Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

アスリートフードマイスターの資格取得の費用は?名前が変わったの?

      2017/06/01

「アスリートフードマイスター」という資格をご存じでしょうか。
田中将大選手の奥さん里田まいさんが取得したことでも話題になりましたよね。
今回はアスリートフードマイスターの資格についてご紹介します。

スポンサードリンク

 

1.アスリートフードマイスターとは?ジュニアアスリートフードマイスターとの違いは?

アスリートフードマイスターは日本野菜ソムリエ協会による民間の資格です。

アスリートフードマイスターの公式サイトによると、アスリートフードマイスターとは「アスリートのパフォーマンスを最大化するために、年齢別・種目別・時期別に合わせ、最適な食プログラムを提供する人材」のことだそう、ここでいうアスリートにはスポーツ選手だけでなく、趣味でスポーツをしている人や子供の部活・スポーツクラブなども含まれます。

自分のために、家族のために取得するとよさそうですね。

当初はアスリートフードマイスターとジュニアアスリートフードマイスターとに分かれていましたが、現在では、ジュニアアスリートフードマイスターはアスリートフードマイスター3級に、従来のアスリートフードマイスターはアスリートフードマイスター2級に変更されました。

さらに、アスリートフードマイスター1級も創設されました。

・アスリートフードマイスター3級(ジュニアアスリートフードマイスター)
アスリートフードの理論を学ぶ基礎コース

・アスリートフードマイスター2級(アスリートフードマイスター)
理論を食事アドバイスに生かせるようになれる実践コース

・アスリートフードマイスター1級
プロ選手などのよりよいパフォーマンス発揮のためのアドバイスができるようになれる実践コース

つまり、基礎編が3級、実践編が2級、実践編のハイレベルが1級ということですね。

ちなみに里田まいさんが取得し話題になったのはジュニアアスリートフードマイスター、現在のアスリートフードマイスター3級の方です。

 
【アスリートフードマイスターさん&やり投げ選手マッチング 食事ミーティング】


 
ジュニアアスリートフードマイスター1
 

2.アスリートフードマイスター3級・2級・1級の資格取得方法・費用・難易度は?

アスリートフードマイスターは、3級→2級→1級の順番で取得します。

3級をスキップして2級を取得するということではできないみたいですね。

資格取得方法についてで、3級と2級と1級いずれも講義+筆記試験、規定の講義を受講した後、自宅で自習、数週間後に筆記試験を受け、試験に合格したら晴れて資格取得です。
(*´▽`*)

3級と2級と1級それぞれの、費用や難易度はこちら。

・アスリートフードマイスター3級
90分の講義を4コマ受講します。
講義は通学制と通信制を選ぶことができ、通信制の場合は自宅でDVDを見ることになります。
資格取得にかかる費用は、受講料と試験料、手数料全て込みで68000円、再試験は12000円です。
で、気になる難易度ですが、3級の合格率は85%!
合格率を見ると、きちんと勉強していけば合格できそうです。
再試験がけっこう高いので、家でちゃんと勉強してきっちり一発で合格したいですね。

・アスリートフードマイスター2級
こちらは、90分×8コマ、講義は通学制と通信制を選ぶことができ、通学制の場合は2日の日程で受講します。
資格取得にかかる費用は110000円、けっこうお高いですね(;´∀`)
(再試験14000円)
2級の合格率は35%、こちらは3級に比べてえらく低い!
これは気合を入れて勉強しなきゃだめですね。

・アスリートフードマイスター1級
1級は、2級・3級と違い、通信制はありません。
したがいまして、通学して受講することになります。
講義は90分×12コマとちょっと長丁場。
資格取得にかかる費用はなんと180000円!(再試験18000円)
高い!!
1級の難易度なのですが、まだ設立されたばかりの資格ですので、公式に合格率が発表されていません。
でも、資格内容がプロ選手やハイアマチュア選手に対するパフォーマンス向上が目的ですので、なんとなく難しそうですね。

アスリートフードマイスターの資格取得の詳細や試験日程については公式サイトでご確認ください。

【アスリートフードマイスター】
http://athlete-food.jp/

ジュニアアスリートフードマイスター2
 

まとめ

以上が、アスリートフードマイスターの資格や取得方法についてでした。

アスリートフードマイスターの試験日や講義日程は決まっているので、アスリートフードマイスターを取得したい方は、試験日や講義日程を確認しておきましょう。

いつでも試験を受けられるわけではないのでご注意を!

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学