Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

李氏朝鮮の末裔の人生とは?朝鮮王朝の李玖氏とは?激動の時代に…!

      2017/01/09

韓国ドラマやK-popなどの人気で、日本でも韓国の文化や流行を身近に感じることが多くなりましたよね。
特に、人気なのが時代劇なのかな?
私は「冬のソナタ」は見ていないのですが、「チャングムの誓い」は見ました。
ドロドロは怖かったですが、出てくる料理はおいしそうでしたよね(´艸`*)
韓国のドラマを見ていると「そういえば、朝鮮王朝ってどうなったの?」「今でも王様や子孫がいるの?」という疑問がふと思い浮かぶことも。
ということで、今回は李氏朝鮮の末裔について調べてみました。

スポンサードリンク


1.李氏朝鮮の末裔、李玖氏とは?


李玖氏(リ・ク【韓国ではイ・グ】)は1931年12月29日、大韓帝国最後の皇太子李垠と方子女王の第二子として東京で誕生しました。

方子女王は日本の皇族出身で、李玖氏は今上天皇とは又いとこにあたります。

長男はすでに夭折していたため、李玖は王世子(嗣子)となりましたが、第二次世界大戦後、王公族の地位は喪失、日本国籍もなくなり無国籍となります。

学習院高等科を卒業後、かねてから熱望していたマサチューセッツ工科大学に留学、そのとき知り合ったヨーロッパ系アメリカ人と結婚し、李玖氏はアメリカに帰化します。

留学後の1963年、両親とともに韓国に帰国、そこで李玖氏は実業家に転身、しかし残念ながらこちらの才能はなかったようで、貴族や王族は大抵ビジネス向きではありませんよね(^^;)

自身が経営していた新韓航業株式会社は1979年に倒産、この後「金策のため」といって李玖氏は日本に渡ります。

この頃、アメリカ人の奥さんとも離婚。

この後の李玖氏は、韓国に帰国しては、金策のために日本へ、という韓国と日本の間を行ったりきたりするようになります。

最後には、事業の失敗などから韓国にいられなくなり日本へ。

同族会からの援助もなくなってしまったそうです。

そして、2005年7月16日滞在中だった赤坂プリンスホテルで心臓麻痺を起こし、逝去。

誰にもみとられることなく、李氏朝鮮の末裔はこの世を去りました。

享年73歳、逝去した彼を発見したのは、当時李玖氏を援助していた梨本家の方、李玖氏にとっては母親の実家です。

李氏朝鮮の末裔1


2.李氏朝鮮の末裔は?


李玖氏には子供がいません。

なので、李玖氏が逝去したことで、李王垠と方子女王の直系子孫は断絶したことになります。

李玖氏は生前、李王垠の兄の孫李源を養子にしていたことから、李玖氏の後を継ぐのは李源となるはずでしたが・・・・・ここでお決まりの跡継ぎ問題が起きました。

李王垠と側室の間に生まれた娘李海瑗が「我こそが李氏朝鮮の末裔、後継者」と名乗り出たわけです。

現在、二人は当主の座をめぐって係争中とのことですが、李海瑗さんはまだ元気なのかな。

もう100歳近いはずですが、李海瑗さんの近況については情報がないためわかりません。



韓国の 李氏 朝鮮王朝行事


李氏朝鮮の末裔2


まとめ


以上が、李氏朝鮮の末裔についてでした。

韓国人は、李氏朝鮮やその末裔についてどう考えているのでしょう。

李源と李海瑗の当主争いには興味があるのかな?

まあ、最近の韓国はそれどころではないか(^^;)

スポンサードリンク


 - 歴史