Investigate Blog

よりいいもの、素晴らしいものを追及し皆様に紹介するサイト

*

うつ病は保険に加入できない?完治でもダメなの?わかりやすく解説!

      2017/03/06

一度病気になると生命保険や医療保険には入れない、という話はよく聞きますよね。
「健康診断や人間ドックは保険に加入してから受けろ」なんてアドバイスも。
まあ、何か見つかったら入れなくなっちゃいますものね。
健康のために受けた人間ドックがとんだ藪蛇に、なんてこともなきにしもあらず。
そして最近、悩む方が増えているのがうつ病の保険です。
なかには、うつ病は心の病、ガンや高血圧、糖尿病などの体の病気とは違うから問題なく保険に入れるのでは?と考えている方もいるかもしれませんが、実はうつ病もガンや糖尿病などと同じ、保険加入の大きなハードルになります。
ということで、今回はうつ病の保険について調べてみました。
うつ病は今や現代病、誰にとっても他人事ではありませんよね。
ぜひ、参考にしてください。

スポンサードリンク


1.うつ病の人は生命保険や医療保険に加入できるの?


結論から申しますと、うつ病の方が生命保険や医療保険に加入するのは極めて難しいです。

生命保険や医療保険は、「将来、病気になった時の保障をしてくれるもの」なので、すでに病気の方は保障の対象にならないのです。

うつ病歴、つまりうつ病が完治している場合、またうつ病治療中でも加入できる保険については、次項で説明しますね。



持病があると保険に入れない?


うつ病チェック診断テスト1


2.過去にうつ病歴があり完治していても加入できない?


保険に加入する際には、現在の自分の健康状態や過去の病歴を保険会社に報告するための告知書を提出します。

これは加入者の義務であり、虚偽記載をしてはいけません。

嘘が発覚した場合は病気になっても保険料を受け取れなくなってしまいます。

で、問題は告知書の内容ですが、保険によって告知書の内容は異なりますが、大体以下のことを記入します。

・最近の(過去3ヶ月以内の)健康状態
医師の診察や検査を受けたかどうか

・過去5年以内の健康状態
病気や怪我で手術を受けたか

・過去2年以内の健康診断
健康診断の結果や指摘されたこと

この告知書の内容を見て、保険会社はあなたと契約を結ぶかどうかを決めるわけです。

判断をするのは保険会社ですから、一概には言えませんが、現在うつ病の治療中の方は加入できないことが多いです。

過去にうつ病歴があり完治している場合は、完治した時期がポイントです。

5年より前に完治していれば告知書に病歴を記入する必要がないので、他に問題がなければ保険に加入できます。

5年以内に完治している場合は保険会社の判断、加入できるかどうかは微妙な線ですね。

また、高額な生命保険や医療保険の場合は、告知書に加えて医師の診断書も必要なことがあり、診断書により過去のうつ病が保険会社にばれてしまいます。

このような加入条件の厳しい保険の場合は、完治から5年を過ぎていても加入できないことが多いです。

うつ病の病歴があって保険を断られてしまった方は、加入条件の緩い保険にあたってみてください。

以下の生命保険や医療保険であれば、うつ病の病歴があったり、うつ病の治療中であっても加入できる保険があります。

・引受基準緩和型保障


通常の加入条件よりも緩いので、持病や病歴があっても入りやすい保険です。

その分、保険料(掛け金)は割高です。

・無選択型医療保険


持病や病歴の加入条件のない保険です。

そのため告知書の提出は不要、うつ病の病歴や治療中でも加入できます。

ただし、保険料は引受基準緩和型保障よりもさらに高い!

また、加入から一定期間は受け取れる保険金が少ないという保険も多いです。

・指定疾病不担保制度


持病や過去の病気など、特定の病気を不担保にすることができる保険です。

たとえば、うつ病の場合は、うつ病以外の病気やケガについては保険金を受け取れることができますが、うつ病の保険金は受け取ることができません。

うつ病の治療中であっても、うつ病を不担保にすることで加入できる保険なのです。

保険料は、通常の保険に比べると高いですが、無選択型医療保険に比べると安いです。

うつ病の治療や病歴を理由に保険を断られてしまったときには、上記のタイプの保険を探してみてください。



病気と保険「うつ病と保険」




3.関連記事を紹介!


うつ病の予防や対策に関する記事を以下のとおり紹介します。

うつ病ってどんな病気?症状とチェック方法は?原因となるポイント!
仮面うつ病とは?うつ病との違いは?仮面うつ病を症状からチェック!
うつ病を徹底的に予防する!うつ病を防ぐ考え方・生活習慣・食べ物等
うつ病の人との接し方のポイント!言ってはいけない言葉のまとめ!
うつ病を予防・改善する食べ物は?うつ病を悪化させる食べ物は?
うつ病を病院の治療以外で改善させる方法は?うつ病の症状軽減対策!
産後うつ!症状のチェック方法を紹介!原因は?夫の協力も必要な対策

参考にしてください。

うつ病は保険に加入できない2


まとめ


以上が、うつ病の生命保険や医療保険についてでした。

うつ病を完治している方で、今健康なのであれば、急いで割高の医療保険に入るよりは完治から5年が過ぎるのを待って保険を探した方がよいかもしれません。

ただ、保険の加入や保険料には年齢など他の条件もあるので「5年待て」と一概にはいえません。

5年の間に病気になったり再発すれば、医療保険に加入できなくなってしまいますし……うーん、これは悩みどころですね。

気づかないうちに完治から5年経っていたというのが、悩まなくて済むので、一番幸せですね(;´∀`)

ちなみに、うつ病の治療を途中でやめたというときには、現在治療を受けていない・うつ病の症状はないしいたって健康、であっても「完治」とはみなされません。

医師が「完治」と診断して、初めてうつ病は完治するのです。

なので、医師から完治の診断を受けていない方は、すぐに病院に行って「完治」の診断を受けてください。

薬の服用が3年間なく、うつ病の完治証明があれば、完治から5年経っていなくても保険に加入できることもあります。

スポンサードリンク


 - うつ病, ヘルスケア