Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

アロマの効能は凄い!アロマテラピーの効果について!

   

アロマテラピーとはいったい何なのでしょうか?それは自然の力を利用した自然療法です。意外と知られていないことばかりですが、その効果についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

植物のパワーを利用する自然療法のひとつ

花の香りをかいで幸せな気分になった、みかんの香りで食欲が出た、ミントの香りで鼻がスーッとした・・・・などという経験はないでしょうか。

これらはすべて、植物の香りが持つ働きによるもの。このような香りの作用を役立てようというのがアロマテラピーの基本的な考え方です。「アロマテラピー」とは、アロマ(芳香・aroma)と、テラピ一(療法・therapy)を組み合わせた造語で、直訳すると「芳香療法」の意味になります。その名のとおり、植物の芳香成分を利用して行う自然療法のことです。

植物の有効成分を利用するという点では、漢方やハーブ療法などと似ていますが、アロマテラピーの特徴は植物から抽出される「精油(エッセンシャルオイル)」を用いることにあります。

天然の花や葉、樹木、果実、樹脂などから抽出される精油には、植物のパワーが詰まっています。精油の香りをかいだり、植物油で薄めて肌に塗ったりして体内に取り込むと、心や体にさまざまな恩恵が得られます。

それを健康や美容などに役立て、生活をより豊かにするための知恵がアロマテラピーなのです。

たった1滴の精油で生活が変わる

植物から抽出される精油は、非常に個性豊かです。種類が違えば精油の香りやその働きが異なるだけでなく、同じ植物でも、ワインと同じように天候や生産地の違いが出ることさえあります。

精油を通して、たくさんの植物の香りと出会えることは、アロマテラピーの楽しみの一つと言えるでしょう。ですが、あまりにも種類が豊富で「なんだか難しそう」「選び方が分からない」「お金がかかるのでは?」・・・・などと不安になっている人もいるかもしれませんね。

でも、心配いりません。精油の中には、単独で活躍するものもたくさんあります。アロマテラピーをこれから始めようという人は、難しく考えずに、まずは1種類、好きな香りや気になる香りを見つけ、その香りを楽しむことから始めてみましょう。

さまざまなシ一ンで使える幅の広さが魅力

アロテラピーは、初めての人でも気軽に楽しむことができる点が魅力と言えます。好きな香りをただよわせて、ただ香りを楽しむ。それだけでも、一瞬で気分転換になったり、落ち込んだ気分がパッと明るくなったりと、精油に秘められた植物のパワーを実感できるものです。

慣れてきたら、いろいろなアロマクラフトチャレンジしてみると、活用の幅がさらに広がります。精油の効能を生かして化粧水やクリームを手づくりしたり、精油入りの入浴剤でアロマバスを堪能したり、虫除けやカビ予防のためのホームケアに活用したり。健康や美容、家事など、日常の多くのシーンでアロマテラピーが役立ちます。

もちろん、アロマテラピーサロンでプロのトリートメント(マッサージ)を受ける楽しみ方もあるでしょう。また、近年は、アロマテラピーを医療や介護現場などに取り入れようとする動きもあり、その可能性は広がり続けています。



精油の主な作用について

精油は、身体や心などに様々な良い効果があります。内容について以下のようにご紹介いたします。
50音順となっています。

安眠作用:心地よい睡眠を導く作用

引赤(加温)作用:血液の量を増大させ、温める作用

うっ血除去作用:滞った血液やリンパ液の流れを促す作用

エストロゲン作用:女性ホルモンに似た作用

エモリエント(皮膚軟化)作用:皮膚をやわらかくする作用

肝臓強壮作用:肝臓の働きを高める作用

緩下(かんげ)作用:大腸のぜんどう運動を活発化させ、便通を促す作用

強壮作用:全身や部分を活性化し、強化する作用

去たん作用:たんの排出を促す作用

筋肉弛緩作用:筋肉の緊張をゆるめる作用

駆風作用:腸にたまったガスの排出を促す作用

血圧降下作用:血圧を低下させる作用

血圧上昇作用:血圧を上昇させる作用

結石溶解作用:結石を溶かす作用

血流促進作用:血液の流れを促す作用

解毒作用:体内の老廃物の排出を促す作用

健胃作用:胃を強壮して、胃の働きを高める作用

抗アレルギー作用:アレルギー症状をやわらげる性質

抗ウィルス作用:ウィルスの増殖を抑える作用

抗炎作用:炎症をやわらげる作用

抗菌作用:細菌の増殖を抑える作用

抗真菌作用:カビなどの真菌の増殖を抑える作用

抗ストレス作用:ストレスへの耐性を高める作用

抗不安(抗うつ)作用:不安をやわらげ、明るい気分に導く作用

コーチゾン様作用:副腎皮質ホルモンに似た働きをする作用

殺菌作用:バクテリアなどの細菌を殺す作用

子宮強壮作用:子宮の働きを高める作用

刺激作用:心身の活動を刺激し、高める作用

脂肪溶解作用:体内脂肪の燃焼を助ける作用

収れん作用:組織を引き締める作用

消炎作用:炎症を鎮める作用

消化促進作用:消化を促進する作用

食欲増進作用:食欲を促す作用

自律神経調整作用:自律神経のバランスを整える作用

神経刺激作用:神経を刺激して働きを高める作用

制汗作用:汗の分泌を抑える作用

精神安定作用:精神的に不安定な状態を安定させる作用

精神高揚作用:精神を刺激し気分を高める作用

多幸作用:幸せな気分を高める作用

胆汁分泌促進作用:胆汁の分泌を促す作用

鎮咳作用:咳を鎮める作用

鎮痙(抗痙攣[けいれん])作用:痙攣を鎮める作用

鎮静作用:精神の高ぶりを鎮め、穏やかにする作用

鎮掻痒(そうよう)作用:かゆみをやわらげる作用

鎮痛作用:痛みをやわらげる作用

通経作用:月経を促し、月経周期を正常化する作用

粘液溶解(抗カタル)作用:粘液(鼻水・たんなど)の過剰な分泌を抑え、排出を促す作用

発汗作用:汗の分泌を促す作用

瘢痕(はんこん)形成作用:組織がもとに戻ろうとする働きを助ける作用

皮脂分泌調整作用:皮膚の皮脂バランスを調整する作用

皮膚細胞活性作用:皮膚細胞の新陳代謝を促す作用

疲労回復作用:疲労を回復させる作用

保湿(モイスチャー)作用:皮膚にうるおいを与えて乾燥を防ぐ作用

ホルモン調整作用:ホルモンバランスを調整する作用

麻酔作用:局所的に痛みをやわらげる作用

虫除け(昆虫忌避)作用:蚊などの人間にとっての害虫を避ける作用

免疫賦活(ふかつ)作用:免疫力を高め、体の防衛機能を活性化させる作用

癒傷(ゆしょう)作用:傷の治りを早める作用

冷却作用:熱を冷ます作用

どうでしょうか。精油ってこんなに凄いのです。
これほど、心身に良い効果をもたらすアロマテラピー。皆さま方も、本ブログを活用していただき、是非ご自宅で気軽に実践してみるのはいかがでしょうか。それでは、各々の精油効果の紹介をお楽しみに!

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - アロマテラピー