Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

ハリネズミの飼育方法!湿度管理も甘く見てはいけない!明快に解説!

      2017/05/31

ハリネズミ、かわいいですよね。
最近はペットとしても人気が高まっているそうです。
丸くてチクチクしていて愛嬌がありますものね。
ただ、ハリネズミを飼うときには温度・湿度管理に注意しなきゃいけません。
暑すぎても寒すぎてもだめ!
暑さに弱い、寒さに弱いのどちらかならよく聞きますが、どちらもだめとは……これは、飼育の難易度は高そうですね。
ということで今回はハリネズミの飼育方法について調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.ハリネズミの飼育方法と注意点(冬眠と夏眠に要注意)

ハリネズミの飼育方法をご紹介します。

ハリネズミはケージや水槽で飼育します。

ケージの場合は30cm(奥行)×60cm(幅)が最低限のサイズ、ハリネズミ用もしくはウサギ用ケージを用意してください。

ケージの中には、回し車や小屋(寝る場所)、給水ボトルを入れておきましょう。

シャトルマルチ85ハリネズミ飼育セット

【ハリネズミの飼育に必要なもの】


 

ケージに床材としてコーンリターや牧草を敷きます。

床材は1~2週間に1回の頻度で交換してください。

交換するときは古い床材を少し残しておくこと!

自分の臭いが残っていることで、ハリネズミは安心します。

ハリネズミを飼育するとき、最も注意したいのが温度と湿度管理です。

ハリネズミを飼育するときは、ケージ内の温度24~29℃、湿度40%以下を維持します。

湿度については、多湿を嫌いますので梅雨時などは特に気を付けましょう。

ハリネズミは多湿を嫌いますが、それだけでなはなく、多湿になりますとカビなどが繁殖しやすくなり、不衛生です。

不衛生な環境も、皮膚病の原因になる可能性がありますので注意が必要です。

ただし、湿度が40%を超え、一時的に50%~60%になったからといって、即座に命にかかわるということはありません。

また、冬場は乾燥しますので、湿度についてはそれほど注意は不要ですが、念のため湿度計はこまめにチェックしましょう。

ケージ内の温度が30℃を超えると夏眠、20℃を下回ると冬眠してしまいます。

夏眠や冬眠はハリネズミの寿命を縮めてしまう原因になるので、ハリネズミを飼うときは夏眠や冬眠をさせないように気を付けましょう。

ということで、ハリネズミを飼育するときは、夏は一日中クーラーを、冬は暖房やエアコンをかけておくこと!

光熱費の高騰は覚悟しておきましょう。

特にケージでの飼育は室温とケージ内の温度がリンクするので、ハリネズミのためにあなたが留守の間もエアコンを稼働する必要があります。

エアコンなしでケージ内の温度を一定に保ちたいときには、冬場はケージ用のヒーターとサーモスタットを用意してください。

8000円くらいで購入できます。

ケージにアルミシートなどのカバーをすると保温性が高まります。

夏場は冷凍したペットボトルをタオルでくるんだものでケージ内を冷やしましょう。

暖突 ハリネズミ用 赤外線上部ヒーター

三晃商会 SANKO パネルウォーマー

 
【ハリネズミが冬眠しない為にヒーター買ったから装備してみた!】


 

ハリネズミのエサはハリネズミ用フードが基本ですが、手に入らない場合はフェレット用フードやドッグフード、キャットフードでも代用可能です。

また、ハリネズミは虫の活きエサも食べます。

用意できるときには与えてみましょう。

ハリネズミは夜行性なので、エサは一日1、2回、夜に与えてください。

イースター ハリネズミセレクション 600g(200g×3袋)

 
ハリネズミの飼育方法1
 

2.ハリネズミの値段は?

ハリネズミってペットショップではあまり見かけませんよね。

そのため、相場がわかりにくいペットですが、最近では1匹あたり30000円前後が相場だそうです。

ペットショップによっては、何も知らない客の足元を見て相場よりもずっと高い値段で販売していることがあるので、注意してください。

また、一般的に地方よりも都市部の方がハリネズミの値段は休め、15000円~購入できるそうです。

都市部の方がハリネズミを購入する人が多いため、値段も安く設定できるとのこと、なので、都市部にお住いの方は色々なペットショップを覗いて、妥当な値段で購入してくださいね。

ハリネズミの飼育方法2
 

まとめ

以上が、ハリネズミの飼育方法や注意点についてでした。

ハリネズミの飼育方法は、ウサギやフェレットとよく似ていますね。

ただ、温度・湿度管理には注意が必要です。

特に夏場の直射日光や冬場の冷え込む朝晩には要注意!

一定の温度を維持しましょう。

スポンサードリンク
Pocket
LINEで送る

 - ペット