Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

クローゼットへの収納術!ズボンをコンパクトに完璧に収納する方法!

      2017/05/30

クローゼットをうまく使いこなすのって意外と難しい……せっかくの収納スペースなのに、使っていないスペースがいっぱいあります。
そのくせ、服はリビングや寝室まで侵入しちゃっている。
クローゼットを見直すと、溢れ出た洋服を収納するスペースはあるのに、なぜか収まらない……あー、イライラする(´・ω・`)
というわけで、今回はクローゼットの収納術、特に収納が難しいズボンについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.クローゼットへのズボンの収納方法①ズボン用ハンガーやハンガーラック

ズボン用のハンガーや小型のハンガーラックを利用すると、クローゼットのスペースを上手に使うことができますよ。

ジーパンなどしわを気にしなくてよいズボンには、半分に折りたたんで掛けたり、コンパクトに収納できるタイプのハンガーで収納しましょう。

【S&Fリレースラックスハンガー 2本セット ブラック】

スーツなどしわをつけたくないズボンには、クリップハンガーやズボンを掛ける部分が太くなっているハンガーがおすすめです。

【木製ボトムハンガー20本組】

【極太バー スラックスハンガーEX3段】

また、クローゼットの下部分にできやすいデッドスペースには、小型のハンガーラックを使うのがおすすめです。

【スラックスハンガーラック】

 
【ハンガーからずり落ちない!ズボンのかけ方】


 
クローゼットへの収納術1
 

2.クローゼットへのズボンの収納方法②ベルト通しでひっかけて収納

ジーパンなどしわや生地の伸びを気にしないズボンはフックやS字フックにベルト通しをひっかけて収納するのがおすすめです。

クローゼットの壁や扉の裏にフックをつけたり、ハンガーラック部分にS字フックをひっかけて、そこにジーパンをぶら下げましょう。

【四角いアイアン S字フック Sサイズ】

 
クローゼットへの収納術2
 

3.クローゼットへのズボンの収納方法③たたんで収納

ハンガーに掛けたりフックに吊るすだけでは収納しきれないズボンはたたんで引き出しや収納ボックスに収納しましょう。

引き出しに収納するときは、重ねるよりも立てて収納するのがおすすめです。

引き出しの高さに合わせてズボンをたたんでください。

収納ボックスには、重ねて使えるタイプの書類トレイが便利です。

書類トレイは100円均一にあるので、探してみてください。

一段ごとにズボンを1~3本ずつ収納すれば、取り出しやすく片付けやすい収納になりますよ。

ハンガーラック部分が余っているときには吊り下げ収納(収納シェルフ)を利用するとよいです。

【A4縦型 ダンボール製トレー10枚セット】

【収納シェルフ4段ラック幅30㎝×奥行き30㎝×高さ84㎝】

 
【ズボン パンツのたたみ方】


 
クローゼットへの収納術3
 

まとめ

以上が、ズボンのクローゼットへの収納術でした。

ズボンの収納は難しいですが、収納グッズを使うと、クローゼットのデッドスペースもうまく利用してズボンを収納することができます。

私のクローゼットも隙間だらけなので、ハンガーやフックをうまく活用して、部屋に溢れ出ている洋服全てをクローゼットに収納したいですね。

今度の週末にでも、クローゼットの模様替え(模様替えというのかな?)を始めようかな。

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 暮らし・生活・雑学