Investigate Blog

お役立ち情報を深掘りしてご紹介いたします!

*

牡蠣の食あたりの症状!何時間後に現れる?食あたりの際の注意点は?

      2017/05/30

牡蠣が大好き!
牡蠣シーズンに入ると週1のペースで食べる私、なので牡蠣で食あたりのニュースを見るとどきっとしてしまいますね。
ただ、運がいいのか、まだ牡蠣で食あたりをしたことはありません(^^)/
とはいえ、いつなるか分からないのもまた事実、ということでもしものときに備えて、今回は牡蠣の食あたりの症状や症状があらわれるまでの時間などについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

1.牡蠣の食あたりの症状は?食べてから何時間後にあらわれる?

牡蠣の食あたりの多くはノロウイルスによる食中毒です。

なので、牡蠣の食あたりではノロウイルスの症状があらわれます。

・腹痛
・下痢
・吐き気、嘔吐
・37~38℃の発熱

上記のような症状が発症後2~3日続きます。

特に苦しいのは、下痢と嘔吐です。

ノロウイルスの潜伏期間は短いときで10時間、多くは24~48時間です。

なので、牡蠣を食べた後、早くて半日、遅くとも2日以内には審判が下ります。

生牡蠣を食べた、あるいは「あれ、火の通りが甘い!?」という牡蠣を食べたときには、食後48時間経つまでは、ドキドキですね。

牡蠣の食あたりの症状1
 

2.牡蠣の食あたりが発覚した際の対処方法は?

牡蠣を食べた後、嘔吐や下痢などのノロウイルスの症状が出たときは、ノロウイルスの症状に身を任しつつ(吐き気止めや下痢止めは飲まないでください)、水分補給だけはしっかり行ってください。

出すものを出せば、ノロウイルスの症状はおさまります。

食事は「食べたい」と思うまでは食べない方がよいでしょう。

ノロウイルスの症状がおさまった後も3、4日は体内にノロウイルスが残り、他人に感染させる危険があります。

マスクをする、トイレを使った後は漂白剤でトイレを消毒する、食器やタオルを共用しないなどの感染予防につとめましょう。

生牡蠣を食べた、カキフライに火が通っていなかったなど、「もしかしたらノロウイルスに感染したかも」というときは、マスクをして他人への感染を防ぎましょう。

料理をする方は、できれば家族に料理をかわってもらうか、サラダなど加熱しない料理は作らないようにします。

牡蠣の食あたりの症状2
 

3.食あたりにならないための牡蠣の調理方法

ノロウイルスを持っている牡蠣でもきちんと加熱すれば、食べても食あたりを起こしません。

牡蠣を調理するときは、牡蠣の中心部が85℃以上になってからさらに90秒加熱すること!

カキフライでは180℃の油で4分以上加熱すると安心です。

私が牡蠣であたらないのは、生牡蠣を食べないことと、小さい牡蠣ばかり(安いので)食べているからだと思います。

外食用や贈答用の大きな牡蠣だとカキフライやお鍋に入れたとき、中まで火が通らないことがありますよね。

牡蠣って意外と火が通りにくいです。

お鍋に牡蠣を入れるときは、「しゃぶしゃぶ」ではなく「煮る」というイメージで!しゃぶしゃぶしただけでは牡蠣に火が通りません。

中心が生のままです。

火が通るか心配なときには、お鍋に入れる前の牡蠣を一度お酒やお湯でゆでる/蒸しておくとよいですよ。

 
【てきと~に作る『牡蠣の電子レンジ蒸し』】


 
牡蠣の食あたりの症状3
 

まとめ

以上が、牡蠣の食あたりの症状や潜伏期間についてでした。

ちなみに、ノロウイルスを持っているのは牡蠣だけではありません。

シジミ、ハマグリ、ムラサキ貝など牡蠣以外の二枚貝もノロウイルスを持っている可能性があるので、調理したり食べるときには気を付けましょう。

牡蠣を調理した後のまな板や包丁は漂白剤や熱湯できちんと消毒してください。

牡蠣を置いた後のまな板でキャベツを切らないでくださいね。

スポンサードリンク
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - ノロウィルス, ヘルスケア