Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

マットレスのカビを除去する方法!目からウロコ!カビの防止対策も!

      2017/05/31

ベッドのマットレスをふと見ると黒い点々が……(´・ω・`)黒カビです。
実はマットレスはとてもカビがつきやすい!
私、前々から日本の気候にマットレスは不向きなのではと思っていました。
湿度は高いし、汗もかくし、ね。
アメリカやヨーロッパではカビないのかな。
日本ほど湿度が高くないからカビも生えないのかもしれませんね。
日本人を悩ますマットレスのカビ、除去方法や防止対策はあるの?
というわけで、さっそく調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.マットレスのカビを除去する方法はあるの?

マットレスは敷布団のように干したり洗濯機で丸洗いすることができないので、気づかないうちにカビが生えてしまいがち、マットレスについてしまったカビは以下の方法で除去しましょう。

①軽度のカビ
軽いカビは消毒用エタノールやオキシドールで取り除くことができます。
カビの箇所に消毒用エタノール(オキシドール)をスプレーしてください。
マットレスが湿るまでしっかりスプレーをします。
スプレーをしたら、1時間ほどおきます。
1時間後、お湯で絞った布巾で叩くようにカビを拭き取りましょう。
最後にドライヤーで水分を飛ばしたら、カビ取り完了です。

②黒カビ
黒カビは消毒用エタノールやオキシドールでは力不足、塩素系漂白剤でなければ落ちません。
とはいっても、マットレスにカビキラーを使用するのはちょっと抵抗がありますよね。
黒カビ専用のカビソフト除去スプレーやキッチン泡ハイターがおすすめです。

・カビソフト除去スプレー450ml

スプレー後30分放置するだけです。

 
・キッチン泡ハイター ハンディスプレー(400mL)

キッチン泡ハイターを黒カビの箇所にスプレーします。
黒カビの色が消えたら、お湯で絞った布巾で叩くように拭き、今度は乾いた布で泡ハイターや黒カビを拭き取ります。
ハイターのにおいが気にならなくなるまで、お湯の布→乾いた布→お湯の布……を繰り返してください。

マットレスのカビを除去1
 

2.マットレスにカビがはえる原因と防止対策とは!

マットレスにカビがはえるのは、マットレスが湿気ているからです。

空気中の水分はもちろん、汗やよだれを吸ったマットレスはカビにとってまさに天国!いくらでも生えます。

また、敷布団のように物干しに干すのが難しいマットレスは水分を吸ったまま乾きません。

洗濯機で丸洗いすることができないのも、カビがはえる原因になってしまいますね。

マットレスを使用するときは、普段からのきちんとカビを防止することが大切です。

効果的な防止対策がこちら。

①ベッドは壁にぴったりくっつけない、ベッドの下に物をおかないこと
マットレスの通気性を確保してください。

②マットレスにはシーツやベッドカバーをかけること
シーツはこまめに交換してください。

③日中はかけ布団を畳んでおくこと
マットレスから水分が蒸発しやすい状態にしてください。

④寝室で加湿器をかけないこと

⑤マットレスの下にすのこと除湿マットを敷いておくこと
すのこと除湿マットは両方必要です。
除湿マットは、1~2週間に1度は干してくださいね。
洗濯機で洗えるタイプがおすすめです。

・布団の湿気対策に! 桐すのこ

・除湿シート 90×180cm

すのこベッドもおすすめ!

私はこれを使っていました。

 
【1秒で干せるすのこベッドAiR RAISE!】


 
どれだけカビ対策をしても、マットレスにカビが生えてしまうという方、あなたの寝室にマットレスベッドは向いていないのでしょう。

マットレスではなく、敷布団を敷くタイプのベッドにかえるとよいですよ。

敷布団ならこまめに干すことができるので、マットレスよりもカビは生えにくいです。

マットレスのカビを除去2
 

まとめ

以上が、マットレスのカビの除去方法や防止対策についてでした。

カビは一度ついてしまうと、完全に落とすのは難しいので(浴室の黒カビを見たら分かりますよね(´・ω・`))、マットレスを使用するときはカビ防止対策をきちんと行ってください。

カビを防止するためには、マットレスの通気性を確保することと、シーツをこまめに交換しマットレスを清潔に保つことが大切です。

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学