Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

髪が薄い女性は必見!若い女性の薄毛が急増中?その原因と対策とは!

   

薄毛は男性の悩みというイメージがありましたし、女性で薄毛の方はいますが、それも中年以降の話で若い女性には関係ないものと根拠もない思い込みがありましたが、最近では一概にそうとも言いきれないよう。
若い女性ならではの原因で、薄毛に悩む若い女性が増えているそうです。
若くして薄毛なんて・・・・・(;_;)ということで、今回は若い女性の薄毛の原因や対策について調べてみました。

スポンサードリンク

1.10代20代の若い女性が薄毛になる原因とは?


10代20代の若い女性では、頭全体の髪の毛が少なくなる・特に分け目やつむじが薄くなり頭皮が見えてしまう、という薄毛が多いです。

若い女性の薄毛の原因がこちら。

・ダイエットによる栄養不足
髪の毛を作るのにも栄養が必要!
特に、髪の毛の材料であるタンパク質が不足すると新しい髪の毛が作られなくなるので、薄毛になってしまいます。

・ストレスや自律神経の乱れによる血行不良
ストレスや自律神経の乱れにより、交感神経が副交感神経よりも優位になると、体は興奮状態になり血管は収縮、頭皮や髪の毛への栄養や酸素の補給が滞ってしまうため、薄毛になってしまいます。

・女性ホルモンの減少やホルモンバランスの乱れ
女性ホルモンエストロゲンには発毛や育毛を活性化させる効果があります。
一般的に男性よりも女性の方が薄毛になりにくいのはこのエストロゲンのおかげ、しかしエストロゲンの分泌量が減少すると、女性も薄毛になります。
エストロゲンは中年以降に分泌量が減少、いわゆる更年期障害になるのですが、若い女性では更年期障害は関係ありませんね。

若い女性でエストロゲンの分泌量が減ったり女性ホルモンのバランスが乱れるのは、生理や妊娠・出産、ストレス、睡眠不足、さらにピルの服用などが原因です。
ピルを常用している方は、薄毛になりやすいので気を付けてくださいね。
ちなみに、男性ホルモン由来の薄毛をAGAというのに対して、女性ホルモン由来の薄毛はFAGAといいます。

・パーマやカラーリング、スタイリング剤、シャンプーなどによる頭皮のダメージ
若い女性で多いのがファッションによる薄毛。
パーマやカラーリング、スタイリング剤は髪や頭皮にダメージを与えますし、スタイリング剤をきれいに落とそうと洗浄力の強いシャンプーを使用すると、それもまた髪や頭皮のダメージとなります。

髪が薄い女性必見1

2.若い女性の薄毛改善・予防対策


若い女性の薄毛改善や予防対策をご紹介します。

・タンパク質十分の栄養価の高い食事を摂る
タンパク質の他にはタンパク質から毛髪の生成を助けるビタミンB群(牛肉、卵、魚、大豆など)や亜鉛(牡蠣、大豆、牛肉)なども意識して食べてください。
女性ホルモンと同じ働きをしてくれる大豆イソフラボンも薄毛対策には効果的!
大豆や大豆の加工品も薄毛対策の強い味方です。

・1日6時間以上の睡眠を心がける
睡眠をきちんととることで、乱れがちなホルモンバランスや自律神経の働きを整えることができます。

・頭皮マッサージで血流アップ!
頭皮マッサージで血流をよくしましょう。
おすすめの頭皮マッサージがこちらです。

薄毛、抜け毛にならないための自分で出来るヘッドマッサージ

・スタイリング剤は控え、洗浄力の弱いシャンプー(アミノ酸系シャンプー)を使う
パーマやカラーリングで傷んだ髪は、一度ばっさり切ってしまうのがおすすめです。

スカルプD ボーテ ボリュームセット

・分け目を変える!髪を引っ張ったり、きつく縛らない
特にロングヘアの方、髪の重みで分け目が広がっていることがあります。
時々分け目を変えてみてください。
また、髪を結ぶ・お団子にする・ピンをとめるなどのヘアアレンジで髪が引っ張られると、分け目やつむじの頭皮の部分が広がります。
薄毛に悩んでいる方は、髪の毛に負担のかかるヘアアレンジは控えめにしてくださいね。

スカルプDボーテ ボリュームアップミスト

髪が薄い女性必見2

まとめ


以上が、若い女性の薄毛の原因や対策についてでした。

若い女性では、過剰な皮脂分泌に寄る薄毛よりも、頭皮の乾燥・炎症やホルモンバランスなど体のコンディションによる薄毛の方が多いです。

薄毛が気になったときには、パーマやヘアアレンジをお休みして髪や頭皮を労わるだけでなく、早く寝る・栄養価の高い食事を摂るなどして体も休めてくださいね。

スポンサードリンク

 - 脱毛予防・育毛・増毛