犬がしっぽを振るのは良くも悪くも、テンションが上がっている・感情が高ぶっているときです。

なので、嬉しい!楽しい!!というときももちろんしっぽを振りますが、反対に警戒・緊張・不安という感情に襲われているときも犬はしっぽを振ります。

このとき、こちらが「喜んでいる」と誤解して犬に近づくと、吠えられてしまいます。
(;´・ω・)

同じしっぽを振るでも嬉しいときと警戒しているときでは犬の様子は違います。

・大きく、勢いよくしっぽを振る→興奮している、うれしい!!テンションが高くなればなるほど、しっぽの振りは大きく早くなります。

・しっぽとピーンと立てる→緊張している

・耳を伏せ、しっぽを振る→警戒している

・しっぽの毛を逆立て、しっぽを高い位置で振っている→攻撃するぞ!!

 
【犬の気持ち 尻尾 警戒と嬉しい時】


 
犬がしっぽを振るのに吠える1
 

2.犬がほえる感情や意味は?

犬がほえるときの感情も様々、吠え声や表情から犬の気持ちを理解してあげましょう。

・低い声で吠える、低くうなる(鼻にしわを寄せ、歯を見せるなども)→威嚇

・1、2回大きい声で吠える→要求吠え、おねだり「遊んで!散歩!お腹すいた、ワン」

・あくびのような声→好意、甘えている、テンションが上がっている

また、縄張り争いやストレスから吠えることもあります。

犬がしっぽを振るのに吠える2
 

3.総合的にしっぽを振って吠える意味は?

しっぽを振って吠えるというのは、しっぽを振るだけでは足りない!気持ちがおさまらないというときです。

とても興奮しているということですね。

ただ、ここでも注意しなければいけないのは、興奮=嬉しい!楽しい!ではないこと。

しっぽを振って吠えるときの犬の気持ちはこんな感じ。

・テンションMAX!
とっても嬉しい、楽しい!
このとき、犬はしっぽがちぎれそうなほど、勢いよく振ります。

・警戒MAX!
それ以上、近づくと攻撃するぞ!
と同時に、吠えて飼い主さんや仲間に危険を知らせます。
しっぽや吠え声以外でも、歯をむき出しにする・鼻にしわを寄せ険しい表情をするなどして、相手に「近づくな」というサインを出すことも。
このときは、犬にそれ以上近づいてはだめ!
そっと離れましょう。

・おねだり、甘え、要求吠え
このとき、しっぽの振り方も吠え方も、ゆったりリラックスしています。
「飼い主さん、あそぼーよー」という感じ、犬がこのようなリラックスした甘えん坊の表情・仕草を見せるのは飼い主や家族だけです。

犬がしっぽを振るのに吠える3
 

4.無駄吠えの対策!しつけ方法

飼い犬の無駄吠えに困っている方は多いそうです。

私は、近所の無駄吠えする犬に困っています(;´・ω・)

いつも吠えられてしまい・・・・・「私、君に何かしたっけ?」と思うのですが、まあ、仕方ありません。

というわけで(?)無駄吠えの対策やしつけ方法についてご紹介します。

まず、無駄吠えの原因ですが、これは犬によって様々。

・欲求不満(お腹が空いた、散歩に連れていけ)
・ストレス(散歩に行きたいよ~、走り回りたいよ~)
・分離不安、スキンシップ不足(僕を置いていかないで)
・恐怖、不安、自己防衛(来客、インターフォンの音、雷など)
・縄張り意識、縄張り争い

無駄吠えをやめさせたいときには、まずは無駄吠えの原因を突き止めることが大切です。

室内飼いやスキンシップ不足のストレスから無駄吠えをしている場合は、散歩に連れて行ったり、遊んだりしてスキンシップの時間を増やすことで、無駄吠えをやめさせることができます。

また、特定の音や来客に対して無駄吠えをするときには、それを回避すること(来客が来たらケージに入れるなど)で無駄吠えをやめさせることができます。

その他、無駄吠えのしつけ方法はこちら。

・要求吠え(遊んで、おやつちょうだい、かまって)に対しては、要求に応じない、無視すること。
要求に応じると、犬は「吠える=要求がかなう」と学習し、よりいっそう吠えるようになります。犬が要求吠えをしても、要求に応じないことが大切です。

・吠えそうなときには「おすわり」や「伏せ」。
吠える前に飼い主から別の命令を出すことで、無駄吠えを防ぐことができます。
特に「伏せ」は効果的!伏せる姿勢では大きな声が出せないし、犬にとっては伏せの姿勢には興奮を鎮める効果があります。

・無駄吠えをしなかったらほめること!
伏せの後、無駄吠えをしなかったら思いっきりほめてあげてくださいね。
「吠えない→ほめられる」と学習することで、犬は無駄吠えをしなくなります。

 
【犬の無駄吠えを防止するしつけ方法】


 
犬がしっぽを振るのに吠える4
 

まとめ

以上が、犬がしっぽを振りながら吠える意味や無駄吠えのしつけ方法などについてでした。

犬ってしっぽや吠える以外でも、いろんなサインや表情を出しているのですね。

「近づいていいのかな?それとも警戒されているのかな?」と迷ったときには、しっぽの振り方に合わせて、犬の表情にも気を付けて見てみてください。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

 - ペット