Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

トリュフの日本の産地は?トリュフの栽培方法は?人工栽培できるの?

      2017/06/05

トリュフはお好きですか?
好きか嫌いか分かるほど、味わって食べたことがないって?
実は、私もそうです(笑)
かんなで削ったような、うっすいトリュフを食べたことがあるようなないような・・・・・いつか、トリュフをきちんと味わって食べてみたいですね。
ということで、私がトリュフをお腹いっぱい食べられる日が来るかどうかを占うために、今回は日本のトリュフ事情について調べてみました。
トリュフの産地はフランスやイタリアだけだと思っていたでしょう?実は、日本でも見つけることができるそうです。

スポンサードリンク

 

1.トリュフとは?

トリュフとは、まあ、見て分かる通りキノコです。

フランス料理やイタリア料理の高級食材として有名ですね。

「黒いダイヤ」ともいわれ、キャビア・フォアグラとともに世界三大珍味の一つに・・・・・って、(コレステロールの塊の)肝や魚卵に肩を並べるキノコってすごいですね。

そんなにおいしいのかな、トリュフって。

食べたことがないから分からん(笑)

有名な産地は、フランス産ペリゴール地方の黒トリュフ、そしてイタリアの白トリュフです。

トリュフの日本の産地1
 

2.トリュフは日本で自生している?産地は?

トリュフは日本では「西洋松露(セイヨウショウロ)」とも呼ばれ、自生しています。

ヨーロッパでは夏トリュフと呼ばれているクロアミメセイヨウショウロや黒トリュフの異母セイヨウショウロなど20種以上が確認されているほか、新種も発見されています。

日本でトリュフが発見された場所がこちら。

・1977年京都でイボセイヨウショウロを発見

・1981年10月長野県飯縄高原で発見

・1988年10月5日付けの新聞で京都の長岡京市でトリュフが発見されたと報じられる

・2001年12月山口県秋吉台で発見

・2002年10月福島県の郡山市や白河市、さらに岩手県の岩泉町でも発見される

こうしてみると、日本のあちこちでトリュフは見つかっているのですね。

トリュフは、山奥にひっそりと生えているのではなく、意外にも都会の道路脇や公園、宅地造成地の崖地などで見つかることが多いそうです。

特に攪乱地(宅地造成のために地面を掘り起こし攪乱した土地)にはトリュフが生えやすいとのこと!

ということは、あなたのすぐ近くにもトリュフがあるかも!?

次の週末は自宅裏の崖あたりを探してみてください。

ただ、日本では量や質(輸入品に比べて風味が落ちる)の問題から、マツタケ狩りのようにトリュフ探しやトリュフ狩りでお金もうけは無理なようですね。

 
【トリュフ(西洋松露)収穫(日本産)】


 
トリュフの日本の産地2
 

3.トリュフの栽培方法は?人工栽培できる?

トリュフはマツタケと同じように、人工栽培が難しいキノコです。

だから、高いのでしょうかね。

イタリアあたりでは、19世紀からトリュフの栽培をしていますが、その方法は、トリュフの発生している林にトリュフの宿主となる樹木(オークなど)の幼木を植え、木の根にトリュフの菌が感染するのを待ちます。

トリュフが根に感染したら、その木を別の場所に移植、栽培するというものです。

ウナギの養殖に似ていますね(笑)

完全な人工栽培とはいえません。

完全な人工栽培である菌床方式によるトリュフの人工栽培に世界で初めて成功させたのは日本です。

1996年国際きのこアカデミーと近畿大学農学部の共同研究により人工栽培に成功しました。

しかし、このときはトリュフ自体の質がよくなかったため(食べ物として)、あまり評価されなかったようです。

きっと、おいしくなかったのでしょうね(´・ω・`)

現在、森林総合研究所と東大が協力してトリュフ(ホンセイヨウショウロという新種のトリュフ、食用として利用できる可能性が高い)の人工栽培の技術開発を始めているそうです。

もしこの研究がうまくいけば、私たちの食卓にトリュフが並ぶ日がやってくるかも!?

楽しみに待ちたいと思います。

トリュフの日本の産地3
 

まとめ

以上が、トリュフの産地や人工栽培などについてでした。

トリュフが日本でも自生しているとは知りませんでした。

しかもマツタケと違い、けっこう身近に生えているかもとのこと、夢が膨らみますね(笑)

ちなみに日本のトリュフは頭半分が地面から出ているため、フランスやイタリアのトリュフに比べて見つけやすいそうです。

今度、公園や宅地の斜面沿いを歩くときには、トリュフを探しながら歩きたいと思います。

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学